イベント・舞台挨拶アニメ

『それいけ!アンパンマン ロボリィとぽかぽかプレゼント』公開アフレコイベント

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2023

 アニメ映画『それいけ!アンパンマン ロボリィとぽかぽかプレゼント』公開アフレコイベントが都内で行なわれ、声優を務めた桐谷美玲とお笑いコンビのトレンディエンジェルの2名が出席してクロストークを繰り広げた。イベントには、アンパンマンとバイキンマンも応援に駆けつけた。

 アンパンマンは、1988年10月からテレビアニメがスタートし、翌89年3月には劇場版が初公開。昭和、平成、令和と3つの時代を通して「愛と勇気」を届けてきた。映画&テレビ35周年、絵本「あんぱんまん」(作・絵:やなせたかし氏)誕生50周年となる記念作品。
 今作は、ロボ彗星に住む、なんでも作れるロボットの女の子・ロボリィ(桐谷)が作ることができないたった一つの“大切なもの”をアンパンマンたちと、探すという物語。

 元気いっぱいのロボリィを演じた桐谷だが、公開アフレコということで記者やカメラマンに囲まれながら収録に「メッチャむずいです。こんなに見られながら、やったことがないので不思議な感じでした」と緊張気味。オファーがきたときを振り返って、「うれしくて、『私がやっていいんですか?』」と思わずテンションが上がってしまったことを告白。

 桐谷と夫で俳優の三浦翔平との間に生まれた長男は2歳。一緒に「アンパンマン」を見ていることを明かし、息子にゲスト声優に決ったことを話したそうだが、よく分かっていないようで、「なに――?」と返されたと言う。「私のほうが興奮しちゃいました。でもそのうちいばれるかも」とニッコリ。アンパンマン・ファミリーの仲間入りができてメチャクチャハッピーな様子。さらに、「息子は映画デビューがまだなので、この作品がデビューになるんじゃないかなと思います」と大喜び。

 普段話す声は低めの桐谷は、テンションを上げて声を入れたことも明かしていた。監督からは「元気いっぱい楽しんで!」とエールがあり、録音後には「まさにこの声だ」とお褒めの言葉をいただいたそうだ。

 4歳になる女の子がいるロボ彗星の長老・ロボじいを演じた斎藤は「いつもと違う声なので気づいてもらえるかな」と心配を吐露。また、娘にゲスト俳優になったことを伝えると、「ロボじいって誰?」と返され、タジタジになったそう。

 相方のたかしは、ばいきんまんとロボ彗星で大暴れするロボ・カビルンルンを演じている。せりふが「カ」と「ビ」の2文字のみで構成されているのだが「声をつぶしてつぶしてなりきりました」と大アピール。出番は少ないものの「小さい頃から見ていたものに出られてうれしい」と笑顔満開。芸人デビュー19年目の快挙となった。

 今作のテーマは「笑顔」。「最近、笑顔になったこと」を聞かれた桐谷は、「子どもとおもちゃでパン屋さんごっこをしているとき、息子が『はい、どうぞ。まだ熱いから気をつけて』って言ってくれたんです。可愛くて笑顔になります」とデレデレのママの顔を見せていた。さらに、頭痛がして休んでいる時には、「『大丈夫?』って駆け寄ってきておでこを冷やすものを持ってきてくれたりとか、自分の宝物の人形を並べて、『この子たちも見守ってくれているから大丈夫』」って言ってくれるんです」と、息子の優しい行動に目じりを下げっぱなしだった。

 最後に、斎藤は「お子さんの映画デビューにピッタリの作品です」。たかしは「大人も楽しめます。ぼくのしゃべっているところみつけてください」。桐谷は「思いやりとか笑顔とか大切なものをたくさん教えてくれる心が温まる映画になりました。ぜひお子さんと一緒に映画館ですてきな思い出を作ってください」とメッセージを送った。

 登壇者:桐谷美玲、トレンディエンジェ(斎藤 司、たかし)

 (取材・文・写真:福住佐知子)

公開表記

 配給:東京テアトル
 6月30日(金)より元気100倍!全国ロードショー

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました