作品紹介

『息もできない』

イントロダクション

 偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。
 でも、そこから運命が動きはじめた……。
 「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人。父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる男サンフンと、傷ついた心をかくした勝気な女子高生ヨニ。純愛よりも切ない二人の魂の求めあいを、息苦しいまでにパワフルに描き、プサン国際映画祭でワールドプレミアされるや観客・批評家の熱狂を呼び、ロッテルダムはじめ世界の映画祭・映画賞で、25を超える賞に輝いた本作。韓国では、主人公の運命に涙する観客が続出し、インディーズとして異例の大ヒットを記録した。2009年11月に開催された第10回東京フィルメックスでは、史上初の最優秀作品賞(グランプリ)と観客賞をダブル受賞し、日本の映画ファンに鮮烈な印象を与えた傑作がついに公開となる。
 本作は、俳優として活躍してきたヤン・イクチュン初の長編監督作品。「自分は家族との間に問題を抱えてきた。このもどかしさを抱いたままでは、この先生きていけないと思った。すべてを吐き出したかった」。そんな切実な思いから脚本を書き始め、自分で資金を集め、製作にこぎつけた。自身の感情のありったけを注ぎ込んだ主人公サンフンを演じるのは、もちろん自分だ。途中、製作資金に困って家を売り払いさえした。そこまでの思いでつくりあげた『息もできない』は、まさにヤン・イクチュンの魂そのもの。物語はフィクションでも、映画の中の感情に1%の嘘もない、という。だからこそ、観客の胸を激しく揺さぶる。

ストーリー

 年上の友人が経営する債権取り立て業者で働くサンフン(ヤン・イクチュン)は、その情け容赦ない仕事ぶりで、仲間からも恐れられている。ある日、道を歩いていたサンフンは、偶然通りがかった女子高生ヨニ(キム・コッピ)に唾をかけてしまう。サンフンにひるまず文句をつけたヨニとけんかになるサンフン。これを機会に、境遇が似た2人はいつしか惹かれ合うようになるのだが……。

 (英題:Breathless、2008年、韓国、上映時間:130分、R-15)

キャスト&スタッフ

 監督・脚本:ヤン・イクチュン
 出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス、パク・チョンスンほか

ギャラリー

オフィシャル・サイト

息もできない
ビターズ・エンドによる配給作品『息もできない』の公式サイト

公開表記

 配給:ビターズ・エンド
 2010年3月20日よりシネマライズ渋谷他で公開

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました