作品紹介

『マッチング』

©2024『マッチング』製作委員会

イントロダクション

 代表作Netflixオリジナルドラマ「全裸監督」(19)、映画『ミッドナイトスワン』(20)の内田英治が原作・脚本・監督を務め、マッチングアプリによって増えた“出会い”の裏に仕掛けられた恐怖を完全オリジナルで描く、新感覚サスペンス・スリラー『マッチング』が2024年2月23日(金・祝)に全国公開する。

 ウェディングプランナーとして仕事は充実しながらも恋愛音痴な主人公・輪花(りんか)役には土屋太鳳、輪花とアプリでマッチングする“狂気のストーカー”永山吐夢(ながやま とむ)役にSnow Manの佐久間大介、輪花に想いを寄せるマッチングアプリ運営会社のプログラマー・影山 剛(かげやま つよし)役を金子ノブアキが演じる。
 そして輪花、吐夢、影山が巻き込まれていく「アプリ婚連続殺人事件」を杉本哲太、片山萌美、真飛聖、後藤剛範、片岡礼子、斉藤由貴ら実力派キャスト陣が、逼迫した演技のリアリティで恐怖を煽り、主題歌Aimer「800」がクライマックスを切なく彩る。

©2024『マッチング』製作委員会
©2024『マッチング』製作委員会
©2024『マッチング』製作委員会

ストーリー

 ウェディング・プランナーとして仕事が充実している一方、恋愛に奥手な輪花(土屋太鳳)は、同僚の勧めでマッチングアプリに登録。
 この日を境に生活が一変する――。
 マッチングした吐夢(佐久間大介)と待ち合わせると、現れたのはプロフィールとは別人のように暗い男。さらに、吐夢に出会ってから輪花のスマホの通知が鳴りやまない。「次いつ会えますか?」「次いつ会えますか?」「次いつ会えますか?」……
 恐怖を感じた輪花は、取引先でマッチングアプリ運営会社のプログラマー影山(金子ノブアキ)に助けを求めることに。
 同じ頃、“アプリ婚”した夫婦が惨殺される悲惨な事件が連続して発生。
 輪花を取り巻く人物たちの“本当の顔”が次々に明かされ、事件の魔の手が輪花に迫るのだった。

 (2023年、日本、上映時間:110分)

キャスト&スタッフ

 出演:土屋太鳳
    佐久間大介(Snow Man)、金子ノブアキ
    真飛 聖、後藤剛範、片山萌美、片岡礼子
    杉本哲太、斉藤由貴

 監督・脚本:内田英治
 原作:内田英治『マッチング』(角川ホラー文庫刊)
 音楽:小林洋平
 共同脚本:宍戸英紀
 主題歌:Aimer「800」(SACRA MUSIC / Sony Music Labels Inc.)

ギャラリー

予告編

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『マッチング』公式サイト
内田英治×主演:土屋太鳳×佐久間大介(Snow Man)×金子ノブアキ|身近すぎるアプリから始まる恐怖を描く、新感覚サスペンス・スリラー 2024年2月公開

 公式X(Twitter):@movie_matching
 公式Instagram:@movie_matching
 公式TikTok:@movie_matching

公開表記

 配給:KADOKAWA
 2024年2月23日(金・祝)全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました