作品紹介

『水は海に向かって流れる』

©2023映画「水は海に向かって流れる」製作委員会 ©田島列島/講談社

イントロダクション

 2021年に映像化もされた「子供はわかってあげない」で漫画賞を総ナメにした田島列島の傑作漫画「水は海に向かって流れる」が、主演 広瀬すず、監督 前田 哲(『そして、バトンは渡された』)で映画化が決定し、2023年6月より全国ロードショー。
 本作は、ある雨の日の思いがけない出会いから始まる物語。過去の出来事から心を閉ざしてしまい、どこか冷めていて、日々を淡々と過ごす26歳のOL榊さん。「恋愛はしない」と宣言する彼女の止まっていた時間を動かすのは――。
 シェアハウスに住むいつも不機嫌そうなワケありOL・榊 千紗(さかき・ちさ)を演じるのは、広瀬すず。数々のヒット映画、ドラマに出演し、着実にキャリアを積み重ねてきた彼女が、2023年唯一の単独主演映画で、「ここまでクールで、感情が掴みにくい役は初めて」という難役に挑む。
 メガホンをとるのは、『そして、バトンは渡された』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』などヒット作が相次ぐ前田 哲。人と人との向き合う過程を優しく描き、心の揺れ動きや溢れ出る感情を丁寧に映し出した、観るものの琴線に触れる映画が誕生した。

©2023映画「水は海に向かって流れる」製作委員会 ©田島列島/講談社
©2023映画「水は海に向かって流れる」製作委員会 ©田島列島/講談社

ストーリー

 高校への通学のため、叔父の家に居候することになった直達。
 だが最寄りの駅に迎えにきたのは不機嫌そうな顔をする見知らぬ大人の女性、榊さんだった。
 案内された家の住人は、親に黙って脱サラしたマンガ家(叔父)、女装の占い師、海外を放浪する大学教授、そしてどこか冷めていて笑わない26歳のOL榊さん……と、いずれも曲者揃い。
 そこに高校1年生の直達を加えて、男女5人ひとつ屋根の下、奇妙なシェアハウス生活が始まった。
 共同生活を送るうち、日々を淡々と過ごす榊さんに淡い思いを抱き始める直達だったが、「恋愛はしない」と宣言する彼女と自分との間には思いも寄らぬ因縁が……。

 (2023年、日本、上映時間:123分)

ギャラリー

スタッフ&キャスト

原作:田島列島「水は海に向かって流れる」(講談社「少年マガジンKCDX」刊)
監督:前田 哲
脚本:大島里美
音楽:羽毛田丈史
出演:広瀬すず ほか

オフィシャル・サイト

映画『水は海に向かって流れる』公式サイト
6.9(Fri)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開。出演:広瀬すず 監督:前田哲『そして、バトンは渡された』原作:田島列島「水は海に向かって流れる」(講談社「少年マガジンKCDX」刊)

超特報映像

公開表記

 配給:ハピネットファントム・スタジオ
 6月9日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました