最新ニュース

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』特報映像&ティザービジュアル&続編タイトル&公開日解禁

©2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

 2019年、魔夜峰央(まやみねお)の原作『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社/累計発行部数72万部)を二階堂ふみ・GACKTという強烈な個性を放つ主演二人により実写化し、興行収入37.6億円を叩き出した映画『翔んで埼玉』は、第43回日本アカデミー賞において最優秀監督賞を含む12部門を受賞し、数々の海外映画賞にも輝くなど、映画史にその名を轟かせると共に映画界を翔び越えた史上空前の<埼玉ブーム>という社会現象を巻き起こしたことでも記憶に新しい。埼玉県を徹底的にディスるという衝撃的な内容とは裏腹に埼玉県民の心に深く郷土愛を刻んだ本作は、先日発表された前作からの続投キャストである加藤 諒と益若つばさが一足早く埼玉県行田市を訪れ、ギネス世界記録™認定の超巨大田んぼアートとのコラボイベントを盛り上げるとともに“行田”が続編で重要な場所として登場することも匂わせるなどすでに話題を呼んでいたが、この度、『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』が続編の正式タイトルであることが発表され、公開が今秋11月23日(木・祝)であることと物語の一部も明らかになった。

無駄にド派手なスケールで描かれる映画完全オリジナルストーリー!!
麗と百美は“天下分け目の東西ディスり対決”をいったいどのように戦い抜くのか!?

 今回解禁となったのは、壮大な(!?)航海シーンからスタートする特報映像。「今ここで戦わなければ日本全土が大阪になってしまう」という麗の声が不安を煽り、「琵琶湖の水を止める」という仰天発言までもが麗の口から飛び出す。 険しい旅路の中で不気味な景色が見え隠れし、しまいには、大量のたこ焼きを食べながら「なんでっしゃろ?」と流暢な関西弁を話す百美の衝撃の姿も……! まさに、西も東も入り混じり埼玉のみならず日本中を巻き込んでいくことになる“天下分け目の東西対決”の兆しがうかがえる。日本最高峰の茶番劇を謳う本作が、今度は一体どんなディスり合いを繰り広げてくれるのか……期待高まる映像となっている。

 また、併せて解禁となったティザービジュアルからも西の風がひしひしと感じられる。まるで漫才師のような出で立ちの麗と百美が<関西の皆様 飛び火してすんまへん。>とおなじみの謝罪ポーズを関西弁とともに披露しているほか、おなじみの「○さ」マークに加え「阪」の文字や、どこかで見たことのあるシルエットもちらつく、今後の続報が気になってしまうこと間違いなしの隠しデザインがふんだんにあしらわれている。

 麻実 麗を演じたGACKTは続編について「『翔んで埼玉』なのに、なぜ関西に行くのか」とツッコミつつも、「壮絶な東西対決の行方は皆さんの予想を裏切り、期待には大いに応えられる作品になっていると思います」とアピール。壇ノ浦百美役の二階堂ふみは「前作プロモーションの関西キャンペーンで、続編は「止めるで琵琶湖」なんて安易に言ってしまったことを後悔しています」と、自身の発言がまさかの現実になったことをディスりながらも、「関西を巻き込んでいっても変わらず、“埼玉愛”、“郷土愛”そして“人とのつながり”をお届けいたします」と、本作でも変わることのない“翔んで埼玉”の世界観が広がっていることを明かした。若松央樹プロデューサーからは「今作では、地域の広がりだけでなく、登場人物の規模そしてキャラの濃さも、前作をはるかに超えるものとなっております。監督はじめ制作者一同愛を持って作ったこの茶番劇を再び楽しんでいただければと心より願っております」、武内英樹監督からは「続編は、関東はもちろんのこと関西を巻き込んだ東西ディスり対決!! まだまだ言えない情報もたくさんありますが、紛れもなく“愛をこめて”お届けいたします」と、それぞれ“愛”のこもったコメントが寄せられており、前作を超える壮大なスケールに期待がかかる。果たして東西ディスり対決はどんな展開を見せるのか。日本最高峰の茶番劇・第Ⅱ章から目が離せない。

コメント 全文

GACKT/麻実 麗 役
 『翔んで埼玉』なのになぜ関西に行くのか。そもそも関西に行くことがスケールアップなのか。よくここまでくだらなく突き詰めたなと思いながら撮影をしました。
 自由を手に入れたはずの埼玉解放戦線は、今度は何のために戦うのか。壮絶な東西対決の行方は皆さんの予想を裏切り、期待には大いに応えられる作品になっていると思います。
 前作からのスケールアップ、飛翔したストーリー、そして関西ならではの感情のキャッチボールをぜひお楽しみください。

二階堂ふみ/壇ノ浦百美 役
 前作プロモーションの関西キャンペーンで、続編は「止めるで琵琶湖」なんて安易に言ってしまったことを後悔しています。
 まさか本当に関西で続編が作られるなんて。
 『翔んで埼玉』公開以降、埼玉県の方にすごく声をかけていただくようになり、勝手に埼玉県代表のような気持ちになっています。関西を巻き込んでいっても変わらず、“埼玉愛”、“郷土愛”そして“人とのつながり”をお届けいたします。新たな『翔んで埼玉』の一面も見せられたらなと思っておりますので、ぜひお楽しみに。

若松央樹プロデューサー
 前作では、公開当日まで不安な日々を過ごしましたが、埼玉の皆様をはじめ関東そしてその他の地域の方々からも、公開後愛あるお言葉をいただき、本当に感謝しております。そしてこの度、さらに地域を拡大し、古くから言われております「東西対決」といったところに焦点をあてさせていただきました。関西の皆様には本当に飛び火してしまい、申し訳ありませんが、どうか寛大な心で見守っていたければ幸いです。また、埼玉の皆様におかれましても輪をかけて「相変わらず」でございますのでご容赦いただければと思っております。さらに今作では、地域の広がりだけでなく、登場人物の規模そしてキャラの濃さも、前作をはるかに超えるものとなっております。監督はじめ制作者一同愛を持って作ったこの茶番劇を再び楽しんでいただければと心より願っております。

武内英樹監督
 いよいよ皆様に『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』を発表することができます。
 続編は、関東はもちろんのこと関西を巻き込んだ東西ディスり対決!!
 まだまだ言えない情報もたくさんありますが、紛れもなく“愛をこめて”お届けいたします。
 画面の端々からスケールアップした“埼玉”の世界を感じ取っていただければ嬉しいですし、ふたたび皆様にこの茶番劇を楽しんでいただき、愛される作品になればこの上ない喜びです。
 公開となる11月23日まで、もう少しだけお待ちください。

ストーリー

 ~日本埼玉化計画・第Ⅱ章 東西対決~
 その昔、東京都民からひどい迫害を受けていた埼玉県人は自由を求め立ち上がった。
 麻実 麗・壇ノ浦百美をはじめとする埼玉解放戦線の活躍により通行手形制度が撤廃され埼玉は平穏な日常を手に入れた。
 しかし、それは単なる序章に過ぎなかった……。
 さらなる自由と平和を求め、埼玉の心をふたたびひとつにするため、埼玉解放戦線は次なる野望へと突き進む。
 遥か西の地・関西へと飛び火したこの事態は東西の天下を分かち全国をも巻き込む大事件へと発展していく。
 史上類を見ない壮絶なディスバトルの火蓋が今、切られようとしていた――。

キャスト&スタッフ

 キャスト:GACKT、二階堂ふみ ほか
 原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
 監督:武内英樹
 脚本:徳永友一

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『翔んで埼玉』公式サイト
原作:魔夜峰央(まやみねお) 累計発行部数62万部突破! 『翔んで埼玉』奇跡の実写映画化決定! 前代未聞!愛と爆笑の“埼玉ディス映画”遂に始動!! 2019年2月22日(金)ロードショー

公開表記

 配給:東映
 2023年11月23日(木・祝) 全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました