最新ニュース

『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』7月20日は「チェスの日」!鬼気迫るチェス・シーンが解禁!

© 2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

 世界的ベストセラーとなったシュテファン・ツヴァイクの傑作小説「チェスの話」を原案とした『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』が7月21日(金)より全国公開となる。この度、7月20日の「チェスの日」にちなみ、衝撃のチェス・シーンの本編映像が解禁となった。

★「チェスの日」を記念して、衝撃のチェス・シーンが解禁!

 『帰ってきたヒトラー』(15)でヒトラー役を演じたオリヴァー・マスッチが主演を務め、木村拓哉が出演し話題になった海外ドラマ『THE SWARM』(23)のフィリップ・シュテルツェル監督の最新作『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』が7月21日(金)よりシネマート新宿他全国順次公開する。本作の原案は世界的ベストセラーにもなった文豪シュテファン・ツヴァイクの傑作小説「チェスの話」。ナチス占領下のオーストリアを舞台に、ヒトラーの命令でホテルに監禁された男が、1冊のチェス本を武器にナチスとの心理戦に挑む驚愕のサスペンス映画だ。
 7月20日は「チェスの日」。2019年に国連総会によって制定され、世界的には「International Chess Day」として知られている。このたびは「チェスの日」を記念して、『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』の本編映像が解禁となった。

 ある日突然ナチスの秘密国家警察(ゲシュタポ)に拘束され、ホテルの一室に監禁されたヨーゼフ(オリヴァー・マスッチ)。部屋には最低限の家具が置いてあるだけで、外の世界から完全に隔離された空間だ。フィリップ・シュテルツェル監督やゲシュタポを演じたアルブレヒト・シュッヘはインタビューにおいて、このような何も無い空間で何もせず、ただ拘束し続けることを「白い拷問」と呼んでいる。そんな環境で、なんとか正気を保とうとするヨーゼフだが、次第に精神が耐えられなくなっていくのだった……。
 そんなある日、彼は偶然チェス本を手にする。その一冊の本が彼の精神を支えるきっかけとなった。解禁となった本編映像では、ヨーゼフがチェスの世界にのめり込んでいく姿が映し出される。何ヵ月間もひとりでホテルの部屋に放置され続け、会話や活字に飢えていたヨーゼフは、今まで興味もなかったチェスの世界に没頭していく。ひたすらにチェスの棋譜をつぶやきながら、チェス盤に見立てた風呂場のタイルと自作の駒で、ひとり対局を行う。狂気的なまでの熱中ぶりだ。彼は一体いつまで正気を保ち続けられるのか……。本作の鍵を握る重要なシーンとなっている。

© 2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

 スリルに満ちた展開から目を離せない、観る者の心をかき乱すヒューマン・サスペンス――文豪ツヴァイク最期の傑作『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』は7月21日(金)よりシネマート新宿他全国順次ロードショー。

公開表記

 配給:キノフィルムズ
 7月21日(金) シネマート新宿他全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました