最新ニュース

山田尚子監督最新作『きみの色』新カット含む<新予告映像>が到着!

©2024「きみの色」製作委員会

 2011年に公開され興行収入19億円の大ヒットとなり、社会現象を巻き起こした『映画けいおん!』(11年)、第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞のほか、2017年アヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門に入選、国内外問わず高い評価を受け、興行としても23億円の異例のヒットを記録した名作『映画 聲の形』(16年)。両作品の監督を務めた山田尚子は、些細な日常を瑞々しく鮮やかに描く稀有な映像センスと、小さな心の揺れ動きさえ表現していく繊細な演出で、世界から脚光を浴びるアニメーション監督の一人となった。そんな山田尚子監督の待望の最新作となる完全オリジナル長編アニメーション映画『きみの色』が8月30日(金)に全国公開する!
 今作で脚本を務めるのは、スタジオジブリや、京都アニメーションの数々の大ヒット作品を手掛け、山田監督とは「けいおん!」シリーズ以降、幾度となくタッグを組む吉田玲子。音楽は『映画 聲の形」『リズと青い鳥』(18年)など山田監督作品のほか、話題作「チェンソーマン」(22年 テレビ東京系)のサウンドトラックを担当する作曲家・牛尾憲輔。主演声優には、日暮トツ子役に鈴川紗由、作永きみ役に髙石あかり、影平ルイ役に木戸大聖と、いま注目の若手俳優たちが声を吹き込む。3人を導くシスター日吉子役を新垣結衣が務めている。また先日、世界最大規模のアニメーション映画祭として知られるアヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門への出品が決定し、日本のみならず世界中から注目が集まっている。

この度、期待膨らむ場面カット&新カット含む新予告映像が到着!

 今回到着となったのは、主人公たちのトツ子(鈴川紗由)、きみ(髙石あかり)、ルイ(木戸大聖)、そしてシスター日吉子(新垣結衣)の新たな場面カット。子どものころから人が「色」で見えるトツ子は、唯一自分自身の「色」だけは見えない。日々、嬉しい色、楽しい色、穏やかな色……いろいろな人々の色を見て過ごす彼女が、見上げて何かを見つめる姿が収められている。もう一つのカットでは、トツ子と同じ学校に通っていた美しい色を放つきみの姿が。まだ学校へ通っている時の制服姿のきみは、まるで感情が止まってしまっているかのような眼差しで佇んでいる。そして、トツ子ときみとバンドを組むルイのカットで描かれているのは、自身の担当であるテルミンを演奏する様子。穏やかな表情で演奏するその姿からは、彼のやさしい人柄と音楽への情熱を感じられる場面となっている。また、トツ子が通う学校のシスター、日吉子のカットも到着。同校の卒業生でもあり生徒たちにとって良き相談相手である彼女は、トツ子たちにとってもまた大切な道しるべとなる重要な人物だ。
 学校に行かなくなってしまったことを、家族に打ち明けられていないきみ。母親に医者になることを期待され、隠れて音楽活動をしているルイ。誰にも言えない悩みを抱えた主人公たちが、どのように自身と向き合い、葛藤し、どんな物語を奏でていくのか期待が膨らむ新カットとなっている。

 あわせて到着したのは、先日解禁となった追加キャストのカットも加わった新予告映像。トツ子の寮のルームメイトで、温かみのある優しい自然色を放ち、”森の三姉妹”とトツ子が勝手に名付けた、さく(やす子)・しほ(悠木 碧)・スミカ(寿美菜子)、そして主人公の一人・作永きみと2人で暮らす祖母・作永紫乃(戸田恵子)の4人のキャラクターがスペシャルPVから加わり、フルキャストが登場する新予告編が完成した。

©2024「きみの色」製作委員会

公開表記

 配給:東宝
 8月30日(金) 全国東宝系公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
Translate »
タイトルとURLをコピーしました