最新ニュース映画祭・特別上映

『怪物』第76回カンヌ国際映画祭 クィア・パルム賞受賞

©2023「怪物」製作委員会

 フランス時間5月17日(水)、コンペティション部門の公式上映を無事に終え、9分半ものスタンディングオベーションで称えられた『怪物』(インターナショナルタイトル:MONSTER)。現地時間27日(土) 20時半《日本時間/28日(日)3時半》から開催される主要部門の受賞発表にも期待が高まる本作だが、先だって現地時間27日(土)に差しかかる頃、本作品が主要部門の授賞式前に発表される独立賞の「クィア・パルム賞」を受賞した。
 「クィア・パルム賞」は、カンヌ国際映画祭の独立賞のひとつで、LGBTやクィアを扱った映画に与えられる賞。
 2010年に創設され、第63回カンヌ国際映画祭から授与されている。公式部門とは別に独立した審査員が組織され、映画監督や俳優、ジャーナリストや大学教授、各国のクィア映画祭のプロデューサーなど、毎年5~8人が審査員となる。カンヌ国際映画祭のコンペティション部門、国際批評家週間、監督週間、ある視点部門に出品されたすべての作品が対象で、日本映画としては初の受賞となる。

 本賞の授与にあたり、審査員長のジョン・キャメロン・ミッチェル(『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』『パーティで女の子に話しかけるには』等監督)は「私たち審査員は、10日間で12本の映画を観ました。1本を選ぶのは大変な作業でしたが、ある作品が満場一致で選ばれました。その物語の中心にいるのは、他の子どもたちと同じように振る舞うことができず、またそうしようともしない、とても繊細で、驚くほど強い2人の少年です。世間の期待に適合できない2人の少年が織りなす、この美しく構成された物語は、クィアの人々、馴染むことができない人々、あるいは世界に拒まれている全ての人々に力強い慰めを与え、そしてこの映画は命を救うことになるでしょう。登場人物のあらゆる面を、繊細な詩、深い思いやり、そして見事な技術で表現した是枝裕和監督の『怪物』に、私たち審査員は満場一致でクィア・パルム賞を授与します」と述べた。
 それを受け、是枝監督は「ありがとうございます。まずこの作品を満場一致で選んでいただいたジョン・キャメロン・ミッチェルさん、審査員の皆さま、ありがとうございます。そしてこの喜びをここで分かち合っていただいている皆様にもお礼申し上げます。ありがとうございます。(ジョン・キャメロン・ミッチェルさんが)お話してくださった映画の紹介の中に、この映画を通して僕が描きたかったことが全て語られていて、ここで僕が何か言葉を重ねることは何も必要ないような気がしています。僕がこの映画のプロットを手にしたのは4年半ほど前なのですけども、その瞬間からこの主人公2人の少年が抱えている葛藤とどういうふうに、それを演じる少年と同じように作り手であるプロデューサー、監督、脚本家がその葛藤と向き合うべきなのか、どうしたら向き合えるのかを、とてもとても時間をかけてやってきました。映画がすべてを語っていると思うので、監督がここでなにかをいうのは、おまけのような、いらない蛇足なのですが本当に、この映画を愛していただいて感謝いたします。ありがとうございました」と語った。


 この受賞に続き、主要部門の受賞への期待が高まる。ぜひ、引き続きご注目いただきたい。

公開表記

 配給:東宝、ギャガ
 6月2日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか 全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました