作品紹介

『ヴィレッジ』

©2023「ヴィレッジ」製作委員会

イントロダクション

 映画『ヴィレッジ』が4月21日(金)より公開となる。本作は、「村」という閉ざされた世界を舞台に、そこで生きる人々のきれいごとだけでは生きていけないリアルな姿を、圧倒的な映像美と世界観で描き、同調圧力、格差社会、貧困、そして道を誤ったら這い上がることが困難な社会構造の歪みといった、現代日本が抱える闇をあぶり出す異色のサスペンス・エンタテインメント。

 日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞し、大ヒット作『余命10年』など多くの話題作を手掛ける藤井道人監督と、日本映画の変革者として絶えず注目作を世に贈り出してきた故・河村光庸プロデューサーの遺志と遺伝子を受け継いだ注目のスタジオ・スターサンズの制作チームが結集して、人々のリアルに迫る、いま語るべき私たちの物語を作り上げた。

 主人公の優を演じるのは、人気・実力を兼ね備え、出演作が相次ぐ横浜流星。どこにも居場所を見つけられずに生きてきた青年が、自分とこの世界をつなぐ唯一の希望を守るためダークサイドに転じる姿をリアルに体現。黒木華、一ノ瀬ワタル、奥平大兼、作間龍斗、古田新太をはじめ豪華出演陣との共演で、“今までに観たことない横浜流星”として新境地を魅せている。

ストーリー

 夜霧が幻想的な、とある日本の集落・霞門村。神秘的な「薪能」の儀式が行われている近くの山には、巨大なゴミの最終処分場がそびえ立つ。
 幼い頃より霞門村に住む片山 優は、美しい村にとって異彩を放つこの施設で働いているが、母親が抱えた借金の支払いに追われ希望のない日々を送っている。かつて父親がこの村で起こした事件の汚名を背負い、その罪を肩代わりするようにして生きてきた優には、人生の選択肢などなかった。
 そんなある日、幼馴染の美咲が東京から戻ったことをきっかけに物語は大きく動き出す――。

 (2023年、日本、上映時間:120分、PG12)

キャスト&スタッフ

 出演:横浜流星、黒木 華、一ノ瀬ワタル、奥平大兼、作間龍斗/淵上泰史、戸田昌宏、矢島健一/杉本哲太、西田尚美、木野 花/中村獅童、古田新太ほか
 監督・脚本:藤井道人
 音楽:岩代太郎
 企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『ヴィレッジ』公式サイト|4月21日(金)公開
主演:横浜流星 × 監督:藤井道人 × 制作:スターサンズ。現代日本の縮図を描いた、異色のサスペンス・エンタテインメント!

 公式Twitter:@village_moviejp #ヴィレッジ

公開表記

 配給:KADOKAWA/スターサンズ
 4.21(Fri) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました