最新ニュースアニメ

『北極百貨店のコンシェルジュさん』公開日決定!本予告&本ポスタービジュアル解禁!主題歌はMyukの新曲「Gift」に決定

©2023西村ツチカ/小学館/「北極百貨店のコンシェルジュさん」製作委員会

 小学館「ビッグコミック増刊号」で2017年から連載を開始し、「第25回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞」を受賞した、鬼才・西村ツチカによる「北極百貨店のコンシェルジュさん」(小学館)が待望の映画化が決定、今秋公開も決定した! 監督は、『パプリカ』(2006)、『風立ちぬ』(2013)など多くの作品に原画として参加し、「ボールルームへようこそ」(MBS/2017)でTVアニメ初監督を務めた板津匡覧が、満を持して初の劇場版アニメ監督を務める。脚本は、第1回市川森一脚本賞を受賞した「恋するハエ女」(NHK/2012)や、「忘却のサチコ」(テレビ東京/2018)、「凪のお暇」(TBS/2019)、など数々の話題作を手掛けてきた大島里美。豪華スタッフが集結した本作を、「ハイキュー!!」「PSYCHO-PASS サイコパス」「攻殻機動隊」など、作品のテイストに合わせたハイクオリティな映像に定評があり、国内に留まらず海外での評価も高いProduction I.Gが制作する。キャラクターデザインには、TVアニメ「風が強く吹いている」(日本テレビ/2018)で初作画監督を務めた若手実力派クリエイターの森田千誉。そして、音楽プロデューサー、DJとして様々なアーティストのプロデュースや楽曲提供、楽曲のリミックスを行うtofubeatsが劇中の音楽を担当する。
 新人コンシェルジュとして働く主人公・秋乃を、アニメ「放課後ていぼう日誌」や「ひげを剃る。そして女子高生を拾う」、「RPG不動産」で鮮烈な印象を残している川井田夏海、百貨店内をなぜかいつも歩いている謎のペンギン・エルルを、2020年声優アワード新人男優賞を受賞し、「【推しの子】」でも注目の大塚剛央、そして、ケナガマンモスの造形作家・ウーリーを、「テニスの王子様」「呪術廻戦」など人気作品に多く出演し、俳優としても活躍中のトップ声優・津田健次郎が演じる。
 映画化情報が発表され、SNS中心に「アニメ映画化嬉しい!」「原作好きだから楽しみだな」と話題となった本作。海外からの注目も高く、フランス南東部の都市アヌシーで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭2023の「Screening Events(特別上映)」部門に正式に招待されたほか、本年度のファンタジア国際映画祭にも招待となった。

コンシェルジュの辞書に“NO”の文字は無し!?
この度、個性豊かなお客様のおもてなしに奮闘する秋乃の姿が描かれた、本予告&本ポスタービジュアルが解禁!
さらに主題歌は、Myukの新曲「Gift」に決定した!

 一度聞いたらクセになると評判の北極百貨店のテーマ・ソングに合わせて映し出されるのは、個性豊かな動物のお客様と、色鮮やかに描かれた百貨店の店内。新人コンシェルジュとして働き始めた秋乃は、あらゆる悩みを抱えたお客様の願いを叶えるべく、全力でお客様に向き合うが、真っ直ぐ過ぎる思いが空回りをして、上手くいかないこともしばしば……。謎のペンギン・エルルを踏みつけたり、店内で求愛行動を始めたクジャクのお客様へ失礼な言い方をしてしまったり、特に丁重なおもてなしが求められる、V.I.A(絶滅種)のお客様にも怒られてしまったりと、日々悪戦苦闘中。「君はこの百貨店に必要ない」と告げられた際には涙を浮かべながらも、「精一杯のおもてなしをしたい」という想いを持ち続け、全力で仕事に向き合う中で成長していく秋乃。そんな彼女を思わず応援してしまう予告映像となっている。

 予告とあわせて解禁されたポスタービジュアルでは、笑顔で店内へお客様を招き入れる秋乃を中心に、個性豊かな動物のお客様が勢揃い。特大サイズで穏やかな表情を見せるケナガマンモスの造形作家・ウーリーや、心配そうな顔つきで本を抱き抱えるバーバリライオン、背中を丸めながら歩くニホンオオカミの姿など、表情や動きも細かく描かれている。さらに、こっそりと秋乃の仕事ぶりを観察するフロア・マネージャーの東堂や、先輩コンシェルジュの森と岩瀬の姿もあり、従業員と秋乃の関係性が表れている。描かれた動物たちや従業員、それぞれの人生がこの北極百貨店でどのように交わっていくのか物語の想像を掻き立てられるビジュアルとなっている。
 そして、秋乃はどのようにお客様の想いを繋げることができるのか。失敗しながらも、全力で仕事に向き合う、最高にかわいい秋乃の姿に心奪われること間違いなし!

 さらに主題歌は、柔らかい歌声に定評のある今注目の女性シンガー・Myukの「Gift」に決定! 初めて映画主題歌を務めるMyukは、「秋乃さんや北極百貨店に訪れるお客さんたちのような真心に寄り添えるように、心こめて歌いました。tofubeatsさんのサウンドと映画と共に楽しんでいただけたら嬉しいです!」とコメントを寄せている。Myukの優しい歌声と、tofubeatsが奏でるサウンドが、映画をさらに盛り上げる。

Myuk コメント

 今回初めて映画の主題歌を担当させていただくこと、それが「北極百貨店のコンシェルジュさん」という作品であること、大変光栄に思います。
 大切な人に笑っていてほしいと思う気持ちや素直に想いを伝える勇気は、相手だけでなく自分自身をも暖かく照らしてくれる木漏れ日のように感じます。
 秋乃さんや北極百貨店に訪れるお客さんたちのような真心に寄り添えるように、心こめて歌いました。tofubeatsさんのサウンドと映画と共に楽しんでいただけたら嬉しいです!

Myuk プロフィール
 熊本県出身。
 中学生の頃よりシンガーソングライターとして活動し、「Myuk」として2021年メジャーデビュー。
 Myukは、スウェーデン語で「やさしさ」「やわからさ」の意味を持つ”Mjuk”と本名(Miyu Kumagawa)からの造語。
 音楽に救われた経験から、自分もそういった存在になれるようにと柔らかくも、意思の強さを秘めたその歌声で、音楽を発信していく。

 Official site:https://myuk.jp(外部サイト)
 YouTube:https://youtube.com/@myukmusic(外部サイト)
 TikTok:https://www.tiktok.com/@myukmusic(外部サイト)
 Twitter:https://twitter.com/myukmusic(外部サイト)
 Instagram:https://www.instagram.com/myukmusic(外部サイト)

原作・西村ツチカ先生 コメント

 アニメーション映画はたくさんのプロフェッショナルの方々の手によって磨かれた多くの要素が総合していてとてもカラフルで、自分のモノトーンな原作漫画を個人商店にたとえるなら、本作はまさに百貨店だと感じました。
 北極百貨店といういろいろな動物たちが楽しく時間を過ごすための環境が、こうして形を変えつつアニメや映画の世界にまで広がることは、なにより動物たちにとって喜ばしいことと思います。
 また個人的に、かつて大型百貨店の薄暗い片隅で働きながら強烈にまぶしい売り場を眺めておぼえた不条理な感覚が漫画を描く大きな動機でしたが、華やかな本作を観てその初心を思い出し、大きな刺激をいただきました。
 どうもありがとうございます!

第27回ファンタジア国際映画祭にて長編アニメ部門観客賞銀賞を受賞!

 7月20日(木)~8月9日(水)で開催された第27回ファンタジア国際映画祭のAxis部門にて上映され、客席から割れんばかりの大きな拍手や、「コンシェルジュ・マジック!」などとコールアンドレスポンスで盛り上がりを見せた本作が、“Silver Audience Award for Best Animated Feature”(日本語:長編アニメ部門観客賞銀賞)を受賞した!
 映画祭では、現地に赴き舞台挨拶に登壇した板津監督とキャラクターデザイン・作画監督の森田氏のサイン会が行われ、行列ができるほどの大盛況ぶりだった。

©2023西村ツチカ/小学館/「北極百貨店のコンシェルジュさん」製作委員会

ムビチケカード

 第2弾特典での販売決定!(ムビチケカードの絵柄は変更ありません。)
 第2弾特典は本ビジュアル仕様のオリジナルクリアファイル(A6サイズ)。ぜひ各劇場でお買い求めください。
 ※ 第1弾特典のクリアファイル付きムビチケカードは9月7日(木)までで販売終了となります。

©2023西村ツチカ/小学館/「北極百貨店のコンシェルジュさん」製作委員会

 【販売開始】上映劇場にて9月8日(金)より販売開始/劇場リストはこちら(https://hokkyoku-dept.com/theater/、外部サイト)
 【特典】オリジナルクリアファイル(A6サイズ)
     サイズ:A6判(105mm×148mm)
     環境に配慮し、再生PPを50%配合したエコ素材を使用しています。
  ※ 特典には数に限りがございます。なくなり次第、ムビチケカードのみの販売となります。
  ※ デザインはイメージです。

 【金額】1,400円(税込)

公開表記

 配給:アニプレックス
 10月20日(金) 公開!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました