最新ニュース

『オッペンハイマー』ノーラン監督史上No.1!本年度洋画No.1スタート!IMAX特別映像解禁&公開後イベント実施

OPPENHEIMER, written and directed by Christopher Nolan

 クリストファー・ノーラン監督最新作『オッペンハイマー』が、3月29日(金)より全国公開、IMAX®、35㎜フィルム、Dolby Cinema®同時公開となった。

 第96回アカデミー賞®で《作品賞》《監督賞》をはじめ最多7部門受賞となった本作は、第二次世界大戦下、世界の運命を握った天才科学者J・ロバート・オッペンハイマーの栄光と没落の生涯を実話にもとづいて描く作品。2023年7月の全米公開を皮切りに、世界興収10億ドルに迫る世界的大ヒットを記録。実在の人物を描いた伝記映画としては歴代1位となっている。
 クリストファー・ノーランが監督、脚本を務め、主演のキリアン・マーフィーほかエミリー・ブラント、マット・デイモン、ロバート・ダウニー・Jr.、フローレンス・ピュー、ジョシュ・ハートネット、ケイシー・アフレック、ラミ・マレック、ケネス・ブラナーらが出演。ノーランは、IMAX®65ミリと65ミリ・ラージフォーマット・フィルムカメラとを組み合わせた、最高解像度の撮影を実践。また、本作のためだけに開発された65ミリカメラ用モノクロフィルムを用い、史上初となるIMAX®モノクロ・アナログ撮影を実現。IMAX®撮影による、天才科学者の頭脳と心を五感で感じさせる極限の没入体験を味わえる作品となっている。

 3月29日より全国343館403スクリーンで公開された『オッペンハイマー』は、初日3日間で231,015名を動員、379,270,620円(※3/25の先行プレミア含む累計は231,763名、381,155,360円)を達成、2024年公開の洋画第1位となるスタートを切った。クリストファー・ノーラン監督作品史上、IMAX®は週末最高の数字となっている。映画ファンを中心に全世代を動員、特に20代の若年層、カップルも数多く来場しており、今後更なる広がりが予想される。
 日本公開を記念して、4月6日(土)に、スペシャルゲストに原田眞人監督、森達也監督を迎えるトークイベントの開催が決定した。

 今回、待望の日本公開を迎え、最高品質の映像で極限の“没入体験”を追求し、自身初の《監督賞》受賞、英国王室から名誉あるナイトの爵位を授与されることが発表されたクリストファー・ノーラン監督、《撮影賞》のホイテ・ヴァン・ホイテマ、《主演男優賞》のキリアン・マーフィー、《助演男優賞》のロバート・ダウニー・Jr.らが登場する特別映像“Shooting For IMAX®”が解禁された。

 映像は、国家的プロジェクト「マンハッタン計画」を率いたオッペンハイマーが「人々は恐れない、理解するまでは。世界は理解しない、それを使うまでは」と、独白する場面で幕をあける。クリストファー・ノーラン監督は「オッペンハイマーの物語は 壮大だ。本作を観た人々がそれを追体験し、より感情移入できるようIMAX®で撮影した」とコメント、天才物理学者の頭脳と心への没入へと誘う。撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマは、「IMAX®は雄大な景色を撮るのに適した規格だが、アップショットにも使ってみたかった。人の顔は風景のように入り組んでいて奥深い。どうしたらIMAX®カメラで人物のアップを撮れるか考えた」と語り、オッペンハイマーの複雑な心中を表現するキリアン・マーフィーの撮影シーンが紹介される。
 クリストファー・ノーラン監督による脚本をもとに、主人公オッペンハイマーの主観パートをカラーで撮影、ロバート・ダウニー・Jr.が演じるルイス・ストローズを軸とした場面はモノクロで描かれている。製作総指揮のトーマス・ヘイスリップ は、2つの視点で描く試みについて「クリス(クリストファー)は毎回限界に挑んでいる。この作品の鍵はカラーとモノクロの併用だ」とし、「マンハッタン計画」の最高責任者レズリー・グローヴス役のマット・デイモンが、常に完璧を求める「クリスは普通じゃ満足できない。IMAX®長編映画の先駆者であり、常に最先端を行く人だ」と、監督は映画界を牽引するイノベーターだと指摘します。「白黒の65ミリ規格なんて存在しないから技術を駆使して作るしかない」と決めたホイテマは、IMAX®カメラに適した本作専用のモノクロ・フィルムを開発したと振り返り、「巨大スクリーンに映したら魔法のような映像が広がった」とノーラン監督が続ける。
 そして、オッペンハイマーとの対立を深めていく米原子力委員会の委員長、海軍少将のルイス・ストローズを演じたロバート・ダウニー・Jr.が登場、「47年型のパッカードの後部座席に座ってIMAX®(カメラ)をひざにのせ走行シーンを撮った。映画撮影の原点を思い出したよ。レンズが迫ってくると身が引き締まるんだ」と、狭い車内での撮影は俳優の原点に立ち返る体験だったと述懐する。
 ノーラン監督、スタッフ、キャストが力を合わせて完成した『オッペンハイマー』について、製作のエマ・トーマスは「IMAX®映画は初めてじゃない。でもこの作品は別格よ。大画面で見ると迫力と臨場感がすごい」と断言する。オッペンハイマーのかつての恋人ジーン・タトロックを演じたフローレンス・ピューは、「人間味を感じられるし物語に引き込まれる」、妻キティ役のエミリー・ブラントが「神話のように重厚、劇場で観たら記憶に残る体験になる」と続き、主演のキリアン・マーフィーが「劇場で観る観客の没入感を最大限に高めるためにIMAX®で撮影している」と語りかける。映像は、「巨大スクリーンで観るとクオリティの高さがさらに際立つ」という撮影監督の言葉に続き、クリストファー・ノーラン監督の「15パーフォレーションの 70ミリ・フィルムは最高画質だ。観客は物語に入り込める。巨大IMAX®スクリーンで歴史的瞬間を体感してほしい」というメッセージで結ばれる。

© Universal Pictures. All Rights Reserved.

 『オッペンハイマー』日本公開を受けて、4月6日(土)、13:00の回上映後に丸ノ内ピカデリー Dolby Cinema®にてトークイベントの開催が決定した。
 スペシャルゲストとして、「ノーランの緻密な映画力学に圧倒される」と語る『日本のいちばん長い日』(2015)の原田眞人監督、「間違いなくノーランの最高傑作だ」とコメントを寄せている『福田村事件』(2023)の森達也監督が登壇する。
 日本映画界を代表する両監督が語る『オッペンハイマー』の魅力とは。ぜひ、ご期待いただきたい。

公開表記

 配給:ビターズ・エンド  ユニバーサル映画
 全国の劇場で大ヒット上映中

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました