最新ニュースTVドラマ・ネット映画アニメ

浦沢直樹×手塚治虫 国内外の漫画賞受賞の『PLUTO』レジェンド声優&ベテラン吹替声優集結

  エンターテイメントに特化した世界最大級の動画配信サービスを提供するNetflixは、この度漫画『PLUTO』をアニメーションシリーズ化し10月26日(木)よりに独占配信する。

 1964年、マンガの父・手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』の一遍として絶大な人気を博した『地上最大のロボット』は、2003年、『20世紀少年』、『YAWARA!』、『MONSTER』などメガヒットを続ける漫画家・浦沢直樹と、長崎尚志のプロデュースによって『PLUTO』(小学館ビッグコミックス刊)として蘇った。<人間と高性能ロボットが共生する近未来>で起こる上質なサスペンスドラマは、手塚治虫文化賞マンガ大賞をはじめ、“漫画界のカンヌ”と称されるアングレーム国際漫画フェスティバルのインタージェネレーション賞を獲得するなど国内外で高い評価を獲得、単行本の全世界累計発行部数は1,000万部を超える大ヒットとなった。
 さらに2015年には舞台化、2018年には再演も行われ、日本はもちろんイギリス、オランダ、ベルギーと欧州ツアーも敢行された。そして、日本初のTVアニメ「鉄腕アトム」の放送から60年となる2023年、「鉄腕アトム」の制作スタッフにも名を連ね、気鋭のスタジオ・MAPPAの創設者でもある丸山正雄の手によって遂に『PLUTO』がアニメーションとなって動き出す。

全世界に贈る【愛】と【憎しみ】の記憶の物語。混迷の時代に「PLUTO」を通して見える世界とは――

 そして、声の出演では、主人公ゲジヒト役にスパイ映画の金字塔『007』シリーズや映画『ナイブズ・アウト』シリーズで好演を博したダニエル・クレイグの吹き替えを担当している藤 真秀、アトム役には「SHAMAN KING」(2021)の主人公・麻倉 葉や「けいおん」の秋山 澪など幅広い演技経験を持つ日笠陽子、そしてウラン役は「マクロスΔ」にてヒロインのフレイア・ヴィオンを演じ、今年歌手活動5周年を迎えた鈴木みのりら人気・実力ともに兼ね備えたキャストが名を連ねる。さらに、ゲジヒトやアトムと同じ世界最高水準の7人のロボットたちであるモンブラン役を安元洋貴、ノース2号役を山寺宏一、ブランド役を木内秀信、ヘラクレス役を小山力也、エプシロン役を宮野真守、物語の鍵を握るロボット・プルートゥ役に関 俊彦と、浦沢直樹が描いたサスペンスドラマを実力派声優が彩ることが決定し、話題となっている。

この度、物語の鍵を握る重要キャラクターたちのキャストが解禁!
さらに事件の謎に迫る<新場面写真>も初公開!!

 アトムとウランの育ての親であり、4年前のペルシア王国の大量破壊ロボット製造疑惑を調査する「ボラ―調査団」にも参加していたお茶の水博士役には、「ドラゴンボール」シリーズのピッコロや「ONE PIECE」のエースなど世代を超えて愛されるキャラクターを長年演じる日本を代表するレジェンド声優の一人である古川登志夫、天才と謳われた人工知能開発の世界的権威であり、アトムを創造するも無慈悲に遺棄し、その後は表舞台から姿を消して行方不明となっている天馬博士役にはNHK大河ドラマから洋画の吹替えまで多彩な才能を持つ津田英三、ゲジヒトの妻であり、刑事として多忙な夫を愛し常に気遣うヘレナ役は、「鋼の錬金術師」(エドワード・エリック)、「BLEACH」シリーズ(日番谷冬獅郎)など人気アニメ作品から、近年ではミュージカル「レ・ミゼラブル」に出演するなど活躍の場を広げている朴 璐美、ノース2号が執事として仕える盲目の音楽家ダンカン役には映画『ロッキー』シリーズにて長年シルヴェスター・スタローンの吹替を担当する羽佐間道夫、ペルシア共和国科学省長官で「中央アジア最高の頭脳」と呼ばれる謎の人物であり、第39次中央アジア紛争時に重症を負い、現在は肉体の大半を機械化しているアブラ―博士役にジェイソン・ステイサムやヒュー・ジャックマンの吹替でお馴染みの山路和弘、歴史上初めて人を殺害したロボットであり、現在は地下に幽閉されているが、事件を追うゲジヒトに謎めいたアドバイスを与えるブラウ1589役には5代目ジェームズ・ボンドも務めたピアース・ブロスナンの吹替を担当する田中秀幸、大国・トラキア合衆国のアレクサンダー大統領役にブラッド・ピットの吹替を25年間担当する堀内賢雄といった重厚かつ深淵な演技を得意とするベテラン声優陣が集結し、本格ドラマを魅せる。
 それぞれのキャラクターが物語を語る上で重要な役割を担っており、ゲジヒトやアトムたちと、そして事件にどのように関わってくるのか、注目してほしい。

 さらに新たに解禁となった場面写真には、変死体の事件について警視庁の刑事らと共に犯人に迫るべく調査をするアトム、負傷しながらも何者かに向けて変形させた右手の銃器を向けるゲジヒト、ある男の不思議な力を目の当たりにするウランの姿が。

 立体再現された事故現場でアトムが見つけたものとは? ゲジヒトは誰に襲われたのか? ウランが出会った謎の男は何者なのか? 世界中を巻き込む事件の真相にアトムやゲジヒトはたどり着くことができるのか。その先に待つ、世界を破滅へと導く史上最悪の<憎しみの存在>とは?

 混迷の時代である今、私たちが刮目すべき作品と言える「PLUTO」にぜひご期待いただきたい。

キャラクター紹介

お茶の水博士(CV:古川登志夫)
 日本の現科学省長官。正義感が強く、ロボットに対して一切の偏見を持たないリベラリスト。アトムとウランの育ての親で、アトムの良き相談相手。4年前、ペルシア王国の大量破壊ロボット製造疑惑を調査する「ボラ―調査団」に参加していた。

天馬博士(CV:津田英三)
 天才と謳われた人工知能開発の世界的権威。元科学省長官。亡き息子トビオの複製としてアトムを創造したが、アトムがトビオの替わりにならないことを悟り、無慈悲に遺棄してしまった。その後表舞台から姿を消した。

ヘレナ(CV:朴 璐美)
 ゲジヒトの妻。女性型ロボットでインテリアデザイナーとして働いている。刑事として多忙な夫を愛し、常に気遣う。

ダンカン(CV:羽佐間道夫)
 ノース2号が執事として仕える盲目の音楽家。子どもの頃に重病を患っていたが、日本の医者に助けられた過去がある。

アブラ―博士(CV:山路和弘)
 ペルシア共和国科学省長官で「中央アジア最高の頭脳」と呼ばれる謎の人物。第39次中央アジア紛争時に家族を失い、自らも重症を負った。現在は肉体の大半を機械化している。

ブラウ1589(CV:田中秀幸)
 歴史上、初めて人を殺害したロボット。ユーロ連邦ブリュッセルの人口知能矯正キャンプの地下に幽閉されているが、事件を追うゲジヒトに謎めいたアドバイスを与える。

アレクサンダー大統領(CV:堀内賢雄)
 トラキア合衆国大統領。ペルシア王国の軍事拡張を国際的な脅威と宣言し、「大量破壊ロボット製造禁止条約」を提唱。国連を動かし、ペルシアに「ボラ―調査団」を派遣する。

『PLUTO』作品情報

配信表記:Netflixシリーズ「PLUTO」10月26日(木) 独占配信

イントロダクション

 1964年、マンガの父・手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』の一遍として絶大な人気を博した『地上最大のロボット』は、2003年、『20世紀少年』、『YAWARA!』、『MONSTER』などメガヒットを続ける漫画家・浦沢直樹と、長崎尚志のプロデュースによって『PLUTO』(小学館ビッグコミックス刊)として蘇った。
 <人間と高性能ロボットが共生する近未来>で起こる上質なサスペンスドラマは、手塚治虫文化賞マンガ大賞をはじめ、“漫画界のカンヌ”と称されるアングレーム国際漫画フェスティバルのインタージェネレーション賞を獲得するなど国内外で高い評価を獲得、単行本の全世界累計発行部数は1,000万部を超える大ヒットとなった。さらに2015年には舞台化、2018年には再演も行われ、日本はもちろんイギリス、オランダ、ベルギーと欧州ツアーも敢行された。
 そして、日本初のTVアニメ「鉄腕アトム」の放送から60年となる2023年、「鉄腕アトム」の制作スタッフにも名を連ね、気鋭のスタジオ・MAPPAの創設者でもある丸山正雄の手によって遂に『PLUTO』がアニメーションとなって動き出す。

 全世界に贈る【愛】と【憎しみ】の記憶の物語。
混迷の時代に「PLUTO」を通して見える世界とは――。

ストーリー

 人間とロボットが<共生>する時代。
 強大なロボットが次々に破壊される事件が起きる。調査を担当したユーロポールの刑事ロボット・ゲジヒトは犯人の標的が大量破壊兵器となりうる、自分を含めた<7人の世界最高水準のロボット>だと確信する。
 時を同じくしてロボット法に関わる要人が次々と犠牲となる殺人事件が発生。<ロボットは人間を傷つけることはできない>にも関わらず、殺人現場には人間の痕跡が全く残っていなかった。2つの事件の謎を追うゲジヒトは、標的の1人であり、世界最高の人工知能を持つロボット・アトムのもとを訪れる。
 「君を見ていると、人間かロボットか識別システムが誤作動を起こしそうになる。」まるで本物の人間のように感情を表現するアトムと出会い、ゲジヒトにも変化が起きていく。

 そして事件を追う2人は世界を破滅へと導く史上最悪の<憎しみの存在>にたどり着くのだった――。

スタッフ&キャスト

 原作:『PLUTO』浦沢直樹×手塚治虫
 長崎尚志プロデュース
 監修/手塚 眞
 協力/手塚プロダクション(小学館 ビッグコミックス刊)
 エグゼクティブプロデューサー:丸山正雄、真木太郎、山野裕史
 監督:河口俊夫
 キャラクターデザイン:藤田しげる
 クリエイティブアドバイザー:浦沢直樹
 CGI演出・特殊撮影:宮田崇弘
 撮影監督:佐藤光洋
 音響監督:三間雅文
 音楽:菅野祐悟
 アニメーション制作:スタジオM2
 制作プロデュース:ジェンコ

 キャスト:ゲジヒト:藤 真秀/アトム:日笠陽子/ウラン:鈴木みのり/モンブラン:安元洋貴/ノース2号:山寺宏一/ブランド:木内秀信/ヘラクレス:小山力也/エプシロン:宮野真守/プルートゥ:関 俊彦/お茶の水博士:古川登志夫/天馬博士:津田英三/ヘレナ:朴 璐美/ダンカン:羽佐間道夫/アブラ―博士:山路和弘/ラウ1589:田中秀幸

作品公式サイト

アニメ『PLUTO』公式サイト
手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」の人気エピソード「地上最大のロボット」を浦沢直樹がリメイクしたマンガ『PLUTO』がついにアニメ化!

 Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/jp/title/81281344(外部サイト)
 公式Twitter:https://twitter.com/pluto_anime(外部サイト)

原作コミックス情報

 2003年から2009年にかけて雑誌『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載され、2004年より単行本を刊行(全8巻)。全世界累計発行部数は1,000万部を突破。世界18の国と地域で翻訳出版され、世界中に愛読者を持つ。
 人とロボットが共存する社会。世界で最も優秀なロボットが次々に暗殺される怪事件が発生する。
 真相を追うロボット捜査官ゲジヒトとアトムは、やがて世界を破滅へと導く史上最悪の憎しみの存在に気づく……『鉄腕アトム』(著:手塚治虫)に描かれた『地上最大のロボット』をもとにリメイクした本作は、壮絶にして悲しきロボット叙事詩となった。
 第9回手塚治虫文化賞マンガ大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第41回星雲賞コミック部門受賞をはじめ国内外で数々の賞に輝いた。

Netflix(ネットフリックス)について

 Netflixは、190以上の国や地域で2億1,400万人の有料メンバーが利用するエンターNetflixは、190以上の国や地域で2億3,100万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスの一つです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画、モバイル・ゲームなどを多くの言語で配信しています。好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただくことができ、いつでも料金プランを変更いただけます。

Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!
Netflix (ネットフリックス) で映画やドラマをオンラインでストリーム再生! スマートテレビ、ゲーム機、PC、Mac、モバイル機器、タブレットなどでお楽しみいただけます。

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました