最新ニュース

『君は放課後インソムニア』脚本・髙橋 泉氏インタビュー&森 七菜・奥平大兼の仲良しオフショット解禁!

Ⓒオジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会

 若手実力俳優の森 七菜、奥平大兼をダブル主演に迎え、池田千尋監督が実写映画のメガホンを取る『君は放課後インソムニア』が全国公開中。

 本作は、森 七菜と奥平大兼が演じる不眠症に悩む高校生が出会い、時間を共有していくことで絆を深めていくさまを丁寧に描いた青春感動作。

 「原作ファンも大満足!」「期待値の100倍良かった!」「ボロ泣きの感動作!」「最高の映画体験!」「本年度ベスト!」「多くの若者に観てもらいたい傑作!」「何回観ても新しい“ここ好き”が発見できる」「すぐに作品の世界に引き込まれた」「トキメキで満ち溢れている」「キャスティングが神ってる」など、絶賛のコメントが溢れている本作。

 また、先週末から公開された北村匠海主演『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 決戦』も、『君ソム』とは対照的ながらも、「青春」「友情」という共通項があり、その根源は、双方の脚本を担当した髙橋 泉氏にたどり着く。『君ソム』の池田千尋監督とタッグを組んだ『スタートアップ・ガールズ』(19)や、山田孝之主演の『凶悪』(13)のほか、漫画原作の実写映画化である『秘密 THE TOP SECRET』(16)や、『坂道のアポロン』(18)を手掛ける一方で、『ひとよ』(19)や、『朝が来る』(20)では心に重荷を抱えた家族の再生・葛藤をテーマにする脚本も書き上げてきた。

 この度、髙橋氏に緊急インタビューを敢行。『君ソム』の魅力について語ってもらった。

Ⓒオジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会
原作「君は放課後インソムニア」を読まれた感想をお聞かせください。

髙橋:写真のように一瞬が切なく切り取られていたり、開いたページから伊咲(いさき)と丸太(がんた)が飛び出して来そうな瑞々しさがあったり。全編が生きることの静けさと輝きに溢れながら、ユーモアが絶妙。

大人気漫画を実写映画化するにあたり、どのような点を意識して脚本を書かれましたか?

髙橋:伊咲と丸太が楽しんでいるときだけじゃなく、悩んでいても苦しんでいても、その瞬間だって生きているんだということを意識して、筆圧を上げて書きました。

好きなシーン、好きなセリフがあれば教えてください。

髙橋:ここ、ということはないけど、二人の世界が広がっていくきっかけとなる、倉敷先生や白丸先輩とのシーンが好きです。

Ⓒオジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会
Ⓒオジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会
本作に限らず、森 七菜さん、奥平大兼さんの印象をお聞かせください。

髙橋:森 七菜さんは、見ているだけで泣きそうになる切なさを含んでいる役者。奥平さんは、焦燥感をちゃんと体現出来る役者。

脚本制作において最も注意、意識されている点はどこでしょうか?

髙橋:仕事の評価に繋がるための脚本ではなく、観た人の日常に繋がるための脚本を書くことです。

 『君は放課後インソムニア』まさに、その「観た人の日常に繋がるための脚本」が、多くの観客たちの心を掴んでいる。

公開表記

 配給:ポニーキャニオン
 全国公開中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました