イベント・舞台挨拶

『リバイバル69 ~伝説のロックフェス~』公開記念トークイベント第1弾

© ROCK N’ ROLL DOCUMENTARY PRODUCTIONS INC., TORONTO RNR REVIVAL PRODUCTIONS INC., CAPA PRESSE (LES FILMS A CINQ) 2022

 10月6日(金)の全国公開を記念して音楽ドキュメンタリー映画『リバイバル69 ~伝説のロックフェス~』トークショーがヒューマントラストシネマ渋谷にて開催され、ビートルズ研究家の藤本国彦氏と元ミュージック・ライフ編集長の星加ルミ子氏が対談を行った。

 本作は、1963年9月13日にカナダ・トロント州で行われた伝説的な音楽フェスティバル「トロント・ロックンロール・リバイバル 1969」の裏側を描いたドキュメンタリー映画。チャック・ベリー、ジェリー・リー・ルイスといったロック草創期の巨人から、ジョン・レノン、ドアーズなどのスーパー・スター、そして当時無名だったアリス・クーパーまでもが顔をそろえ、2万人を優に超える観客を集めたが、大成功を収めたフェスの裏側には、信じられないような出来事が山ほどあった――。

 藤本氏は「ビートルズのファンの方は、ジョン・レノンの『スウィート・トロント』という作品をご覧になった方はいると思いますが、この映画は昨年製作されたもので、フェスの裏側をかなり探ったものになっています」と紹介すると、1969年当時音楽雑誌「ミュージック・ライフ」の編集長だったという星加氏は「同じ年に行われた『ウッドストック』は知っていましたが、この映像は今回初めて観させていただきました」とライブ・フィルムの存在に驚いたという。

 ジョン・レノンとは同い年生まれで、過去に何度もジョンと会ったことがあるという星加氏。映画にはジョンが本フェスに参加したいきさつや、オノヨーコと一緒にいる映像が映し出されているが「ジョンとヨーコさん二人で一緒にいる映像はめったに見られないので貴重だと思います」と語る。

 そんな貴重な2ショット。星加氏はジョンがヨーコに出会う前からジョンを知っているというと「ジョンはほとんど変わらない。出会ったときから割合無口な人で、あまりしゃべらない。気の小さいシャイな人なんだなと思っていたが、それは最後まで変わらなかった」とジョンがヨーコと出会ったことで変化したことはあまり感じなかったという。

 藤本氏が「初めてビートルズと会ったとき、ジョンだけ近寄って来なかったと聞きましたが」と問いかけると、星加氏は「そうなんですよ。ポール・マッカートニーやリンゴ・スター、ジョージ・ハリスンは日本のことを結構聞いてきたのですが、ジョンは『ミュージック・ライフ』を読んでいるふりをして一人で座り込んでいた。インタビューするとき、結構手ごわいかなと思った」とエピソードを披露。それでも「急にジョークを言ってくるなど、面白いところもありました」とお茶目な一面もあったという。

 また星加氏は、1967年に「フール・オン・ザ・ヒル」のレコーディングに立ち合った際、ヨーコと初対面したというと「スタジオに入ると、隅のほうにうずくまっている東洋人っぽい女性がいたんです」と発言。その翌年アップルビルで忘年会が開催されたとき、星加氏も参加したというと「ジョンに話しかけると、隣のヨーコさんがすべて質問に答え、ジョンはニコニコしているだけ。私はヨーコさんに『ジョンに聞いているんだけど』と言うとヨーコさんは『ごめんなさい』と言うんだけれど、またジョンに質問してもヨーコさんが答えるんです」と懐かしそうに語っていた。

 藤本氏は「今回の映画を観ると、改めてジョンとヨーコがずっと一緒にいたというのが伝わりますね」と感想を述べると、星加氏は「ビートルズ解散の原因はヨーコさんという報道もありましたよね」と切り出し「ポールが嘆く気持ちも分かります。とにかくジョンとヨーコさんはスタジオ内でもべったり。ポールはスタジオの中では4人とミュージシャンのセッションの場所だと何度もジョンに言ったようですが、それを聞かなかった。それでポールとジョンの仲が悪くなったとロンドンでは言われていました。まあ実際は分かりませんけれど」と語っていた。

 星加氏は「ジョンとヨーコが一緒にいる映像は大きな見どころですが、チャック・ベリーやジェリー・リー・ルイス、ボ・ディドリーなどジョンやポールが憧れたミュージシャンの映像がすごい。ロックンロールからロックに変わった瞬間を見ることができる」とレジェンドたちの共演に注目すると「69年というのは印象的な年で、ウッドストックが若者の間で人気になりビートルズも解散した。『ミュージック・ライフ』はファン・マガジンで、顔がいいアーティストたちを載せて本を買ってもらっていた。ところがこの年ぐらいを境に、ジミー・ヘンドリックスやジェフ・ベックを表紙にしましょう……という話になって『ミュージック・ライフ』から身を引こうと思ったんです」と発言し客席の笑いを誘っていた。

 藤本氏も「バックバンドを持たず、ギター1本でやってくるチャック・ベリーが格好いい。フェスの裏側が垣間見えるドキュメンタリーなのですが、演奏シーンも大きな魅力。ビートルズファンは必見ですが、ビートルズを知らない若い世代にも観てほしい」とメッセージを送っていた。

 その他にも、オノヨーコと映画監督の大島 渚の対談の裏話など貴重な話に会場は沸いていた。

 登壇者:藤本国彦(ビートルズ研究家)×星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)

STAR CHANNEL MOVIESとは?

 日本初の映画専門チャンネルとして、⻑年にわたり数多くの作品を放送し続けてきたスターチャンネルの映画レーベル。感動や衝撃、忘れられない余韻が残る、私たちの“心が求める”作品を、スターチャンネルならではの視点で世界中からセレクトし、映画ファンの皆様にお届けします。

 https://www.star-ch.jp/starchannel-movies/(外部サイト)

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『リバイバル69 ~伝説のロックフェス~』公式サイト
新旧のロック・レジェンドが勢ぞろい!ジョン・レノンも急遽参加した、伝説の音楽フェスティバルの「真実」を描く傑作ドキュメンタリー 10/6(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

公開表記

 配給:STAR CHANNEL MOVIES
 10/6(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました