作品紹介

『ほつれる』

イントロダクション

 演劇界で注目を集める気鋭の演出家・加藤拓也が監督し、門脇 麦(『愛の渦』『あのこは貴族』)が主演を務める映画『ほつれる』が9月8日(金)、新宿ピカデリーほか全国公開することが決定した!
 本作を監督するのは、「もはやしずか」「ザ・ウェルキン」で第30回読売演劇大賞優秀演出家賞、「ドードーが落下する」で第67回岸田國士戯曲賞を受賞するなど演劇界で注目を集める気鋭の演出家・加藤拓也。「平成物語」(18/CX)、「俺のスカート、どこ行った?」(19/NTV)、「きれいのくに」(21/NHK)など話題のテレビドラマの脚本も手掛ける。本作は、昨年公開され、そのリアリティ溢れる台詞まわしで観客の心を揺さぶり、演出家としての手腕を見せつけた初長編映画『わたし達はおとな』を経て臨んだ、オリジナル脚本・長編監督映画2作目。ある出来事をきっかけに、夫や周囲の人々、そして自分自身とゆっくりと向き合っていくひとりの女性の姿を捉える。
 主演を務めるのは、実力派俳優・門脇 麦。『愛の渦』(14)での演技が評価されTAMA映画賞最優秀新進女優賞、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞を受賞、『二重生活』(16)で映画初主演を果たし、以来話題作に多数出演し、『あのこは貴族』(21)、大河ドラマ「麒麟がくる」(20/NHK)、「リバーサルオーケストラ」(23/NTV)などに続き『渇水』(23)の公開が控えている。目の前の現実に揺れる主人公の心の機微を繊細に演じ上げるさまにぜひご期待いただきたい。
 綿子の夫・文則役には、映像・舞台とマルチに活躍する俳優・田村健太郎。『すばらしき世界』(21)、大河ドラマ「どうする家康」(23/NHK)、「ブラッシュアップライフ」(23/NTV)など映画・ドラマでも欠かせない存在である田村。綿子との関係に苦悶する文則の緊張感あふれる姿から目が離せない。
 さらに、その存在が大きな転回点となる男・木村を演じるのは染谷将太。『ヒミズ』(12)で第68回ヴェネチア国際映画祭、日本人初となる最優秀新人俳優賞を受賞し、以来出演作で圧倒的な存在感を放ち続けている。綿子の親友・英梨を『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16)、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(21)、『せかいのおきく』(23)の黒木 華が演じる。

ⓒ2023「ほつれる」製作委員会&COMME DES CINEMA
ⓒ2023「ほつれる」製作委員会&COMME DES CINEMA

ストーリー

 綿子と夫・文則の関係は冷め切っていた。綿子は友人の紹介で知り合った木村とも頻繁に会うようになっていたが、あるとき綿子と木村の関係を揺るがす決定的な出来事が起こってしまう。
 平穏に見えた日常の歯車が、徐々に狂い始める――過去を振り返るうち、綿子は夫や周囲の人々、そして自分自身と向き合っていくことになる。

 (2023年、日本、上映時間:84分)

キャスト&スタッフ

 出演:門脇 麦、田村健太郎、黒木 華/染谷将太
    古舘寛治、安藤 聖、佐藤ケイ、秋元龍太朗、金子岳憲、安川まり
 監督・脚本:加藤拓也
 製作:『ほつれる』製作委員会
 製作幹事:メ~テレ ビターズ・エンド
 制作プロダクション:フィルムメイカーズ

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『ほつれる』公式サイト
主演・門脇麦×監督・脚本:加藤拓也。気鋭の演出家と実力派俳優が織り成す人間ドラマが、観る者の心に迫る——。9月8日(金)、新宿ピカデリーほか全国公開。

公開表記

 配給:ビターズ・エンド
 9月8日(金)、新宿ピカデリーほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました