最新ニュース

『4つの出鱈目と幽霊について』ポスタービジュアル解禁&小川あん 斉藤陽一郎 祷キララほか コメント到着!

©2023 GBGG Production

 幽霊の「出現」ではなく、幽霊について「語る」ことに焦点を当てた4つの物語、山科圭太監督最新映画『4つの出鱈目と幽霊について』が、12月1日(金)、シモキタ-エキマエ-シネマK2ほか全国順次決定!
 あわせてメインビジュアルが解禁、キャスト11名のコメントが到着した。
 執筆中の小説家が、街を彷徨う第1話「CAT IN THE FOG」。
 姉妹が森の中で、父親のオバケを探す第2話「SISTER’S VIEW」。
 同居人が突然、兄の幽霊になったと告げる第3話「幽霊を愛する方法」。
 就活生が盲目の旅人と出会い、ある示唆をうける第4話「むかしむかし、ある国で」。
 それぞれの幽霊についての語りは、ときに重なり、やがておぼろげに1つの世界をつくっって、寓話性を伴いながら、世界の在り方を仄めかす。

 出演は、『PLASTIC』『石がある』(第73回ベルリン国際映画祭出品)主演の小川あん、青山真治監督作品常連の斉藤陽一郎、『やまぶき』『サマーフィルムにのって』の祷キララ、チェルフィッチュ、ロロ、モダンスイマーズなど演劇界より伊東沙保、TVドラマ、舞台で独特の存在感を放つ長井 短など、個性溢れるキャストが集結。
 監督は、『ホディ・リメンバー』以来、2本目の監督作となる俳優の山科圭太。カメラマンをはじめ4作品とも異なるスタッフ陣の中、音楽のみ全篇を通して東京塩麹の額田大志が担当。

 かつてあったこと。でも本当はなかったかもしれないこと。世界にひっそりと潜む物語たちが、視覚に捉われすぎる私たちに、ささやきかけるようなヒューマン・ドラマが誕生した。

コメント

小川あん
 山科監督とは、映画や文学、建築など興味の惹かれる類が似ているところがあり、よくお話をしました。
どれも共通しているのは「現実と非 現実の狭間、異空間への通路」について。その「神秘性がどのように表れているか」について。そして、『4つの出鱈目と幽霊について』は、山科さんの着想と美学を感じました。
 作品が皆さんを現実世界と少し違うところへ、誘うことができていたら嬉しいです。

斉藤陽一郎
 幽霊を見たことはないが、その気配だけは常日頃から感じている。いつもの帰り道。
 路地を曲がるとそこには全く知らない世界が広がっていて、亡くなった友人たちがヒョイと顔を出してくれそうな気がして、小走りで角を曲がってみたりする。今日も幽霊たちに出会うべく、曲がり角を左に、左にと4つ曲がってみる。
 しかし、曲がり角の先に立っていたのは爽やかな笑顔の山科圭太だった。
 果たしてここは元いた世界だろうか? 爽やかは恐ろしい。

祷キララ
 幽霊って、こわい。でももし幽霊がいるのなら、亡くなった会いたい人やペットとも会えるんじゃないか。
 脚本を読んだとき、小さい頃ぼんやり考えていたそんなようなことを思い出して懐かしくなりました。
 撮影は山の中だったので、大雨に虫にと忙しなくじつは幽霊どころではなかったのですが、、不思議なくらいどんどん自然が味方してくれて、幽玄な映像が出来上がっていたのでした。ぜひおたのしみに、観てください。

伊東沙保
 あのときあれを言えていればとか、すぐに行けばよかったとか、そんな会いたい人が幽霊になってくれるといいな。
 幽霊で側にいてほしい。生きていても死んでいても目の前にいない人のことを考えるとき、その人は「幽霊」の状態なのかもしれないと山科さんの作品を観ながら考えていました。

吉田正幸
 山科くんは映画に対してかなり複雑な欲望を持っていた。しかもその複雑さを複雑なまま映像化しようと試みているようだった。
 それでいて 本人は妙に気さくなのが変だし、そもそも俳優かどうか定かでない私を起用するのも変だ。
 そんな気さくさあふれる複雑さを多くの人に味わって欲しい。

今野誠二郎
 撮影に向けて架空の猫を訪ねてまわっていたとき、「猫の奇跡」みたいなタイトルの本か道端で蟻にたかられていました。
 あの時からずっと、出鱈目の中にいるのかもしれません。

アイダミツル
 10年住んだ大好きなビルを建て壊し前に撮ってもらえたことがとても誇らしいです、良かったねビル。
 自身に関しては映像作品に出演するのが初めてということてずいぶん緊張していましたが貴重な体験でした、良かったね自分。

生実 慧
 関内駅そばの雑居ビルに囲まれたひと気のないアパートの一室での撮影、短い時間でしたが、とても印象深いひとときでした。

用松 亮
 幽霊みたいな存在もコンタクトを取ればなんてことないものなんだと感じていただければ。
 山奥と廃墟での撮影は過酷でしたが、 楽しく非常に良い経験をさせてもらったと思います。
 いつもは舞台ばかり出演していますので、映画出演は久しぶりでした。
 アップで撮られるのは慣れませんで、どうぞ見てやってください。


長井 短
 机の上に広がる食べかけのお菓子やパンを囲みながら、みんなで目を閉じていた時間をよく覚えています。
 これは映画でお芝居だけど、ここにいる私自身が感じる心地よさは事実で嘘がなく、あれ?何してるんだっけ?と思うような不思議な撮影でした。

森 優作
 山科さんとは玉田企画の舞台きっかけで知り合って、今回の作品に出演させてもらいました。
 監督としての山科さんが作るモノと、役者としての山科さんに良い意味でものすごくギャッフを感じ、現場も楽しかったです。

山科圭太(監督・編集・プロデューサー)
 日々生きる上で、情報量の多さに圧倒されます。それもほとんど目からの情報です。でも目には見えないものにも、大切なことはたくさん潜んでいます。単なる情報は捨てて、見えないものに目を向けてみませんか。この映画を観ていただいたあと、ふっと肩の力が抜けて、物事の捉え方がほんの少しでも変わるようなことがあれば、この上なく嬉しく思います。

ストーリー

第1話「CAT IN THE FOG」
 小説家の渡辺(吉田正幸)は、ある郊外の街に滞在し執筆していた。
 渡辺はその街にとりつかれ、彷徨うことになる。

第2話「SISTER’S VIEW」
 ミドリ(祷キララ)は森の奥で父親のオバケを見たと、姉のアオイ(伊東沙保)を連れて行く。
 しかしそれは父親ではなかった。

第3話「幽霊を愛する方法」
 ユタカ(アイダミツル)と、その亡きパートナーの弟マコト(生実 慧)との共同生活。
 突然マコトが、兄ちゃんの幽霊になったと告げる。

第4話「むかしむかし、ある国で」
 就活生の真希(小川あん)は、自分の生き方や社会に対して疑問を持っていた。
 そんなとき盲目の旅人ナカダ(斉藤陽一郎)と出会い、ある示唆をうける。

 それぞれの幽霊についての語りは、ときに重なり、やがておぼろげに1つの世界をつくっていく……。

 (2023年、日本、上映時間:105分)

キャスト&スタッフ

 出演:小川あん、斉藤陽一郎、祷キララ、伊東沙保
    吉田正幸、今野誠二郎、アイダミツル、生実 慧、長井 短、用松 亮、森 優作
    奥田洋平、神田朱未、田中爽一郎、影山祐子、神谷圭介、深澤しほ、 鳥島 明
 監督・編集・プロデューサー:山科圭太
 音楽:額田大志
 脚本:三宅一平、山科圭太
 制作:田中 聡
 助成:文化庁「ARTS for the future! 2」

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『4つの出鱈目と幽霊について』公式サイト
12月1日(金)シモキタ-エキマエ-シネマK2ほか全国順次公開!小川あん、斉藤陽一郎、祷キララ、伊東沙保出演。幽霊についての語りが織りなす、ユーモラスな4つの寓話。

公開表記

 配給:GBGG Production
 12月1日(金)より シモキタ-エキマエ-シネマ K2 ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました