最新ニュース

『メグレと若い女の死』冒頭映像解禁&推奨コメント到着&タイアップ決定

©2021 CINÉ-@ F COMME FILM SND SCOPE PICTURES.

 3月17日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開するフランス映画『メグレと若い女の死』。この度、冒頭映像と推奨コメントと共に、本作タイアップ情報も到着した。

 第42回カンヌ国際映画祭にノミネートされた『仕立て屋の恋』(89)や、第16回セザール賞にて7部門ノミネートされた『髪結いの亭主』(90)など、大人の恋愛劇に定評のあるフランスの名匠パトリス・ルコント監督の最新作『メグレと若い女の死』が3月17日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となる。
 パトリス・ルコント監督が8年ぶりに制作した最新作は、彼の出世作でもある『仕立て屋の恋』の原作者でもあるジョルジュ・シムノンの傑作ミステリー小説が原作。シムノンの代表作である〈メグレ警視シリーズ〉の中でも、深い余韻に包まれる読後感からファンにも人気の高い、1954年に発行された映画と同名の小説「メグレと若い女の死」を基にルコント節全開で描かれる。

 〈メグレ警視シリーズ〉は世界中で数えきれないほど映像化されており、日本でも愛川欽也がメグレを演じた〈東京メグレ警視シリーズ〉として1978年にテレビ朝日系列で放送。
 そして、この度のルコント版で主人公メグレ警視役を務めるのは、フランスきっての名優ジェラール・ドパルデュー。身長180センチ、体重100キロというこれまで実写化されたメグレの中で最も原作に忠実と言える大柄な体型を活かしつつ、重厚さと渋みを漂わせる名演が見どころだ。

事件の幕開けを予感させる冒頭映像公開!

 この度解禁となる冒頭映像は、若い女性がヴィンテージ・ドレス・ショップを訪れ、高級ドレスを試着するシーン。事件の幕開けを予感させる場面に注目だ。女性は、どこかよそよそしく、緊張している様子で入店し、シルクのイブニング・ドレスを身に纏う。上半身裸で胸を隠しながら、店員が背中のファスナーを上げ、腰に手を添えるシーンはどこか官能的で、ルコント監督らしさを感じられる。

 そして最後にアクセサリーを身に着けた彼女は笑顔を見せるが、悲しげにも見える。なぜ高級ドレスを必要としているのか、果たして彼女はどこへ向かおうとしているのか……。

各界の著名人から推奨コメント到着

 また、公開に先駆けて本作を鑑賞した各著名人から推奨コメントが到着。メグレをモデルにした“目暮十三”が登場するアニメ「名探偵コナン」で劇場版の脚本を務め、小説「福家警部補の挨拶」を執筆するなど多方面で活躍している作家の大倉崇裕さんは「執念の捜査の中に垣間見える、悲哀、愛情、怒り。これぞ、メグレだ」とコメント。パトリス・ルコントの小説『ショートカットの女たち』『リヴァ・ベラ』『いないも同然だった男』等の翻訳を手がけている、福岡大学名誉教授の桑原隆行さんは「ルコント健在なり。孤独の色に沈んだパリ、セーヌ河岸を歩くメグレとベティ、メグレ=ドパルデューの憂愁漂う後ろ姿、どれもが心に沁みます」と感想を寄せた。また、今回の上映に併せてジョルジュ・シムノン特集を手掛けたミステリマガジン編集部の井戸本幹也さんは「ミステリ界の巨匠の作品を、映画界の巨匠が新しく生まれ変わらせた傑作」と本作を絶賛。そして、1978年に放送された<東京メグレ警視シリーズ>でメグレを演じた愛川欽也の妻、タレントのうつみ宮土理さんは「愛川は『人間の心のやり取り』『情感』を描いている『メグレ・シリーズ』が大好きだった」と当時の思い出を振り返りながら、メグレ演じる愛川欽也について言及した。

推奨コメント

うつみ宮土理(タレント)
 愛川は「人間の心のやり取り」「情感」を描いている「メグレ・シリーズ」が大好きだった。
 中折れハットを被り、薄い色のサングラス、口髭をつけると、愛川は知的で温かいメグレ警視に変身した。
 愛川も観たかったでしょうね。

大倉崇裕(作家)
 画の中心にはいつもメグレがいる。殺された若い女は誰なのか。彼女を殺したのは誰なのか。
 執念の捜査の中に垣間見える、悲哀、愛情、怒り。これぞ、メグレだ。

桑原隆行(福岡大学名誉教授)
 簡潔と余情、台詞の妙、小道具(パイプ)と遊び心が心憎い演出。
 ルコント健在なり。孤独の色に沈んだパリ、セーヌ河岸を歩くメグレとベティ、メグレ=ドパルデューの憂愁漂う後ろ姿、どれもが心に沁みます。「気に入った?」「ああ」「よかった」時にはメグレのように映画館に!

井戸本幹也(ミステリマガジン編集部)
 メグレは事件の謎だけではなく、人の心も解き明かす。
 ミステリ界の巨匠の作品を、映画界の巨匠が新しく生まれ変わらせた傑作。

タイアップが決定!メグレたちが食した「鴨料理」を提供

 そして、行列ができる渋谷のフランス料理専門店「ブラッスリー・ヴィロン 渋谷店」とのタイアップが決定。本編中、禁煙によって健康が回復したメグレに対し、医師がお祝いに「鴨料理をごちそうするよ」と言い、メグレを連れて外出するシーンにちなみ、メグレたちが食したであろう「鴨料理」をイメージしたスペシャル・メニューを3/17(金)の公開日より提供する。ぜひ映画の上映と合わせて、メグレの世界観を堪能してほしい。

ブラッスリー・ヴィロン 渋谷店
映画公開記念 特別メニュー

 “鴨料理をご馳走するよ”
 禁煙を達成したメグレへ医師からお祝い!

 ◆小鴨胸肉のロティ グリンペッパーソース


  肉付きが良く脂肪の少ないバルバリー種の小鴨にグリンペッパーを使った濃厚でピリッとしたソースをかけた柔らかさと上品さのあるマイルドな味

  値段:¥6,300(税別)
  期間:3/17(金)~

 ブラッスリー・ヴィロン 渋谷店
 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町33−8 塚田ビル 2F

 唯一の手がかりである血塗られた高級ドレスが導き出す真相とは? シムノン・ファンであることを以前から公言していたルコントにとって渾身の一作である『メグレと若い女の死』は、3月17日(金)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

公開表記

 配給:アンプラグド
 3月17日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました