イベント・舞台挨拶映画祭・特別上映

『マッチング』第22回高雄映画祭ワールドプレミア上映

©2024『マッチング』製作委員会

 10月7日(土)より台湾・高雄市で開催されている第22回高雄映画祭にて、新感覚サスペンス・スリラー『マッチング』がワールドプレミア上映を実施、内田英治監督が映画祭に参加し、オープニングセレモニーほか現地メディアからのインタビューや、本作を世界最速で現地で鑑賞した観客からの質問に答えるティーチインイベントを行った。

 本作の公開が待ち望まれる中、台湾・高雄にて10月7日(土)から10月22日(日)まで開催中の高雄映画祭にて、6年ぶりの高雄映画祭凱旋となった内田英治監督が、10月9日(月)に行われた本作『マッチング』公式上映後のティーチインイベントへ登壇。イベント前には10月7日(土)のオープニングセレモニー、10月8日(日)から9日(月)にかけて現地メディアへのインタビューに応じた。

 10月7日(土)のオープニングセレモニーで高雄映画祭への印象や想いを問われた内田監督は「高雄映画祭には数十人しかお客さんが入らなかった頃から特集上映を組んでいただいて、バックアップしてきてもらえたことが今に繋がっている」と感謝を語り、2017年に参加した前回よりも規模が大きくなった同映画祭に対し、「コロナ禍を経て、世界中の映画祭もダメージを受けている中で、インディペンデントの新しい才能を発掘し続けているので、将来的には、台北の金馬映画祭と同じぐらいの大きさになると思う。何より関わっている人が皆あたたかい」と映画祭に対する期待感と愛着を語った。

 9日(月)に行われた現地メディア向けのインタビューと上映後に行われたティーチインでは、チケットが発売直後に完売するなど、台湾での注目度の高さが伺える質問が飛び交った。本作を企画するに至ったきっかけを問われた内田監督は、「アイデアは5年前くらいからあったけれど、このようなメジャーな題材を扱ったことはこれまではなかったし、自分っぽくないかとも思っていたところ、サスペンス・スリラーを撮りたい気持ちが湧いてきたタイミングと、マッチング・アプリ自体が世の中に浸透してきたタイミングが重なって、今やるべきだと思い、企画が進み始めました」と語りながらも、「マッチング・アプリの仕組み自体は至ってシンプルなので、そこからサスペンスに展開させていくストーリーをつくるのは大変で、体験者の取材をして膨らませていった」とオリジナルで制作するがゆえの苦労もあったという。

 キャラクターやキャストへの質問にも及ぶと、主演の土屋太鳳が演じる輪花に関しては「主人公の輪花の、ウェディング・プランナーという幸せを提供する側にいながら、プライベートでは出会いがないという設定は取材の中で生まれました。それでいて物語の過程で一人の人間として強くなっていくキャラクターだったので、女性にとっての強さとは何かというのを土屋さんとディスカッションしながら創り上げていった」と語り、佐久間大介がストーカーの吐夢役に抜擢に至った理由としては「ムード・メーカーのイメージの強い彼がストーカー役というのは想像がつかなかったけど、初めて会った時に目の怖さと、俳優としてイメージがついてなかったこと、なにより自分よりも吐夢の細かいところまでを考えて熱心に向き合ってくれたので、信頼してオファーしました」と語り、キャストと共にキャラクターを創り上げていったことへの手応えを覗かせた。

 また、本作を世界最速で鑑賞した観客の熱狂的な反応には内田監督自身も驚いたようで、早くも続編を期待する観客と映画祭の後押しもあり、「今日会場にいる皆さんは世界で一番早く本作を観ていただいたわけですが、続編を撮るためには台湾と日本も含めて大ヒットしないといけないので、応援よろしくお願いします。続編でまた高尾に帰ってきます」と続編制作への意欲を語り、イベントを締めくくった。

 現代社会にも広く普及したマッチング・アプリによる“出会い”から始まる恐怖、ジェット・コースターのようなノンストップの展開。今の時代だからこそ引き込まれる設定とストーリーで贈る、映画『マッチング』にぜひご期待いただきたい。

 登壇者:内田英治監督

第22回高雄映画祭 実施概要

 上映会場:Kaohsiung Main Public Library
 実施スケジュール(現地時間):
  10/7(土) 17:00-18:15 オープニングセレモニー
  10/8(日) 15:00-15:30 高雄映画祭公式 インタビュー
  10/9(月) 14:30-15:30 プレス合同取材
       19:20-21:10 公式上映(ワールドプレミア)
       21:10-21:40 上映後、観客からのQ&A
 映画祭公式サイト:https://www.kff.tw/(外部サイト)

公開表記

 配給:KADOKAWA
 2024年2月 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました