イベント・舞台挨拶

『サイレントラブ』大ヒット御礼舞台挨拶

©2024「サイレントラブ」製作委員会

 『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した内田英治監督がオリジナル脚本で描く、映画『サイレントラブ』が大ヒット上映中。

 本作の大ヒットを記念して、2月12日(月・祝)に山田涼介、浜辺美波、野村周平、さらに蒼の友達・中野圭介を演じた吉村界人が登壇する大ヒット御礼舞台挨拶が実施された。
 1月26日に公開を迎えた本作は、週末三日間(1/26~1/28)で、動員約15万5千人、興行収入は約2.1億円を記録し、週末興行ランキング新作実写作品で1位、昨日までの動員は35万人を記録。先日はタイで現地のファン2000人を前に舞台挨拶を行うなど、その勢いはとどまることを知らない『サイレントラブ』!
 イベントでは、公開から約2週間が経ち、周りからの反響や大ヒットの喜びを伝えるとともに、本作イベントに初登壇となる吉村界人を加えて、改めて撮影の裏話や本作の見どころを存分に語り尽くし、大いに盛り上がりをみせる、大ヒット御礼舞台挨拶となった!

 映画を観終わったばかりの観客の温かい拍手に迎えられた沢田 蒼役の山田は、「ポスターからキラキラのラブ・ストーリーを想像している人が多かったようで、そのような展開とストーリーではないことから『切なかった!』という声をたくさんいただき、まんまとこちらの策にハマってくれたなと嬉しいです」と手応え十分。家族も本作を鑑賞したそうで「親父に『演技が上手くなった』と言われたときは嬉しかった」と喜ぶも、声を出さない役どころだけに「セリフがないほうが良いのかなと、なんか複雑でした。でも家族は僕の成長を見てくれているので素直な声を聞けて良かった」と微笑んでいた。

 甚内美夏役の浜辺は友人からの反応を紹介。「事前に『驚くよ?』とは伝えていたけれど、予想外の展開だったようでビックリしたと言われました。でもすごく良かった、もう一度観たいとも言ってもらえました」と嬉しそう。

 野村はSNS上に「山田君や浜辺さん目当てで観に行ったけれど、野村君も良かった」という感想があったと紹介し「お二人のファンをこちらに引き込めたので良かった!」と笑わせた。吉村は役柄の設定上「お前のせいで(蒼と美夏)二人の恋愛が出遅れた!というメッセージが10件くらい来ました」とストーリーに没入している観客が多いことに驚いていた。

 好きなシーンの話題になると吉村は「野村さん演じる北村のカジノのシーンが好き。似合っているなとリアリティを感じた」と挙げて、当の野村は「俺そういうキャラじゃないから! ギャンブルとか嫌いだからね!」と大慌て。その野村は「車で拉致されるシーンが好き。なんだか面白い」と挙げると、波辺も「私も好きです!」と共感。意外過ぎるシーンのピックアップに客席から笑いが起こると、山田も「人ってあんなスピード感で拉致されるんだ……と思った」と苦笑いしていた。

 タイでの公開に際して、山田と浜辺は現地のプロモーションに参加。山田は「笑い声が起こったりして、日本の観客とはツボになるポイントが違う。海外特有の映画の観方だと思いました。リアクションもすごくて、トーク中も反応があって嬉しかった」と報告し、浜辺も「映画が上映された劇場が広くて、まるでライブ会場のようだった。上映後の観客の皆さんの反応も温かくて嬉しかった」と異国の地の反応をリポートしていた。

 バレンタインデーも近いことから、それぞれバレンタインの思い出を発表。野村から「二人から(山田や浜辺)バレンタインの思い出があったら泣くわ~」といじられた浜辺は「毎年現場に差し入れしています。スタッフさんの分も含めて板チョコ全部にメッセージを書いて。今年は作品に入っていないので、ちょっとホッとする気持ち半分、寂しい気持ち半分」と明かし、山田に「量とかすごいでしょ?」と聞かれると「100くらい。数日眠れなくなるけれど、それがバレンタインという感じになっています」と答えていた。

 一方、高校時代は恋愛禁止だったという山田は「下駄箱にチョコが入っていたことがあったけれど、宛名が書かれていなくて誰だか分からない。あれは誰だったんですか?」と会場に訴えながら「チョコなんてない、という心構えで学校に行っていたので嬉しかったです。宛名がなくて怖かったですが……(笑)」と甘い思い出を口にしていた。すると野村は「ドラマの見すぎで学校にウキウキしながら早く行って、結局何もなかった時の気持ちなんて知らないだろ!」と浜辺と山田に嫉妬。そして「何もないんだよ、俺と界人はな!」と勝手に吉村を非モテ男子に認定し、会場の笑いを誘っていた。

 最後に吉村は「感想をSNSに書いてもらえればすごく励みになります」と呼び掛け、野村も「映画はまだまだ続きますので、何度観ても面白い作品であり、飽きない作品として頑張って作ったので皆さんの力で広めてください」とさらなるヒットを祈願。浜辺は「またみんなで集まりたいと思うような映画に参加ができて光栄です。公開は続きますので、映画館でお待ちしております」とアピールし、山田も「たくさんの方に観てもらえて光栄です。日本だけではなく世界中の皆さんにこの映画を観ていただきたいと思っているので、たくさんの言葉と声に出してSNSに感想を書いていただき、たくさんの方にこの映画を広めていただきたいです。この映画や僕らに力を貸してください」と会場に呼びかけ、終始和気藹々とした空気感で舞台挨拶は幕を閉じた。

 登壇者:山田涼介、浜辺美波、野村周平、吉村界人

公開表記

 配給:ギャガ
 大ヒット上映中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました