イベント・舞台挨拶

『リバイバル69 ~伝説のロックフェス~』公開記念トークイベント第2弾

© ROCK N’ ROLL DOCUMENTARY PRODUCTIONS INC., TORONTO RNR REVIVAL PRODUCTIONS INC., CAPA PRESSE (LES FILMS A CINQ) 2022

 音楽ドキュメンタリー映画『リバイバル69 ~伝説のロックフェス~』のイベントが10月9日(月)、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催され、音楽評論家の萩原健太氏と、ラジオDJの宮治淳一氏がトークショーを行った。

 本作は、1963年9月13日にカナダ・トロント州で行われた伝説的な音楽フェスティバル「トロント・ロックンロール・リバイバル 1969」を記録したドキュメンタリー映画。チャック・ベリー、リトル・リチャード、ジーン・ヴィンセント、ジェリー・リー・ルイスといったロック草創期の巨人から、ジョン・レノン、ドアーズなどのスーパー・スター、そして当時無名だったアリス・クーパーまでもが顔をそろえ、2万人を優に超える観客を集めたフェスの裏側にあった驚くべき事実が明かされる。

 萩原氏は「2万人を集めるフェスが、こんな適当な仕切りで実現していたというのがすごいよね」と映画を観た感想を述べると、宮治氏も「結果を字面だけで見ると、本当にすごいミュージシャンが集まっているのですが、その裏側がこんないい加減だったというのは驚きです」と笑う。

 フェスのタイトルには「リバイバル」と銘打たれているが、萩原氏は「実はこの時期、ロックンロールの全盛期から10年ぐらいしか経っていない。リトル・リチャードやジェリー・リー・ルイスなんてまだ30代ですからね。それでリバイバルっていうのですから、1960年代の音楽シーンのスピードがいかに速かったかが分かる」と述べると「レコーディング技術の発達はもちろん、アメリカでは公民権運動やベトナム戦争など社会背景の変化で、音楽も大きく変わった。特にビートルズがデビューしてからの速さは特質できるんですよね。ロックンロールが古くなる速さがすごかった」と解説する。

 宮治氏も「チャック・ベリーたちのロックンロールは、間違いなく新しい音楽でしたが、10年でリバイバルになるというのは本当にすごい。いま2000年以降にデビューした人たちをリバイバルとは言わないですからね」と追随する。

 「リバイバル」として表現されたロックンロール。しかし劇中、ジョン・レノンが「Blue Suede Shoes」を演奏したシーンについて萩原氏は「カール・パーキンスの演奏をそのままリズムで演奏したんですよね。それを見ても、ジョンはロックンロールにリスペクトを抱いているのが分かる」と触れると「面白いのは、ロックンロールのスターは、ビートルズによって引導を渡されたのですが、ビートルズ当人たちは、チャック・ベリーらロックの巨人たちをリスペクトしている。そのあたりが非常に興味深いです」と語っていた。

 また伝説の巨人たちの“噂”が映像として確認できることも、本作の魅力だという。萩原氏は「チャック・ベリーはバンドを現地で調達するという伝説があるのですが、本当なんだなというのが分かる」と笑うと「ボー・ディドリーがローン・ウッドと一緒に来日した際にウッドにインタビューをしたことがあるのですが、そのとき『ディドリーのギター・ケースには人生が入っている』と話していたのです。過去のことで誰も信じられないから、ギター・ケースにパスポートも預金通帳、着替えまですべて入れていたと。そんな人がこんな軽やかな演奏をするんですから」と懐かしそうに語っていた。

 「ウッドストック」のフェスから約1ヵ月後に行われた「トロント・ロックンロール・リバイバル 1969」の魅力は“予定調和ではない”こと。宮治氏は「ジョンが表に出てきてギターを弾くということはありましたが、D・A・ペネベイカーが良くこの映像を撮っていましたよね」と意義を述べると、萩原は「いわゆるハプニング的なことで成り立っているからこそ、ここまで印象的なものになった」と現代のようにシステマチックな仕切りのなか行われたものではなかったからこそ、伝説になったと主張する。

 「字幕監修をしていたのですが、一度だけでは消化しきれず観るたびに新しい発見がある映画」と萩原氏が語ると、宮治氏も「スピード感がある音楽界をリアルに感じることができます」と作品の見どころを語る。

 最後に萩原は「本当にいろいろなミュージシャンの面白さが描かれていますが、僕はリトル・リチャードのすごさを感じました。人種の問題やLGBTQ問題など、現代的なテーマをこの時期から持っている。僕は字幕監修で彼のパーソナルをどう表現するか悩んだんです。どちらにもとれるように中性的に表現してもらうようにお願いしました」と語ると、宮治氏は「僕はジェリー・リー・ルイスの人と交わらない感じに注目してほしい。キラーと呼ばれていただけのことはある。孤高さがすごい」と語っていた。

 登壇者:萩原健太(音楽評論家)、 宮治淳一(ラジオDJ)

STAR CHANNEL MOVIESとは?

 日本初の映画専門チャンネルとして、⻑年にわたり数多くの作品を放送し続けてきたスターチャンネルの映画レーベル。感動や衝撃、忘れられない余韻が残る、私たちの“心が求める”作品を、スターチャンネルならではの視点で世界中からセレクトし、映画ファンの皆様にお届けします。

 https://www.star-ch.jp/starchannel-movies/(外部サイト)

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『リバイバル69 ~伝説のロックフェス~』公式サイト
新旧のロック・レジェンドが勢ぞろい!ジョン・レノンも急遽参加した、伝説の音楽フェスティバルの「真実」を描く傑作ドキュメンタリー 10/6(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

公開表記

 配給:STAR CHANNEL MOVIES
 10/6(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほか全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました