イベント・舞台挨拶

『アイ・アム まきもと』大ヒット舞台挨拶イベント

©2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

 先日公開を迎えた『アイ・アム まきもと』。10月4日(火)に大ヒット舞台挨拶イベントが実施され、主演の阿部サダヲをはじめ、坪倉由幸(我が家)、水田伸生監督が登壇した。

 ご覧になった方からの反響を受け、阿部は「コメディだと思っていたけど、全然違って感動したという声が多くて意外でした!」、坪倉は「周りに観てくださった方がたくさんいて、すごく良かったと。特に阿部さんを絶賛していました」と絶賛の声が届いているようで、水田監督も「先日お会いした鈴木おさむさんが坪倉さんよかったと褒めていました」と伝えると、坪倉は待ち望んだ声に「嬉しい!」と喜んだ。

 先日、ロケ地である山形で凱旋上映会実施とともに、酒田市一日市長に阿部が就任&水田監督が名誉市民に選ばれたことを受け、現地での様子を尋ねられると、阿部は「議会に参加したのですが、ヤジを飛ばす議員もいて……初めての経験でした!」と驚き動揺したそう。しかし、水田監督から「最初、議長から“撮影時に記憶していることは?”という質問があったのですが、阿部さんが“記憶にございません!“って……(笑)」と初々しさは微塵も感じられぬほど、堂々と答えていたエピソードが明らかに。また、地元の方々を招いて行った凱旋上映会では、大きな会場内で割れんばかりの拍手があったそうで、坪倉が「満島さんから、その光景を見て水田監督が涙していたって聞きました」と監督へ話をふると、「拍手の音がすごくて……感動してしまいました」と少し照れながら笑顔をみせた。

 そして、坪倉演じる小野口局長とまきもとの場面は、酒田市の市役所で撮影したようで、「最初、すごく緊張していたんです。セリフでイントネーションが分からない部分があって、当日8~9回リテイクてしまって……本編を見たらカットされていました(笑)」と落ち込む坪倉。山形から帰る前に、「阿部さんと居酒屋でご飯をご一緒して、松下さんに自慢したんです。そしたら後日、松下さんから連絡が来て、豪華なお寿司の写真が送られてきました! 僕は居酒屋だったのに……!」と阿部に訴えると、「坪倉さんは素晴らしいですよ! まきもとが唯一感情をむき出しにするのですが、すごくよかったです!」と坪倉の演技を絶賛し、可憐に受け流した。

 “ちょっと迷惑な男・まきもと”にちなみ、「皆さんの迷惑かけちゃったけど、頑張ったエピソード」を一般の皆さんより募集し、披露することに。まず一つ目は「普段なら会社に出勤するのに車20分で着くところ、大雪の日に3時間かけて車で行った」というエピソード。会社の方にも驚かれたようで、阿部も「すごく頑張った! 僕は雪だったら、まず行かない……」と驚き、坪倉は声を張って「頑張りました!!」とその頑張りに称賛を送った。

 続いて、「共通テストで大失敗して、第一志望の県外の大学E判定だった」というエピソード。「親に飛行機代も宿泊代も受験代も出してもらってたくさん迷惑かけたけど、最後まで頑張った。結局、私立の併願大学に入学したけど、今とっても楽しいです!」と添えられたコメントに、阿部は「すごい! ……親“も”頑張ったんですね!」と親心をみせ、「すばらしい! 最高ですね!」と坪倉。それぞれ20代の頃について尋ねられると、「人と全然しゃべってなかったんです」と意外な一面を明かす阿部。「役者になってからしゃべるようになりました」と人生が変わった転機を告白した。坪倉は「その頃、相棒たちと会ったのですが、勘違いして2人が面白いと思っていました(笑)」と自虐。また、監督は「高校の進路指導の時、コックになりたいって話していたんです」と、意外な事実に驚く一同。「コックのためにフランスに行きたいと言っていたので、親にも大反対された。それから、当時の担任の影響で演劇やったのがきっかけ」と監督に至るエピソードが明かされた。そして、過去の食に関する映画である阿部主演の『なくもんか』の話になると、「コロッケでしたもんね!」と阿部の一言に、「いや、ハムカツ!」とすかさずツッコむ監督。コントのように息のあった2人のやり取りに会場からは笑いが起こった。

 そして、“頑張った!頑張った!阿部さんにプレゼントコーナー”と称して、『アイ・アム まきもと』のために様々なPR活動で頑張った阿部を労うためにプレゼントを用意。阿部が大きな箱の蓋を開けると、そこには阿部の大好物のハートチップル(駄菓子)が盛りだくさん詰め込まれており、阿部は爆笑しながら「バカにしやがって……!」と大喜び。そして、共演した宇崎竜童からカッコいい靴をプレゼントしてもらったようで、「こちらを頂きました!」と履いていた靴を披露。その流れから、「子どもの頃のご褒美といったら、ハートチップルでしたけど……大好きなお菓子ではあるんですけども……気持ちは嬉しいです! ありがとうございます!」と、ご褒美が駄菓子であることに釈然としないまま、感謝を伝えた。

 最後、阿部は「優しい気持ちになれる映画。人の繋がりや優しさが感じることのできる、温かな気持ちになれる作品です。皆さんの感想も楽しみしています!」と締めくくり、イベントは幕を閉じた。

登壇者:阿部サダヲ、坪倉由幸(我が家)、水田伸生監督

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
大ヒット上映中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました