最新ニュース映画祭・特別上映

『熱のあとに』第28回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門にてワールドプレミア決定!2024年2月に公開決定&コメント到着

©2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisya

 主演に橋本 愛、出演に仲野太賀、木竜麻生を迎えた、山本 英監督最新作『熱のあとに』が第28回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門にてワールドプレミア上映されることが決定! 併せて、2024年2月に新宿武蔵野館、渋谷シネクイント他にて全国公開することが決定した。

 本作は、過去に愛した恋人を刺し殺そうとした沙苗が、数年の服役後、別の男との結婚を経て、もがきながらも愛し方を模索していく物語。主人公・沙苗のキャラクターは、2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件にインスパイアを受けている。

 沙苗を演じるのは『桐島、部活やめるってよ』(12)などで第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)、『ホリックxxxHOLiC』(22)などに出演、『ザ・フラッシュ』(23)では声優を務めるなどジャンルを超えて幅広い活躍を見せている橋本 愛。罪を背負いながらも、自分の愛し方を貫き通そうとする女性を鮮烈に演じきる。沙苗の過去を知りながらも結婚に踏み切る夫・健太を演じるのは、『ゆとりですがなにか インターナショナル』(23)、「笑いのカイブツ」(24)などの公開作が続々と控えており、その確かな演技力で映画やドラマに引っ張りだこの仲野太賀。沙苗の言動に翻弄されながらも、彼女の愛を理解しようと奮闘する男を体現する。沙苗たちに親し気に接してくる謎めいた女性・足立を演じるのは、主演作『わたし達はおとな』(22)で北京国際映画祭フォーワードフューチャー部門最優秀女優賞を受賞し、『Winny』(23)、『福田村事件』(23)など話題作からのオファーが止まらない木竜麻生。結婚生活が始まったばかりの沙苗の前に突然現れた足立。彼女の秘密が明かされるとき、運命の歯車が狂いだす――。

 監督は、東京藝術大学大学院で諏訪敦彦、黒沢 清らに師事し、修了制作『小さな声で囁いて』(18)がマルセイユ国際映画祭、全州国際映画祭などに出品された新進気鋭の若手監督・山本 英。山本が脚本のイ・ナウォンと長年あたためていた本作の企画は第21回東京フィルメックスにてNew Director Awardを受賞。4年の歳月を経て、この度完成にこぎつけた。

 本作は今年10/4~13に韓国・釜山で開催される第28回釜山国際映画祭のニューカレンツ部門に出品、ワールドプレミア上映されることが決定した。
 釜山国際映画祭はアジア最大級の映画祭で、韓国のみならずアジアの映画産業を発展することにも貢献している。今回正式出品となったニューカレンツ部門はアジアの新進気鋭の映画監督の1~2作目が対象となる部門。近年は『はちどり』(18)、『由宇子の天秤』(20)、『さがす』(22)などが出品され、いずれも国内外で高い評価を受けている。

キャスト・監督 コメント

橋本 愛
 監督からいただいたお手紙と、ナウォンさんの脚本を初めて読んだとき、この映画を私に委ねようと思ってくださったことに、喜びで胸がいっぱいになりました。
 この映画に出合えたこと、スタッフキャストのみんなに出会えたこと、かけがえのない日々を過ごせたことは、生涯の宝物です。
 釜山国際映画祭、おめでとうございます。
 観客の皆さんがどのように受け取ってくださるのか、すごく楽しみです。

仲野太賀
 『熱のあとに』が釜山国際映画祭でお披露目できること、非常に嬉しく思います。
 オファーを頂いた時、あまりにも強烈な脚本に驚きました。
 この作品がどんなカタチで映画になるのか、ページを捲るたびに興奮したのを覚えています。振り返ってみたら2週間ほどの短い撮影期間でしたが、山本英監督をはじめとする映画を愛するスタッフ、そして主演の橋本さん、木竜さんとの映画作りはあまりにも豊かで、僕にとってかけがえのない作品になりました。

木竜麻生
 映画『熱のあとに』釜山国際映画祭出品おめでとうございます。
 山本 英監督の初長編監督作品を、監督をはじめ今回のキャスト、スタッフの皆さんと多くの時間を共有しながら撮影に臨みました。
 濃密で、心地いい温度と緊張感のある、そして学びのある時間でした。
 映画が皆さんに届くこと、とても嬉しく思います。

山本 英監督
 愛すること、生きること。
 この二つが一直線に繋がって密接に関わり合う。そんな燃え盛る激情のような愛を映画にしたい、その一心で長い時間をかけて紡いできた作品です。
 社会や他者など関係なく、それら全てを敵に回したとしても自分の信じる愛を守り通そうとする沙苗の姿に、私は見果てぬ夢を託したのかもしれません。
 自分にとって『熱のあとに』は撮らなくては前に進めなかった映画です。
 共に歩んでくださったキャスト、スタッフの皆様に心より感謝いたします。

キャスト&スタッフ

 出演:橋本 愛、仲野太賀、木竜麻生
 監督:山本 英
 脚本:イ・ナウォン
 プロデューサー:山本晃久
 製作:ねこじゃらし、ビターズ・エンド、日月舎
 制作プロダクション:日月舎

公開表記

 配給:ビターズ・エンド
 2024年2月、新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました