イベント・舞台挨拶映画祭・特別上映

『斬、』第43回トロント国際映画祭 公式上映&質疑応答

© SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

 『斬、』の塚本晋也監督が、9月6~16日(現地時間)にて開催されている第43回トロント国際映画祭に参加した。先日行われた第75回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門への出品に続き、北米最大の国際映画祭への参加となった。89年『鉄男』以来、『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』(92)、『東京フィスト』(95)、『バレット・バレエ』(98)、『双生児』(99)、『六月の蛇』(02)、『ヴィタール』(04)、『KOTOKO』(11)、『野火』(14)と数多くの作品を、トロント国際映画祭に出品してきた塚本監督。世界的に影響力のあるアート系映画の巨匠たちが集うマスターズ部門への日本から唯一の出品となり、この上映が『斬、』の北米プレミア上映となった。

上映前に満席の客席に向かって塚本監督から一言ご挨拶

 「『野火』を作ったのは戦後70年という年でしたが、戦争にまた近づいているという恐怖から急いで作りました。多くの観客の皆さんに届いたという手応えがあり、少し安心できるかと思ったのですが、それから3年経っても安心感を得られませんでした。その不安な“叫び”のような気持ちをこの作品にしました。『斬、』にとって北米プレミアです。どのようにお客様に受け入れられるか見守りたいと思います。」

上映後、大きな拍手がわき、多くの観客より質問が飛び出した。

キャスティングについての質問です。池松壮亮さんをはじめ俳優陣の演技が本当に素晴らしかったです。また監督自身もご出演されています。どのようにキャスティングされているのか教えてください。

塚本晋也監督:この時代劇を、あるときから池松壮亮さんにお願いしたいと思っていました。今の若い人の感覚、今の時代の感覚を非常にリアルに表現することができるのが池松さんだったので、その彼が江戸の時代に行ったら、その時代の感覚をリアルに表現してくれるだろうという期待があり、まず池松さんを想定していました。そうしたら偶然にも池松さんのほうから自分の映画に興味があると連絡をくださって、これはやらねばということになった次第です。蒼井 優さんは日本では本当に有名な女優さんなのですが、プロットを書いたときに自然と蒼井さんの顔が出てきて、とても有名な俳優さんなので自分の小さな規模の映画に出てくれるか不安だったのですが、割りと早くにお返事をいただけました。この二人の出演が決まったときに、この映画の骨格が決まったと思いました。僕の役は、いつも僕の映画には僕が出ているので出たという感じです。

塚本監督の演技がとても素晴らしかったです!(会場から大きな拍手が沸き起こる)

塚本晋也監督:殺陣をうまくやりたかったのですが、練習の途中にぎっくり腰になってしまい、あんまりうまくできなかった。でも編集も僕がやってるので、編集でうまく見えるようにカバーしました(笑)。

石川 忠さんの音楽がパワフルでとても素晴らしかった。石川 忠さんとのお仕事について教えてください。

塚本晋也監督:石川 忠さんとは『鉄男』から30年くらい一緒に作品を作っていたのですが、去年の暮れに石川さんが亡くなってしまいました。『斬、』の音楽も石川さんに依頼していたのですが、頼んだ後に亡くなってしまい……。どうしても受け入れられなくて、石川さんがこれまで作った曲、僕の映画用につくった曲だけではなく、お部屋に残されていた映画でまだ使われてない曲も全部聴いて編集に貼っていきました。天国の石川さんと話しながら決めていった感じです。エンドロールに石川 忠さんのお名前がしっかり出てきます。

登壇者:塚本晋也監督

公開表記

配給:新日本映画社
2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました