作品紹介

『ドミノ』

© 2023 Hypnotic Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

イントロダクション

 選んだ脚本に外れなし:ベン・アフレック×映像の魔術師:ロバート・ロドリゲス監督がタッグを組んだ本作は、公開されるやいなや、瞬きさえも許さないその挑戦的なストーリーと革新的な映像で一気に話題を浚った。
 刑事:ダニー・ロークは、最愛の娘の行方不明に、心身のバランスを崩しているが、正気を保つために仕事に復帰。そんな彼のもとに、銀行強盗の予告のタレコミが入る。現場で不可解な動きをする容疑者が、娘の行方に関与している手がかりを見つけたロークは、ふたりの警官を伴って屋上まで男を追い詰めるも、警官は突然暗示をかけられたようになってお互いを撃ち殺し、男は屋上から飛び降り姿を消す。決して捕まえられない男を追い、現実と見紛う<世界>に踏み込み追い詰められていくダニーはやがて――。
 次々に、はまっていくどんでん返しのドミノの連鎖。ラストに待ち受けるのは、想像の3周先を行く驚愕のラスト。必ず、もう1度観たくなる。世紀のアンリアル・エンターテインメント!

ストーリー

 刑事:ダニー・ローク(ベン・アフレック)は、最愛のひとり娘ミニーの行方不明に心身のバランスを崩し、悲しみから立ち直れずにいる。そんな彼のもとに、銀行強盗が計画されているという匿名の通報が入る。監視するロークが目を付けたのは、銀行の外にいたひとりの怪しげな男(ウィリアム・フィクナー)。ロークは急いで銀行に駆けつけ、男より先に目的の金庫を開けると、中に入っていたのはなんとミニーの写真だった。写真には、「レヴ・デルレーンを見つけろ」と書かれている。ロークはふたりの警官を伴って屋上まで男を追い詰めるも、警官は突然暗示をかけられたようにお互いを撃ち殺し、男は屋上から飛び降り姿を消す。いったい、何が起こったのか。
 この男がミニーの行方の鍵を握っていると確信したロークは、ダイアナ・クルーズ(アリシー・ブラガ)という名の占い師にたどりつく。人の心を操る能力を持つ彼女は、男の正体を教えてくれる。彼とクルーズはかつて同じ秘密組織に所属していたというのだ。そこにミニーはどうつながるのか。
 決して捕まえられない男を追い、現実と見紛う<世界>に踏み込み追い詰められていくロークはやがて――。

 (原題:HYPNOTIC、2023年、アメリカ、上映時間:94分)

ギャラリー

特報

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『ドミノ』公式サイト
娘を探す刑事は、その鍵を握る‘絶対に捕まらない男’を追い、〈世界〉に迷い込む。かつてない映像体験! かつてないギミック! かつてないどんでん返し! - 10.27 FRI

 公式X:@domino1027

公開表記

 配給:ギャガ、ワーナー・ブラザース映画
 10月27日(金)より、全国ロードショー!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました