最新ニュース映画祭・特別上映

『首』「カンヌ・プレミア」公式上映、5/23に決定!北野 武監督、カンヌ国際映画祭登壇&プロモーション映像解禁

©2023KADOKAWA ⓒT.N GON Co.,Ltd

 1997年『HANA-BI』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞、2003年『座頭市』で銀獅子賞を受賞、2017年『アウトレイジ 最終章』は同映画祭のクロージング作品に選ばれるなど、数々の歴史的快挙を達成してきた、日本が世界に誇る映画監督・北野 武の最新作にして構想に30年を費やした戦国スペクタクル映画『首』が2023年秋に公開する。
 北野武監督が初期の代表作の1本『ソナチネ』同時期に構想し、30年もの長きに渡って温めていた本作は、巨匠・黒澤 明が生前「北野くんがこれを撮れば、『七人の侍』と並ぶ傑作が生まれるはず」と期待していた念願の企画の映画化だ。“本能寺の変”が、戦国武将や忍、芸人や百姓といった多彩な人物の野望や裏切り、運命とともに描かれ、キレ味抜群のバイオレンスと笑いをはじめとした北野のワールドのエッセンスが全開する。

 そんな野心作に豪華&異色のキャストが集結! 北野 武自らが“本能寺の変”を策略する羽柴秀吉を飄々と演じ、織田信長に複雑な感情を抱く明智光秀を西島秀俊が演じる。加瀬 亮が狂乱の天下人・信長を怪演し、浅野忠信と大森南朋も秀吉を支える軍師・黒田官兵衛と弟の羽柴秀長をユーモアたっぷりに演じ切る。さらには、秀吉に憧れる百姓・難波茂助を演じる中村獅童が北野組に初参戦。他にも木村祐一、遠藤憲一、桐谷健太、小林 薫、岸部一徳らが歴史上の重要人物に独自のキャラでなりきっている。

 このたび、第76回カンヌ国際映画祭「カンヌ・プレミア」への出品作である本作の正式上映が現地時間5月23日に決定、世界最速ワールドプレミアとして上映されることになり、北野武監督もカンヌ国際映画祭へ登壇する運びとなった!

 加えて、カンヌ国際映画祭用に制作したプロモーション映像が解禁となった。本映像は、不安げなピアノの旋律と共に、野ざらしにされた屍があまた転がっている戦場の様子が俯瞰で映し出されて始まる。血肉飛び散る“山崎の戦い”、燃え上がる本能寺……北野 武作品史上随一のスケールと迫力が存分に味わえる映像となっている。さらに秀吉(ビートたけし)、光秀(西島秀俊)、信長(加瀬 亮)、難波茂助(中村獅童)、黒田官兵衛(浅野忠信)、羽柴秀長(大森南朋)、曽呂利新左衛門(木村祐一)、荒木村重(遠藤憲一)、徳川家康(小林 薫)、千利休(岸部一徳)……日本映画界を代表する錚々たる俳優陣が画圧高めに登場、新北野組とも言える超一流俳優による演技合戦にも期待は高まるばかりだ。

 先日の会見で北野監督が「日本の戦国時代を美化することなく、成り上がりや天下を取ることの裏にある人間の業や恨み、つらみなどを自分なりの解釈として描いた」と語っていた『首』。世界最速ワールドプレミアとなる5月23日のカンヌ・プレミアでの公式上映で、世界のキタノだからこそ撮ることができた、戦国エンターテイメントの全貌がついに明らかになる!

カンヌ・プレミアとは

 コンペの枠では賄いきれない両作のプレゼンテーション(提供)を目的に設立されたセクションであり、2021年設立。コンペに選定されなかった作品が「ある視点」部門(※)に選定されることもあり、この「カンヌ・プレミア」部門も「ある視点」部門に近い位置づけとの見方もあったが、2021年の「カンヌ・プレミア」部門設立時のインタビューでも、映画祭ディレクターのティモリ―・フレモー氏が「ある視点」部門のテーマをより明確にする意味でも、「カンヌ・プレミア」部門が設立されたと答えている。より世界の歴史・民族・風土・生活習慣・信仰など現代社会を取り巻くテーマを描くワールドシネマにフォーカスした作品が選ばれる部門)。『首』は日本の実写としては初の選出となる。

 製作・配給:KADOKAWA
 2023年 秋全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました