作品紹介

『イコライザー THE FINAL』

イントロダクション

 元CIAトップエージェントのロバート・マッコールが、19秒で世の悪を完全抹消する闇の[仕事]請負人(通称:イコライザー)として暗躍する姿を描いた『イコライザー』シリーズ。2014年に公開された1作目では、昼はホームセンターの従業員として働くマッコールが、少女テリーを救うためにロシアン・マフィアを壊滅。2018年の2作目ではタクシードライバーに転職し、CIA時代の同僚が惨殺された事件の真相を辿る中で、自分と同じく特殊訓練を受け、悪に転じたもう一人のイコライザーと対決。マッコールはいつの日も、法や警察が介入できない暴力に苦しむ弱き人々を救うため、とてつもない強さで冷静沈着に悪を抹消してきた。そのマッコールの完璧な[仕事]遂行ぶりは、まるでアメリカ版「必殺仕事人」と例えられ、今もなお多くのアクション・ファンを熱狂させ続けている!
 そしてついにシリーズ最終章となる本作! アメリカ・ボストンから遠く離れたイタリアに舞台を移し、ローマ、ナポリ、アマルフィなどで初の長期海外ロケを敢行。シリーズ最大のスケールで物語が展開してゆく。そして血を血で洗うバイオレンス満載の衝撃のクライマックス……最終章にして、マッコールの怒れる正義が一線を超える。
 主人公ロバート・マッコールを演じるのは、二度のアカデミー賞®受賞を誇る名優デンゼル・ワシントン。意外にも映画出演は約2年半ぶりであり、自身の代表作『イコライザー』シリーズに満を持して帰ってきた! また本作で初登場となる謎のCIA捜査官を演じるのは、デンゼルと映画『マイ・ボディガード』(2004)以来19年ぶりの共演を果たしたダコタ・ファニング。監督は、『トレーニング デイ』(2001)でデンゼルにアカデミー賞®主演男優賞をもたらし『イコライザー』シリーズなどで、デンゼルと熱い絆で結ばれ5度目のタッグを組むアントワーン・フークアが続投する。

ストーリー

 ある時、訪れたシチリアでの事件で負傷したことをきっかけに、肉体的にも精神的にも限界を迎えたロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は、アマルフィ海岸沿いの静かな田舎町に辿り着く。よそ者にも関わらず身内のように看病し、親しみをもって「ロベルト」と呼んで接してくれる街の人々。昼の顔、夜の顔を使い分け、長い時間をたった一人、誰にも頼らず生きてきたマッコールにとって、それはまさに癒しと救いだった。マッコールはこの街を安住の地と心に誓い、イコライザーのスイッチともいうべき腕の時計を外すことを決意。そこで穏やかに残りの人生を送るはずだった。
 しかし、小さなこの街にも悪の魔の手は忍び寄っていた。街の人たちが次々と凄惨な事件に遭うのを見て、マッコールは再び[仕事]を再開する。自分を救ってくれた大切な人々を、街を、今度は自分が救うため。善良なすべての人々を救うのがイコライザ―の流儀であり、マッコール自身の大いなる復讐でもあるのだ。しかしそれが引き金となり、事態はイタリア全土を巻き込む爆破テロ事件へと拡大してゆく……。
 一度外した時計を再び身に着けるマッコール。彼がカウントするのはわずか9秒。怒りが頂点に達したマッコールに、もはや19秒は必要ない。最後にして最大の[仕事]が始まる――。

 (原題:THE EQUALIZER 3、2023年、日本、上映時間:109分、R15+)

キャスト&スタッフ

 監督:アントワーン・フークア
 脚本:リチャード・ウェンク
 製作:トッド・ブラック、ジェイソン・ブルメンタル、デンゼル・ワシントン、アントワーン・フークア、スティーヴ・ティッシュ、クレイトン・タウンゼント、アレックス・シスキン、トニー・エルドリッジ、マイケル・スローン
・出演:デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング、デヴィッド・デンマン

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『イコライザー THE FINAL』 オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ
映画『#イコライザー THE FINAL』10月6日(金)全国の映画館で公開

 ソニー・ピクチャーズ公式X:https://twitter.com/SonyPicsEiga(外部サイト)
 ソニー・ピクチャーズ公式Instagram:https://www.instagram.com/sonypicseiga/(外部サイト)
 ソニー・ピクチャーズ公式TikTok: https://www.tiktok.com/@sonypicseiga
(外部サイト)

公開表記

 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 10月6日(金) 全国の映画館で公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました