最新ニュース

山田洋次、63年の映画監督歴を辿る、初のオフィシャルサイトを開設

ⓒ松竹株式会社

 記念すべき90作品目となる最新作『こんにちは、母さん』が9月1日(金)全国公開を控える、映画監督・山田洋次。91歳となった現在も精力的に創作活動に取り組み、新しい映画を世に送り出し続けている。そしてこの度、63年の映画監督歴を辿る初のオフィシャルWEBサイト【山田洋次 Official Site】がオープンした。

山田洋次 Official Site

山田洋次 Official Site
【映画を愛する人たちへ 感謝を込めて。】映画監督・山田洋次オフィシャルサイト

 トップページには、今に続く監督人生の軌跡を辿るように、さまざまな時代の写真をローテーションで掲載。若かりし頃の姿や、『男はつらいよ』シリーズで主演を務めた渥美 清さんとの貴重な2ショット写真なども見ることができる。

ⓒ松竹株式会社

 山田洋次監督は1931年、大阪府生まれ。54年に助監督として松竹へ入社して、61年『二階の他人』で監督デビュー以後、『男はつらいよ』シリーズ、『家族』『故郷』『同胞』『幸福の黄色いハンカチ』『息子』『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』『母べえ』『東京家族』『小さいおうち』『母と暮せば』『家族はつらいよ』『キネマの神様』など、数多くの名作・ヒット作を手掛けてきた。その全90作品を網羅した「FILMS:作品一覧」ページには、各作品に向けた監督自身の「演出のことば」も掲載されている。また、山田監督のプロフィールや最新情報などが掲載され、今後もコンテンツを追加予定。

ⓒ松竹株式会社

 【映画を愛する人たちへ 感謝を込めて。】――山田洋次のオフィシャルサイトに、今後もぜひご注目いただきたい。

ⓒ松竹株式会社

 (オフィシャル素材提供)

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました