最新ニュースアニメ

水木しげる生誕100周年記念作品『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』種﨑敦美が“深窓の御令嬢”を演じる!?場面カットが到着

©映画「鬼太郎誕生ゲゲゲの謎」製作委員会

 55年に渡って愛され、もはやカルチャーとなった国民的アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」。子どもから大人まで人々が、妖怪や怪奇な現象に怯えながらも、一度は友達になりたいと願った鬼太郎とその仲間たち。2023年、水木しげる生誕100周年記念作品となる本作は、TVシリーズ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期のエピソード0として、語られる鬼太郎の父たちの物語―かつての目玉おやじと水木の出会い、そして鬼太郎誕生へと続く二人の父たちの運命を描く、映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』が11月17日(金)に公開する。

 監督は『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』の監督を務めた古賀豪、脚本はTVアニメ「マクロスF」などで知られる吉野弘幸、キャラクターデザインを『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で副監督を務めた谷田部透湖が担当する。
 キャスト陣は、TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)で鬼太郎を演じた沢城みゆき、目玉おやじを演じた野沢雅⼦に加え、おなじみのあのキャラクターに似た謎の少年役として古川登志夫のほか、かつての目玉おやじを演じるのは「鬼滅の刃」で鬼舞辻無惨を演じ日本中を震えあがらせた関 俊彦。今回、初めて「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズに参加する関は「まさか、鬼太郎の父で参加することができるとは! この仕事をやっていて良かった」とコメントを寄せている。水木を演じるのは「テニスの王子様」シリーズの忍足侑士役の木内秀信。関と同じく本シリーズ作品への参加は初めてとなるが「水木しげる先生生誕100周年の記念に制作される映画だと知り、そのような大きな節目の作品に、大役を演じさせていただくことに背筋が伸びる思い」とコメントをしている。さらに種﨑敦美、小林由美子、白鳥 哲、飛田展男、中井和哉、沢海陽子、山路和弘、皆口裕子、釘宮理恵、石田 彰、庄司宇芽香、松風雅也といった、豪華声優陣の出演も発表されている。

種﨑敦美が演じた龍賀沙代の場面カットを一挙公開!

 アニメ『SPY×FAMILY』アーニャ役、『葬送のフリーレン』フリーレン役など、現在日本のアニメシーン界で多くの話題作に出演している種﨑敦美が、本作で自分の村から出たことのない“深窓の御令嬢”龍賀沙代を演じる!

 今回届いた場面カットは、種﨑敦美が演じる龍賀沙代(りゅうがさよ)の登場シーン。彼女は日本の政財界を裏で牛耳る龍賀一族の御令嬢であり、哭倉村(なぐらむら)から外に出たことがありません。沙代が草履の鼻緒が切れて困っていたところを、勤め先の帝国血液銀行から密命を背負い、龍賀一族に近づくため村にやってきた水木が偶然声を掛ける。落ち着いた様子で鼻緒を直す、紳士的な立ち振る舞いの水木。水木が東京からやって来た人間だと知ると、沙代はときめく表情を見せる。村の外と関わりを持たず東京に憧れを抱く沙代にとっては、知らない世界を知る魅力溢れる男性に映ったのだろう。この出会いは“深窓の御令嬢”にどのような心の動きをもたらすのか。この後の展開に期待が募るシーンになっている。種﨑敦美は解禁時に自身の子どものころ当たり前のように見ていた作品に出演することにワクワクせずにはいられなかったと喜びを語っている。

 さらに、本作のオンラインムビチケが10月20日(金)より発売開始も決定した! 特典は話題になったポスター画像のデジコンを予定しており、詳細は後日公式X(旧Twitter)と公式サイトで発表される。水木しげる生誕100周年の記念すべき作品となる本作が描く、鬼太郎の父たちの出会い、そしてTVシリーズ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)の「鬼太郎の誕生」へと繋がる物語にぜひ注目いただきたい。

公開表記

 配給:東映
 11月17日(金) 公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました