イベント・舞台挨拶

H・P・ラヴクラフト原作『宇宙の彼方より』初日満席スタートにより3週目の上映延長!下北沢トリウッドに字幕監修・森瀬 繚×漫画原作者・七月鏡一登壇

©SPÄRENTOR, Studio / Produzent / Cinemago

 クトゥルー神話の生みの親として知られるH・P・ラヴクラフトが1927年に発表した小説『宇宙の彼方の色(原題:The Color Out of Space)』を原作としたドイツ映画『宇宙の彼方より』が2023年6月3日(土)に世界初の劇場公開。下北沢トリウッドでの上映初日を満席で迎え、3週目の上映延長が決定した。

 「映画史上、最もラヴクラフト=“原典”の魅力を忠実に描いた作品」という呼び声も高い本作は、ベトナム系ドイツ人のフアン・ヴ監督が“原典”を崇拝しつつも、ラヴクラフトが唱えた“宇宙的恐怖”をより拡大すべく、フアン監督の両親が移民を決意したベトナム戦争下の1975年のアメリカと第二次世界大戦下のドイツを新たに作品の舞台にするなど、独自の解釈を盛り込んだ野心作だ。製作から10年経った今なお、ヨーロッパの数多くの映画祭に入選。2022年11月に開催された28年の歴史を持つフランスの映画祭、レトランジュ・フェスティバル・パリでも上映されるなど、今も世界各地を魅了し続けている本作が、原作小説発表から95周年の現在、ついに日本の劇場へと辿り着いた。
 今回の劇場公開にあたり、新字幕監修を日本のクトゥルー神話研究の第一人者にして作家の森瀬 繚が担当。より鮮明となった『宇宙の彼方より』の恐怖が今、日本に襲いかかる!
 このたび、映画『宇宙の彼方より』が2023年6月3日(土)下北沢トリウッドでの上映初日を満席で迎え、3週目の上映延長が決定。さらに同館での上映最終日6/22(木)には、森瀬 繚と七月鏡一の再登壇も決定した。

初日6/3(土)上映後解説に森瀬 繚、七月鏡一が登壇

 字幕監修を務めた森瀬 繚は、観客が信じてきた物語を劇的に覆す《信頼できない語り手》が明かされるという、 映画オリジナルの展開が描かれる本作のラストについて言及。原作小説を知っている人間ほど驚かされるラストであり、映画『宇宙の彼方より』がただ原作に忠実なだけでなく、“野心的”な作品として海外映画祭で評価された理由の一つであったと解説した。
 七月は自身の漫画作品『ジーザス』などに散りばめたラヴクラフト作品へのオマージュ、イースターエッグに言及し、その多大なる影響を認めた上で、保守本流であるラヴクラフトの映像化に挑戦したフアン・ヴ監督を称賛。ラヴクラフト小説史上最も映像化された『宇宙の彼方の色(原題:The Color Out of Space)』においてモノクロで描いた意図を「色彩世界の次元をモノクロ世界へと一段下げることで、高次元から現れた怪物の“異色性”を強調した演出」と評した。

 イベント情報は公式HPにて随時更新。

映画『宇宙の彼方より』オフィシャルサイト|配給会社Cinemago
新進気鋭の新人監督たちを発掘し配給を続ける映画レーベル【Cinemago】。インディーズ・シーンから有望な映画作家に焦点をあてた海外セレクション第1弾、2010年にドイツにて製作された原作ハワード・フィリップス・ラヴクラフトのSFホラー映画...

公開表記

 配給:Cinemago
 2023年6月3日(土)より下北沢トリウッドほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました