イベント・舞台挨拶アニメ

『北極百貨店のコンシェルジュさん』完成披露試写会

©2023西村ツチカ/小学館/「北極百貨店のコンシェルジュさん」製作委員会

 小学館「ビッグコミック増刊号」で2017年から連載を開始し、「第25回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞」を受賞した、鬼才・西村ツチカによる「北極百貨店のコンシェルジュさん」(小学館)が待望の映画化が決定、10月20日(金)に公開となる。
 9月30日(土)に品川インターシティホールにて、完成披露試写会が実施された。イベントには、川井田夏海、大塚剛央、津田健次郎、飛田展男、潘めぐみ、七海ひろき、花乃まりあ、板津匡覧監督が登壇。さらに主題歌アーティストのMyuk、アンバサダーのLiLiCoも駆けつけ、本作の魅力をたっぷり語った。

 アヌシー国際アニメーション映画祭、ファンタジア国際映画祭での上映を経て、ついに日本初お披露目となるこの日。満席の会場に豪華キャストとスタッフが登壇すると、会場からは大きな拍手が湧き上がった。そんな観客の期待に応えるかのように、登壇者が一言ずつ挨拶した。
 
川井田:本日はお越しいただき本当にありがとうございます。収録の時からいち早く観ていただきたいと思っていたので、こうやって映画をご覧になった後の皆さんのお顔を見ながらお話させていただくことがとても嬉しいです。今日は短い時間ですがよろしくお願いいたします。

大塚:本日はお越しいただきありがとうございます。短い時間ですが、最後までよろしくお願いします。

津田:こんばんは、津田健次郎です。先程舞台裏で皆さんの感想の拍手をいただけて本当に嬉しかったです。本日はよろしくお願いいたします。

飛田:先程エルルさんは謎のペンギンと紹介されていましたが、東堂も人間ながら一番謎なんじゃないかなと思っております。今日はよろしくお願いいたします。

潘:皆様本日は北極百貨店へご来場いただきまして誠にありがとうございます(森の声で)。私自身も本日百貨店のコンシェルジュさんに選んでいただいたお靴で参りました。よろしくお願いいたします。

七海:先程も流れていた北極百貨店のテーマソングが、とても好きです。本日は皆さんと楽しい時間を過ごしていければと思いますので、よろしくお願いいたします。

花乃:この素敵な作品が一足早く、お客様に観ていただける日が来たと思い、本当に幸せな気持ちです。本日はよろしくお願いいたします。

板津監督:小さな会議室で始まった企画が、こんな華やかな方々と、大勢のお客さんに観ていただけるというのは、感無量です。今日はよろしくお願いいたします。

 さらに、アンバサダーを務めるLiLiCoも駆けつけ、「皆さんこんばんは。アンバサダーを務めさせていただきますLiLiCoです。映画は楽しんでいただけましたか? 人は皆、自分の人生や他人のための“コンシェルジュ”だと思っています。自分の人生や周りの人の人生を最高なものにするためには、どんな職業においても、お家にいても、家族のために“最高のコンシェルジュ”にならないといけないですよね。そして監督は長編アニメーションの初監督ということで、天才かよ!!」と挨拶をし、会場からは大きな拍手が湧き上がった。続けてLiLiCoは、板津監督に「なぜこの作品を作ろうと思ったのですか?」と問いかけると、監督は「元々西村さんの作品が好きで、ちょうど『北極百貨店のコンシェルジュさん』の連載が開始された時に、Production I.Gの方と『次何か作りましょう!』という話をしていたので、単行本を渡したことがきっかけです」とコメントし、LiLiCoは「絵のタッチもすごく綺麗で繊細で、色合いも本当に素敵でした!」と映画の感想を伝えた。

 続いて、オーディションで役が決まったという川井田と大塚に、役が決まった時のエピソードを聞かれると、大塚は「僕は最初トキワ役を受けに行ったら、『君はエルルで来てください』と言われたので、その後エルルのオーディションを受けて役が決まったんです」とオーディション時のエピソードを披露。反対に川井田は「私は秋乃一本でした。オーディションでは、1回テストをやって少しディレクションいただいたらすぐ本番で終わりだったので、あまり手応えはなく、合格いただいて本当に夢のようです!」と嬉しそうにコメントした。

 さらに、オファーを受けた時の気持ちを聞かれた津田は「原作を読ませていただいて、めちゃくちゃ良い本で、とても素敵なキャラクターを演じられるということで、収録が楽しみでした」と原作やウーリーの役に惚れ込んだと語った。続けて七海は「私も最初違う役をオーディションでいただいていたのですが、原作を読んでどうしてもクジャク役をやってみたいと思い、『よかったらこちらも聞いていただけないでしょうか!』とお願いをして、クジャク役に決まりました。誰が観ても穏やかな気持ちになれるところや、老若男女問わず楽しめる、こんな素敵な作品に出たいという思いを込めました」と熱く語ると、板津監督は「実は七海さんと花乃さんが出ていただけると聞いて、絵にキラキラを増量したんです!」と貴重な制作秘話を披露し、会場を沸かせた。

 次に話題は、アフレコ収録時のエピソードについて。川井田は「前日の夜、どんなに練習しても自分の思う秋乃にならなくて、不安の中初日を迎えたのですが、現場で他の方のお芝居を聞くとだんだん自分が秋乃になっていく感じがして、秋乃と一緒に私自身も成長したなと思いました」と告白した。これに対し津田も「本当に秋乃そのもので、最初はスタジオの端のほうに新人オーラ全開に座っていて(笑)」と川井田の様子を振り返った。さらに津田は「現場はすごく和やかで、シーンによっては緊張感がある部分もありましたが、本当に芝居をしていてすごく楽しかったです。ウーリーは身体が大きいので、僕たちとは生きるリズムが違うと思い、そこは意識しました」と役作りについても語った。続けて川井田の先輩コンシェルジュ・森を演じた潘は「アフレコが始まる時に監督から、『コンシェルジュはお客さまの求めるその先にあるものを見極めて提供する、そんなお仕事であることを描きたい』とお話しいただきました。今回新人の時にお世話になった音響の菊田さんとまたご一緒できて嬉しかったですし、昔は新人だったけど、今回は後輩を指導する先輩コンシェルジュの役として、川井田さん演じる秋乃に寄り添って、見せられるものを与える、そんな役割をいただいたんだなと思いました」と先輩声優らしい心温まるエピソードを披露した。

 さらに、七海演じるクジャクの彼女役を演じた花乃は「七海さんが、『アドリブで愛の囁きを長く欲しい!』とオーダーされた時があったのですが、愛の言葉が出るわ出るわで(笑)! 私も宝塚時代に、男役さんから愛の言葉をたくさん囁かれていた経験があり慣れていたので、その感覚が懐かしくて嬉しくて、収録当日は興奮の方が多かったです!」と笑顔で答え、クジャクのファンだというLiLiCoは「ジェラシーですね!!」と悔しさを見せ、会場は笑いに包まれた。

 ここで、主題歌アーティストのMyukも登場し、主題歌を生歌唱するが発表された。MCの呼びかけに合わせて登場したMyukは「主題歌を担当させていただきましたMyukといいます。こんな素敵な場に登壇させていただいて、大変光栄に思います。本日はよろしくお願いいたします」と挨拶。主題歌「Gift」に込めた想いを「原作をじっくり読ませていただいて、本当にこの作品が大好きになりました。秋乃さんやコンシェルジュさん、そして動物のお客さんが、一生懸命大切な人に、自分の強い気持ちや『ありがとう』を伝えようとしている姿や表情に触れて、『ありがとう』という気持ち自体が贈り物だと思い、そんな気持ちを曲に込められたらいいなと思って作詞をしていきました」とコメントした。

 そしてMyukは本編のスペシャル映像に合わせて「Gift」を生披露し、会場のボルテージは最高潮に!
 その後北極百貨店の氷像と共にフォトセッションを行い、川井田が「本日はお越しいただき本当にありがとうございます。今キャストの方や、監督、Myukさんのお声を聞いて、『もう一回観たい!』と思いましたよね? 私自身もそう思ったので、10月20日公開されましたら、ぜひお友達や大切な方、お一人でも、劇場に観に来て欲しいです。この作品がより多くの方の心に届くことを願っております。本日はありがとうございました」と笑顔でメッセージを送り、イベントは大盛り上がりで幕を閉じた。

 登壇者:川井田夏海、大塚剛央、津田健次郎、飛田展男、潘めぐみ、七海ひろき、花乃まりあ、板津匡覧監督、Myuk(主題歌アーティスト)、LiLiCo(アンバサダー)

公開表記

 配給:アニプレックス
 2023年秋 公開!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました