イベント・舞台挨拶

『春に散る』公開直前イベント

©2023映画『春に散る』製作委員会

 佐藤浩市×横浜流星のW主演で沢木耕太郎の最高傑作小説を映画化した『春に散る』(8月25日公開)。8月22日には都内で公開直前イベントが実施され、主演の佐藤浩市と横浜流星、共演の橋本環奈、そして書き下ろし主題歌『Life Goes On』を歌い上げたAIが登壇した。

 公開を3日後に控えたこの日、黒木翔吾(横浜)に夢を託す元ボクサーの仁一を演じた佐藤は「映画を観終わった後のゴハンが美味しくなると約束します!」と満席の客席に向かって挨拶。ボクサーとして再起を目指す黒木翔吾役の横浜も「短い時間の舞台挨拶となりますが、楽しんでいきましょう!」とさわやかスマイルでトークをスタートさせた。

 主演の佐藤と横浜は、本作PRのために大阪や名古屋をキャンペーン。佐藤は「グルメロケなど普段やらないようなこともたくさんやりました」と報告し、横浜は「浩市さんからは学ぶことしかないので何かを吸収できればいいと、一挙手一投足を見逃さずにいました」とベテランとの二人三脚PRを回想した。さらには「名古屋限定ですが、少しでも浩市さんに近づくことができればと思って、浩市さんのハットをかぶらせてもらいました!」と嬉しそうにプチ情報を報告した。

 一方、仁一の姪・広岡佳菜子役の橋本は「ボクシングには心を突き動かされるような、日常にはない熱量がある。試合を見て感動して泣いたり、思わず声が出てしまったり。それだけ心を動かされるのはすごいこと」などと本作を通してボクシングの魅力に開眼していた。

 「3回泣きました!」と感涙を告白したのは、主題歌担当のAI。「自分も母親なのでお母さんが出てくるところとかで……。でも今日は本編上映前の舞台挨拶なのでそれ以上は言えませんね。あとは作品を楽しんで観てください。ここのことを言っていたのか!と分かります」と予告し、横浜は「作品が届いて嬉しいです」とAIの好反応にしみじみ。佐藤も「女性の目線で観た時にグッと来る部分と男性が観てグッと来る部分。その細部の違いはあるけれど、皆が同じように感動を得てくれているのは嬉しい」と手応えを感じていた。

 そんな中、AIは「映画に通じ合いたいと思いながらも、命を大事にしてほしいという気持ちを混ぜ合わせながら作りました」と楽曲制作秘話を明かしながら、主題歌『Life Goes On』を生熱唱!

 力強い歌声に聴き惚れた佐藤は「この歌を映画の終わりに聴いたとき、皆さんの心の中にもまた熱いものが込み上げてくるはず」と力説し、横浜も「もう言葉が出てこない。もはやプラス料金を支払わないと……。幸せな時間をありがとうございます!」と笑わせつつ大興奮。橋本は「歌詞がダイレクトに響く歌声のすごさ! 映画の内容にマッチした素敵な曲」と感激。キャスト陣が見守る中での歌唱ゆえに緊張したというAIだが「歌っているときに横浜さん演じる翔吾のボクシング・シーンを頭に思い浮かべていました」としっかりと心を込めていた。

 最後に主演の横浜は「映画公開まで残すところあと3日です。この作品が皆さんのもとに届き、心に残る大事な作品になることを心より願っています」と祈願。佐藤も「僕らの映画作りとは、完成した時がゴールではなく、公開されて皆さんの目に触れて初めてゴール。そのゴールまであと3日です。2023年の夏に、噛めば噛むほど味が出る映画が出来ました。ぜひ楽しんでください!」と大ヒットスタートに期待をかけていた。

 登壇者:佐藤浩市、横浜流星、橋本環奈、AI

公開表記

 配給:ギャガ
 8月25日(金)全国公開

 (オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました