最新ニュース

『毒舌弁護人~正義への戦い~』日本公開決定&ポスター解禁!

© 2022 Edko Films Limited, Irresistible Beta Limited, the Government of the Hong Kong Special Administrative Region. All Rights Reserved.

 香港映画の今が熱い! 『私のプリンス・エドワード』、『縁路はるばる』、『星くずの片隅で』など、新世代香港映画が日本で連続公開され、新たな香港映画ブームが既に起こっている。
 その到達点とも言われ、香港映画の歴代興行収入を更新した(※1)映画『毒舌弁護人~正義への戦い~』(原題:毒舌大狀)がついに日本公開決定!! 10月20日よりシネマート新宿ほか全国で順次公開する。このたび、本ポスターが解禁された。

 2023年の旧正月に合わせて公開された本作は、香港映画史上初の1億香港ドル(約17億円 ※2)を突破し、最終的に1.21億香港ドル(約22億円 ※3)を記録した。

 中国本土の映画市場の急成長によって、迷走し続けてきた香港映画界。この数年間、大きな変化が起こり、激動の社会変化を経験した香港市民は、“香港”という町に対する帰属意識が強くなっていると言われている。その勢いを体現し、香港映画の“新記録”を生み出したのが『毒舌弁護人~正義への戦い~』だ。
 香港のヒーロー弁護士の活躍を通じて、生涯忘れられない至極の感動をお届けするエンタメ大作が誕生した。

 監督・脚本を務めるのは、香港のアカデミー賞と呼ばれる香港電影金像奨に過去4度ノミネートされているジャック・ン。ジャック・ンは、香港映画のヒットメーカーであるダンテ・ラム監督作品の脚本を何作も担当し、2021年にはリョン・ロクマン監督の話題作『アニタ』でも脚本家として参加。本作は彼の監督デビュー作である。また、主演を務めたのは香港の国民的スター、ダヨ・ウォン。近年主演した映画『棟篤特工(原題)』(2018年)、『6人の食卓』(原題:飯戲攻心、2022年)などヒット作に連続で出演している。
 正義が失われた法廷で、人々のために、香港のために、必死に戦う“毒舌弁護人”の姿をお⾒逃しなく‼

 なお、本作は楽天グループ株式会社が国内外でIP(知的財産権)を包括的にプロデュースするために設立したコンテンツレーベル「Rakuten Content Central」(楽天コンテンツセントラル)によって配給される。

 ※1 2023年9月1日時点
 ※2 2023年2月21日時点
 ※3 2023年6月16日時点

ストーリー

 五十代の治安判事ラム・リョンソイは、新しい上司の気分を害したことで、職を失ってしまった。友人の勧めもあり、法廷弁護士として復活したラムがはじめて手掛けた事件は、複雑には見えない児童虐待事件であったが、事件は予想外の展開を見せ……ラム・リョンソイとパートナーの若い女性法廷弁護士のフォン・カークワンは、大きな権力闘争に巻き込まれていく……。

 (原題:毒舌大狀、2023年、香港、上映時間:133分)

キャスト&スタッフ

 出演:ダヨ・ウォン、ツェ・クワンホー、ルイーズ・ウォン、フィッシュ・リウ、マイケル・ウォン、ホー・カイワ

 監督/脚本:ジャック・ン
 撮影監督:アンソニー・プン
 製作:ビル・コン、アイヴィ・ホー

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『毒舌弁護人〜正義への戦い〜』公式サイト|2023年10月20日(金)公開
正義とは何か?を問う香港映画歴代興行収入No.1ヒット!の感動エンタメ大作が待望の日本上陸!

 公式X(旧Twitter):https://r10.to/X_DokuzetsuRmovie(@DokuzetsuRmovie)

公開表記

 配給:楽天
 10月20日よりシネマート新宿ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました