作品紹介

『市子』

©2023 映画「市子」製作委員会

イントロダクション

 杉咲 花主演の映画『市子』が2023年12月8日(金)に公開されることになった。
 本作は、監督の戸田彬弘が主宰する劇団チーズtheater旗揚げ公演作品でもあり、サンモールスタジオ選定賞2015では最優秀脚本賞を受賞した舞台「川辺市⼦のために」が原作。観客から熱い支持を受け2度再演された⼈気の舞台を映画化する。

 川辺市子(杉咲 花)は、恋人の長谷川義則(若葉竜也)からプロポーズを受けた翌日に、突然失踪。長谷川が行方を追い、これまで市子と関わりがあった人々から証言を得ていくと、彼女の底知れない人物像と、切なくも衝撃的な真実が次々と浮かび上がる……。彼女が背負った過酷な宿命。名前を変え、年齢を偽り、社会から逃れるように生きてきた。なぜ、彼女はそのような人生を歩まなければならなかったのか? 市子が、幸せな暮らしを自ら捨ててでも、手にしたかったものとは――。

 痛ましいほどの過酷な家庭環境で育ちながらも「生き抜くこと」を諦めなかった川辺市子を演じるのは杉咲 花。抗えない境遇に翻弄された彼女の壮絶な半生を、凄まじい熱量で体現。「精根尽き果てるまで心血を注いだことを忘れられません。その日々は猛烈な痛みを伴いながら、胸が燃えるほどあついあついものでした。」と言い切るほど、杉咲が全身全霊を捧げ、芝居を超えて役を生き抜く姿が鮮烈にスクリーンに刻まれる。
 市子が3年間一緒に暮らしていた恋人の長谷川を演じるのは、若葉竜也。この重厚な物語の軸を担う長谷川が、少しずつ市子の真の姿を知る過程で揺れ動く感情の変化を繊細に演じ切る。杉咲との共演も多く信頼関係を築いてきた若葉だからこそ、彼女の女優としてのリミッターをはずす重要な存在にもなったに違いない。さらに、共演陣には森永悠希、渡辺大知、宇野祥平、中村ゆり、倉 悠貴、中田青渚、石川瑠華、大浦千佳が名を連ね、市子の知られざる人物像や過去を第三者の目線から映し出していく。

©2023 映画「市子」製作委員会
©2023 映画「市子」製作委員会

ストーリー

 川辺市子(杉咲 花)は、3年間一緒に暮らしてきた恋人の長谷川義則(若葉竜也)からプロポーズを受けた翌日に、忽然と姿を消す。途⽅に暮れる⻑⾕川の元に訪れたのは、市⼦を探しているという刑事・後藤(宇野祥平)。後藤は、⻑⾕川の⽬の前に市子の写真を差し出し「この女性は誰なのでしょうか」と尋ねる。市子の行方を追って、昔の友人や幼馴染、高校時代の同級生……と、これまで彼女と関わりがあった人々から証言を得ていく長谷川は、かつての市子が違う名前を名乗っていたことを知る。そんな中、長谷川は市子が置いていったカバンの底から一枚の写真を発見し、その裏に書かれた住所を訪ねることに。捜索を続けるうちに長谷川は、彼女が生きてきた壮絶な過去と真実を知ることになる。

 (2023年、日本)

キャスト&スタッフ

 出演:杉咲 花、若葉竜也、森永悠希、倉 悠貴、中田青渚、石川瑠華、大浦千佳、渡辺大知、宇野祥平、中村ゆり
 監督:戸田彬弘
 原作:戯曲「川辺市子のために」(戸田彬弘)
 脚本:上村奈帆、戸田彬弘
 音楽:茂野雅道

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

12/8(金)公開『市子』公式サイト
映画『市子』公式サイト。12/8(金)全国公開!プロポーズを受けた翌日に、突然姿を消した――過酷な宿命を背負った女性・川辺市子の壮絶な人生を描く、杉咲 花最新主演作!

 公式Twitter:@movie_ichiko

公開表記

 製作幹事・配給:ハピネットファントム・スタジオ
 12月8日(金) テアトル新宿、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました