イベント・舞台挨拶

『ホーンテッドマンション』USプレミア

© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney

 創立100周年を迎えるウォルト・ディズニー・カンパニーが、ディズニーランドの人気アトラクション“ホーンテッドマンション”を実写映画化。ノン・ストップの驚きと興奮が押し寄せ、“恐怖”と“笑い”のハイブリッドを映画館で体験できる、超エンタメ・アトラクション・ムービー『ホーンテッドマンション』が誕生! 2023年9月1日(金)より劇場公開となる。現地時間7月15日(土)≪日本時間:7月16日(日)AM≫、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムにあるカリフォルニア ディズニーランド・リゾートにて、USプレミアが開催!合わせて、本作への期待が一層膨らむ日本版予告も解禁となった。

 新生活を始めるため医師である母親と9歳の息子は、ニューオーリンズの壮大だけどちょっと不気味な館に引っ越してくる。しかし、この館は何かがおかしい……。二人の想像をはるかに超える不可解なことが止まらない。この館の謎を解明するため、幽霊を信じない心霊写真家・ベン、調子が良すぎる神父・ケント、何かと大げさな霊媒師・ハリエット、幽霊屋敷オタクの歴史学者・ブルースの4人に助けを求めることに。だが、このエキスパートたちもワケアリのメンバー……。館に住む変わったゴーストたち(999人??)と、仕掛けられた数々のトリック。不気味な体験を通して、メンバーたちはついに館に隠された悲劇的な真実に気づき始めるのだった……。

 この度、行われたプレミアイベントでは、本作の元となったカリフォルニア ディズニーランド・リゾートにある「ホーンテッドマンション」の前に、レッドカーペットが敷かれ、劇中でキャストが使用したコスチュームや、アトラクションでおなじみの胸像がお披露目。招待されたファンの中には、アトラクションに登場するようなゴーストになりきったような衣装で参加する人々も多く、イベントは本作ならではの“呪われたような”雰囲気と熱気を帯びていた。

© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney
© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney
© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney
© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney
© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney
© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney

 この日は、本作のお披露目に合わせて「ホーンテッドマンション」をイメージした、パープルカラーでコウモリのシルエットがあしらわれたコスチュームを着たミッキーマウスとミニーマウスに加え、マレフィセント、クルエラなどのディズニー・ヴィランズのキャラクターたちも駆けつけ、イベントを華やかに彩った。さらに各国のディズニーランドの「ホーンテッドマンション」からキャストがそれぞれのコスチュームを纏って集結! 日本のディズニー・ファンの間でも人気の高い、東京ディズニーランド®のダークグリーンのコスチュームを始め、パープルを基調としたディズニーランド・パリや香港ディズニーランド等、趣向を凝らされた各国のコスチュームを纏ったキャストたちが並んだ姿には観客からも熱い視線が注がれ、会場を大いに盛り上げた。

© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney
© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney

 そして、イベントには、今回のイベントの会場にもなっているカリフォルニア ディズニーランド・リゾートでかつてキャストとして働いていたという異色の経歴を持つジャスティン・シミエン監督も登場。シミエン監督は、日本のホーンテッドマンション・ファンに向けて、「僕は、東京のホーンテッドマンションが最高だと聞いています。僕たちは間違いなく、皆さんが大好きなものを実写化しようとしています。あなたたちのお気に入りのゴーストたち。ホーンテッドマンションの中のお気に入りの数々の部屋。僕たちは、この映画の中で、それらすべてのものにたくさんの愛情を注いでいます」とメッセージを送っている。

© 2023 Getty Images/Getty Images for Disney

 登壇者:ジャスティン・シミエン監督

“999人のゴースト”と“クセの強いエキスパートたち”が待ち受ける<呪われた館>に要注意……

 この度解禁された日本版予告映像では、ワケありの館に越してきた親子を救うため、この館で過去に何があったのか……4人の心霊エキスパートたちが一丸となってゴーストに立ち向かう様子が描かれている。本作の監督を務めるのは、かつてカリフォルニアのディズニーランドでキャストとして働いていたという異色の経歴を持つ映画監督ジャスティン・シミエン。映像には、アトラクションでもおなじみの“どこまでも続く長い廊下”や“縦に伸びる部屋”に加え、“墓場から出てくるゴーストたち”や、“舞踏室で踊るゴーストたち”の姿などシミエン監督がこだわりぬいた、アトラクションの世界観が忠実に再現されている。さらに注目なのは、個性豊かなキャラクターたちによる掛け合いのシーンだ。強烈なインパクトを放つ水晶玉の女マダム・レオタが「真実を知りたければ――3ドルを」との要求に対し、歴史学者のブルースが「ぼったくりだ」と全力で拒否。そして、心霊写真家のベンと神父のケントは臆病な性格を露わにしし、館に住む9歳の子どもトラヴィスを梯子の下の暗闇の先へ行くようにそそのかすという大人げない行動をとるなど、力を合わせている様子も感じられず、やりたい放題――。999人のゴーストたちや、仕掛けられたトリックの数々による“恐怖”。それに加え、クセの強い心霊エキスパート4人と、水晶玉の女マダム・レオタらの掛け合いによる“笑い”が見事にミックスされた本作の展開は目が離せない。アトラクションで味わえるスリルとドキドキ感、そして超個性派な豪華キャスト陣による掛け合いは、注目必須だ。

 ようこそ、めくるめく心霊体験が待つホーンテッドマンションへ。映画が終わったその時──“1000人目”は、あなたかもしれない……。

公開表記

 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
 9月1日(金) 全国劇場にて公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました