最新ニュース

『イコライザー THE FINAL』初公開シーンを含む日本版予告解禁!

Equalizer 3

 アカデミー賞®受賞の名優デンゼル・ワシントン演じる元CIAトップエージェントのロバート・マッコールが、世の悪を完全抹消する闇の[仕事]請負人(通称:イコライザー)として暗躍する姿を描いた大ヒットアクション映画『イコライザー』。そのシリーズ最終章となる、『イコライザー THE FINAL』が10月6日(金)より全国の映画館で公開される。

シリーズ史上、最も激しい怒りとバイオレンスに満ちた【最終章】
最強最速の、伝説の【9秒】を刮目せよ!
ロバート・マッコールの正義が一線を超える、初公開シーンを含む日本版予告が解禁!

 善良な市民を守るため、イコライザーとしてこれまで数々の悪を葬ってきたロバート・マッコール。死と向き合い、苦しみを味わったマッコールが最後に辿り着いたのは、アマルフィ海岸沿いの小さな田舎町だった。シリーズ最終章となる本作ではアメリカ・ボストンから遠く離れたイタリアに舞台を移し、ローマ、ナポリ、アマルフィなどで初の長期海外ロケを敢行。シリーズ最大のスケールで物語が展開してゆく。生死を彷徨う自分を救ってくれた人々と街を守るため、強大なイタリアンマフィアに立ち向かうマッコールが予告映像の中でカウントするのはわずか9秒! これまで19秒で悪を抹消してきた彼が、最強最速の9秒で最後の[仕事]に挑む――。そして血を血で洗うバイオレンス満載の衝撃のクライマックス……最終章にして、マッコールの怒れる正義が一線を超える、初公開シーンを含んだ迫力の最新映像となっている。

堂々の全米初登場1位!「レイバー・デー」週末、歴代2位の大ヒット・スタート!

 本作『イコライザー THE FINAL』は9月1日(金)に全米3,965館で公開され、9月3日(日)までの3日間で3,450万ドル(約50億円)を稼ぎ全米初登場1位を獲得! 米Deadline誌によると9月4日(月)の祝日「レイバー・デー(労働者の日)」を含む4日間の興行収入は4,200万ドル(約61億円)までに上ると予想され、これは近年のレイバー・デー週末において、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)に次ぐ歴代2位の好成績であり、シリーズ最終章にして新たな記録を打ち立てた!
 (※9/4付Box Office Mojo調べ、1ドル=146円換算、9/4現在)

見事に完結を迎えた本作と、デンゼル・ワシントンの演技に賞賛の嵐!

 観客の出口調査「CinemaScore(シネマスコア)」ではAという評価を獲得!(9/4 午前9時時点)
 さらには映画批評家からも熱く絶賛する声が多数!

 ★“some of 2023’s best action”
  2023年、最高のアクション映画だ。(Simon Thompson, FORBES)
 ★“jaw dropping action that will blow you away”
  圧巻のアクションに、開いた口が塞がらない。(Simon Thompson, FORBES)
 ★“Denzel does it again.”
  デンゼル・ワシントンがまたやってのけた。(Simon Thompson, FORBES)

 ★“Denzel gives his best performance of the franchise”
  シリーズ史上、デンゼルの演技が最も素晴らしい。(Adnan Virk, CINEPHILE)

 ★“(this film has) everything audiences love about Washington”
  (この映画には)観客が好きなデンゼル・ワシントンが全て詰まっている。(Nick Schager, THE DAILY BEAST)

 ★“The Equalizer 3 is a powerful conclusion to a classic action franchise”
  『イコライザー THE FINAL』は傑作アクション・シリーズを力強く完結させた。(Simon Thompson, FORBES)
 ★ Denzel Washington and Antoine Fuqua deliver action greatness in a mesmerizing, pulse-pounding conclusion to the Equalizer trilogy.”
  デンゼル・ワシントンとアントワーン・フークワ(監督)は素晴らしいアクションと共に、『イコライザー』三部作を魅惑的で刺激的に完結させた。(Julian Roman, MOVIEWEB)

 ★“a bloody, satisfying, and deftly crafted conclusion right out of the gate.”
  残虐で、大満足な、卓越した結末が訪れる。(Simon Thompson, IGN)

公開表記

 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 10月6日(金) 全国の映画館で公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました