作品紹介

『いちばん逢いたいひと』

©TT Global

イントロダクション

 10年ほど前、自身の娘が白血病になり、家族で乗り越えた経験を持つプロデューサーの堀ともこが、競泳の池江璃花子選手が白血病を乗り越え、東京オリンピックに出場したのを機に、「白血病と骨髄移植」、「ドナー登録」について理解を深めて欲しいと、少女が白血病になった二つの家族の物語が交差するドラマチックなエンターテインメント映画を企画。
 その想いに賛同した老若男女のキャストが集結した。白血病を乗り越え、初めて一人旅に出る大人になった楓役でAKB48のチーム4のキャプテンである倉野尾成美、白血病になった娘に寄り添う母・佳澄役で高島礼子、白血病で娘を亡くしたことで、自らドナー登録する柳井役に『北風アウトサイダー』で監督デビューも飾った崔 哲浩、その田舎の母・祥子役で中村玉緒が出演。子ども時代の楓役の田中千空、同室の白血病患者・与志役の海津 陽など、子役の熱演も引き出したのは、脚本と康介役も担当し、本作が映画監督2本目となる丈。
 型が適合するドナーが見つかった時の心の底からの感謝の気持ちと、手紙1通でしか繋がっていないドナーとの運命的で目に見えない絆を身をもって知るプロデューサーから生まれた、生きる意味を改めて問う物語が誕生した。

©TT Global

ストーリー

 11歳の女の子・楓(田中千空)は、ある日突然授業中に倒れてしまい、「急性骨髄性白血病」と診断される。幼い楓にとって、抗がん剤治療や放射線治療は過酷でしかなかったが、隣のベッドで同じ病気と闘っている与志(海津陽)だけが唯一の心の支えだった。

 同じ頃、IT企業を経営する柳井健吾(崔 哲浩)は最愛の娘を白血病で亡くしてしまう。経営者の健吾は仕事を優先せざるを得なかったが、娘を失ったことで、幸せだと思っていた家庭は崩壊へと向かってしまう。全てを失ってしまった健吾にとって、今や一通の手紙でのみ交流があった、見知らぬ女の子の骨髄ドナーになれたことだけが人生で唯一の誇れることだった。

 かけがえのない人を失いながら、それでも懸命に生きていこうとする一人の男と大人になった一人の少女(倉野尾成美)。 異なる人生を歩みながら探し求めた、それぞれの「いちばん逢いたいひと」とは……。

 (2022年、日本、上映時間:106分)

スタッフ&キャスト

 監督・脚本:丈
 原案・エグゼクティブプロデューサー:近藤牧人
 プロデューサー:堀ともこ
 ラインプロデューサー:宇佐美博、とめぞう
 撮影・編集:松岡 寛
 音楽:猿楽 山本雅也、山中勇哉
主題歌『青色の航海~君へ捧げる応援歌~』歌・作詞・作曲・編曲 山本雅也
 協力:広島県府中市、広島県府中市観光協会、広島県府中市教育委員会、国登録有形文化財恋しき
 協賛:株式会社M.Y.トランスポート、LARDINI JAPAN株式会社、株式会社ウェルホーム、株式会社スパーツ、建物本舗株式会社
 後援:中国新聞備後本社、公益財団法人日本骨髄バンク
 製作:TT Global
出演:倉野尾成美(AKB48)
   三浦浩一、不破万作、田中真弓、大森ヒロシ、丈、崔 哲浩
   田中千空、海津 陽、細川 学、夏井世以子、町本絵里、近藤玲音
   中村玉緒(特別出演)、高島礼子

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画「いちばん逢いたいひと」公式サイト
映画「いちばん逢いたいひと」の公式サイトです。白血病を乗り越えた少女と、そのドナーになった男の人生を描いた、奇跡の物語です。

公開表記

 配給:渋谷プロダクション
 2月17日(金)より福山駅前シネマモードにて先行公開、
 2月24日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました