最新ニュース

『アダマン号に乗って』本予告到着!ナレーションは内田也哉子

© TS Productions, France 3 Cinéma, Longride – 2022

 本年度ベルリン国際映画祭コンペティション部門で最高賞の金熊賞を受賞した日仏共同製作によるニコラ・フィリベール監督最新作『ON THE ADAMANT』(英題)の邦題を、『アダマン号に乗って』とし、4月28日(金)にヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国公開となる。

 この度、4/28(金)に緊急公開決定した『アダマン号に乗って』。内田也哉子がナレーションを担当した本予告とコメントが到着!

 「本年度の金熊賞をこの作品に贈るのは光栄です」と本年度ベルリン国際映画祭で俳優・審査員長のクリステン・スチュワートが賛辞を送った本作。金熊賞受賞の大きな反響を受けて、すでに25ヵ国以上での公開が決定している。
 パリ、セーヌ川のきらめく水面に照らされた木造建築のデイケアセンターの船。精神疾患のある人々を無料で迎え入れ、絵画、音楽、ダンスなど創造的な活動を通じて社会と再びつながりを持てるようサポートしている。
 手掛けたのは、世界的大ヒット作『ぼくの好きな先生』(02)で知られる、現代ドキュメンタリーの名匠ニコラ・フィリベール監督。<アダマン>の日々をそっと見つける眼差しは、人々の語らう言葉や表情の奥に隠されたその人そのものに触れていく。

そしてこの度、ナレーションをエッセイストの内田也哉子が担当した本予告が完成! 合わせてコメントも到着した。

内田也哉子 コメント全文

 「セーヌ川に浮かぶデイケアセンターの船」まるでおとぎ話の舞台のようなほんとうの話。このフィルムが、ある日常を映し出しているという紛れもない奇跡に、生きることの根っ子を見る。私と私じゃない人の境目は幻想だということも。ニコラ・フィリベール監督の平らかな眼差しに、ただただ感服する。

公開表記

 配給:ロングライド
 4月28日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました