最新ニュース

『THE WITCH/魔女 —増殖—』長編映画初主演シン・シアと豪華キャスト・スタッフが語る特別映像到着!

©2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & GOLDMOON FILM.All Rights Reserved.

 『THE WITCH/魔⼥̶増殖̶』が2023年5⽉26⽇(⾦)より、新宿ピカデリーほか全国公開中。この度、キャスト・スタッフが語る特別映像が解禁となった。

 劇場公開後SNSで評判が拡散し、配信などで視聴者数約100万人超えを記録した、『THE WITCH/魔女』。
 素朴な外見からは想像もつかない狂暴な殺人兵器と化して暴れまくる女子高校生の無敵の強さと、予測不能のストーリー展開が観る者を釘付けにした。その創造者たるパク・フンジョン監督には、同作品をユニバース化するという壮大な構想があった。その<魔女ユニバース>の幕開けを告げる『THE WITCH/魔女 ー増殖ー』は、前作と同じ世界観を共有しているが、名もなき少女が新たな主人公として登場。すべてが謎のベールに覆われ、最先端のVFXで飛躍的にスケールアップしたサイキック・アクション大作が誕生。主人公を演じるのは1400人以上が参加するオーディションを勝ち抜き、映画初主演を飾るシン・シア。このほかにも、この夏日本中が夢中になったドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」で主人公を演じたパク・ウンビンや、人気実力派俳優として名高いイ・ジョンソク、そして『THE WITCH/魔女』でもその圧倒的な存在感を示したキム・ダミが名を連ねている。

2⼈⽬の魔⼥爆誕!
パク・ウンビンも「なんでも吸収する俳優」と⼤絶賛!
”魔⼥ユニバース”誕⽣の裏側に迫る!!

この度、『THE WITCH/魔女 —増殖—』のキャスト・スタッフが撮影の裏側を語る、特別映像が公開された。
 ⼤きな話題を呼んだ『THE WITCH/魔⼥』。ファン待望の続編となる『THE WITCH/魔女 —増殖—』がいよいよ⽇本公開を迎えた。
 「世界観がより⼤きくなった」と語るシン・シア。そしてパク・ウンビンも「登場⼈物も⼀層パワーアップし、アクションもさらに⾼レベルに」と太⿎判を押す。美術監督のチョ・ファソンは「前作に⽐べると空間も全て私の想像をはるかに上回っていた」と明かし、本作への期待を⾼めている。

 そして、前作の主⼈公キム・ダミに続く2⼈⽬の魔⼥として1408⼈の競争を勝ち抜き選ばれたシン・シアは、⾃⾝が演じた少⼥について「とてもミステリアスな存在」と話す。少⼥を匿うことになるギョンヒ役のパク・ウンビンも、少⼥のことを「ピュアな⾯もある猛⽝のよう。訓練されていない」と微笑みながら表現する。⻑編映画初出演ながら少⼥を演じきったシン・シアについて撮影監督のキム・ヨンホは「最初の登場からとても神秘的で何が起きるのか興味をそそる」と評し、パク・ウンビンも「あの感じが“少⼥”なのだなと……なんでも吸収する俳優」と賛辞を送っている。

 さらに、主要キャストがそれぞれの役柄や演技について想いを語りながら、撮影を振り返るシーンも。チョ・ヒョン役のソ・ウンスは「撮影1ヵ⽉前から銃と共に⽣活していた」と驚きの役作りを明かしている。
 またパク・フンジョン監督について「監督は俳優に限界を越えさせてくれます」(シン・シア)、「とても繊細で」(ソ・ウンス)「信頼できる存在でした」(パク・ウンビン)と絶対的な信頼を⾒せる。チョ・ファソン美術監督は「監督のシナリオはとても強烈で観客にある種の快感を与えます。パク・フンジョン監督そのものが⼀つのジャンルです」と話す。前作より⼤胆にパワーアップした『THE WITCH/魔女 —増殖—』。「たくさんの応援よろしくお願いします」というシン・シアのコメントで本映像は締められている。

公開表記

 配給:ツイン
 大ヒット公開中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました