作品紹介

『バーナデット ママは行方不明』

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

イントロダクション

 リチャード・リンクレイター監督×ケイト・ブランシェット主演の話題作『where’d you go Bernadette(原題)』の邦題を『バーナデット ママは行方不明』として、9月22日(金)新宿ピカデリーほか全国公開する。
 『6才のボクが、大人になるまで。』がアカデミー賞®6部門にノミネートされ、映画ファンに愛されるヒット・メーカー、リチャード・リンクレイター監督待望の新作がこの秋いよいよ日本上陸。リンクレイターが今回映画化したのは、2012年に出版されニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーに約1年間リスト入りした、アメリカの作家マリア・センプルによる小説「where’d you go Bernadette」。アメリカで長く愛されるこの小説は、全米図書館協会アレックス賞を受賞するなど文学作品としても高い評価を得ている。この小説に魅せられたのがもう一人、主演のバーナデットを務めたオスカー女優、ケイト・ブランシェットだ。『ブルージャスミン』『キャロル』『オーシャンズ8』『TAR/ター』など多岐にわたるジャンルで幅広いキャラクターの主人公を演じてきたブランシェットは、元々原作の大ファンでバーナデット役を熱望。破天荒で常識を超えた言動に走る主人公バーナデットを、チャーミングで憎めない人物に作り上げた。そして、「笑えて、クレイジーで、元気になる  My Champlain Valley」「ケイト・ブランシェットが素晴らしい We Live Entertainment」と批評家からも絶賛を浴び、深い共感を呼ぶキャラクターを生み出したブランシェットは、本作で見事10度目となるゴールデン・グローブ賞ノミネートを果たした。

ストーリー

 シアトルに暮らす主婦のバーナデット(ケイト・ブランシェット)。夫のエルジー(ビリー・クラダップ)は一流IT企業に勤め、娘のビー(エマ・ネルソン)とは親友のような関係で、幸せな毎日を送っているように見えた。だが、バーナデットは極度の人間嫌いで、隣人やママ友たちとうまく付き合えない。かつて天才建築家としてもてはやされたが、夢を諦めた過去があった。
 日に日に息苦しさが募る中、ある事件をきっかけに、この退屈な世界に生きることに限界を感じたバーナデットは、忽然と姿を消す。彼女が向かった先、それは南極だった──!

 (原題:Where’d You Go, Bernadette、2019年、アメリカ、上映時間:108分)

キャスト&スタッフ

 監督・脚本:リチャード・リンクレイター
  脚本:ホリー・ジェント、ヴィンス・パルモ
 出演:ケイト・ブランシェット、ビリー・クラダップ、エマ・ネルソン、クリステン・ウィグ

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『バーナデット ママは行方不明』オフィシャルサイト
9月22日(金)新宿ピカデリー他全国公開|『TAR/ター』『オーシャンズ8』ケイト・ブランシェット主演×『6才のボクが、大人になるまで』リチャード・リンクレイター監督

公開表記

 配給:ロングライド
 9月22日(金)新宿ピカデリーほかにて全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました