最新ニュース

『ザ・クリエイター/創世者』ー』本作の撮影の裏側を監督&キャストが語る特別映像が解禁!

© 2023 20th Century Studios

 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を手掛け、世界中で高い評価を得たギャレス・エドワーズ監督の最新作にして、『TENET テネット』でも主演を務めたジョン・デヴィッド・ワシントン、『インセプション』などハリウッド大作への出演が続く日本を代表する俳優・渡辺 謙が豪華共演を果たす、映画ファン必見の感動のS Fアクション超大作『ザ・クリエイター/創造者』が10月20日(金)に劇場公開!

監督が一から物語を作り上げた、完全オリジナル作品。
“共存すべきか、破壊すべきか”“愛は人間とAIの障壁を超えられるのか”
本作が描く壮大なテーマと撮影の裏側を語る特別映像が解禁!

「映像に惹き込まれる映画が好きなんだ。理屈ではなく、心揺さぶられる夢みたいな」と、作品へのこだわりを語るギャレス・エドワーズ監督。本作のような大作では、まず初めにデザイナーやアーティストたちと話し合い、世界観をデザインした後に撮影を開始することが多いが、本作はその逆で、先に実際の国々のリアルなロケーションとリアルな人々でシーンを撮影し、その映像の上からCGなどで世界観をデザインしていくという斬新な方法を取り入れている。そのリアルなロケーションでの撮影のため、日本、タイ、ベトナム、カンボジア、ネパール、インドネシア、イギリス、アメリカ(ロサンゼルス)の8ヵ国に訪れており、この特別映像では、各地に赴き、実際に現地で撮影している様子と、その完成シーンのハイライトが見られる。また日本の渋谷のような街や、渡辺 謙演じる模造人間(シミュラント)の新カットも収められており、主演のジョン・デヴィット・ワシントン(ジョシュア役)が「驚くのは神秘的なリアリズムだ。どのシーンも心の奥に訴えかけてくる」と語るように、ギャレス・エドワーズ監督だからこそ作り上げることができた世界観と臨場感を体感できる。

 『ザ・クリエイター/創造者』の凄さはその撮影方法だけはない。「監督はSFに感情を注ぎ込んだ。(SFは)派手なアクションやスリルに偏りがちな分野だけど」とジョン・デヴィット・ワシントンや、「本作のテーマはとても壮大よ。人間とは何か? 命とは何か? 愛は人間とAIの障壁を超えられるのか?」とジェンマ・チャン(マヤ役)が語るように、監督が作り上げるAIは、表情や感情が豊かで、まるで人間のように描かれている。監督自身も「共存すべきか、破壊すべきか」と語っており、本作は「AIの脅威」や「AI vs人類」だけではなく、“意識を持ったAIは人間と何が違うのか? 人類とAIは手を取り合えるのか?”のような壮大なテーマも問いかけてくる。自らカメラを回し、「私が幼少期に観た映画で感動したように、観客の心を揺さぶりたい」というギャレス監督による、SF映画史上最もエモーショナルな映画を劇場にて体験せよ!

公開表記

 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
 10月20日(金) 全国劇場にて公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました