インタビュー

『1秒先の彼』岡田将生&清原果耶 スペシャル・インタビュー映像解禁!

©2023『1秒先の彼』製作委員会

 監督・山下敦弘と脚本・宮藤官九郎が初タッグを組み、岡田将生と清原果耶がW主演を務める『1秒先の彼』が全国公開中。この度、本編映像やメイキング映像とともに撮影を振り返る、岡田将生と清原果耶のインタビュー映像が解禁となった。

 『1秒先の彼』は京都を舞台に、何をするにも人より1秒早いハジメ(岡田将生)と1秒遅いレイカ(清原果耶)の“消えた1日”を巡る物語。郵便局の窓口で働くハジメは、何をするにもとにかく1秒早い。記念写真では必ず目をつむり、漫才を見て笑うタイミングも人より早い。街中で路上ミュージシャン・桜子の歌声に惹かれて恋に落ちたハジメは花火大会デートの約束をするも、目覚めるとなぜか翌日に。“花火大会デート”が消えてしまった……!? 秘密を握るのは、毎日郵便局にやってくる、何でも1秒遅い大学7回生のレイカのようで……。脇を固めるのは、荒川良々、羽野晶紀、加藤雅也、福室莉音、片山友希、しみけん、松本妃代、伊勢志摩、柊木陽太、加藤柚凪、朝井大智、山内圭哉ら個性豊かな俳優陣。また、先日惜しくも他界された笑福亭笑瓶が、飾らない人柄そのままに本人役でハジメが聴いているラジオ番組のDJと写真店店主の一人二役として出演している。

 この度、本編映像やメイキング映像とともに撮影を振り返る、岡田将生と清原果耶のインタビュー映像を解禁! インタビュー映像では、人より1秒早いハジメと1秒遅いレイカを演じた岡田と清原の撮影を振り返るトークが実現! 人とはタイミングが合わないながらもチャーミングでキュートなキャラクターは本作の魅力の肝になっているが、どのようにキャラクターを演じたかについて、岡田は「1秒早いというズレをいかに楽しむかというのを山下監督とも話しながらハジメくんというキャラクターを作っていった」、清原は「『これが正解だよ』みたいな感じではなかったので一緒に迷いながら、相談しながら撮影してたと思います」と語り、山下監督とともに、現場で試行錯誤を重ねながらキャラクターを作り上げていったことを明かしている。また本作は、主人公が前半はハジメ、後半はレイカと切り替わり「A面とB面」という作りになっているが、岡田は「(同じシーンをハジメとレイカのそれぞれの視点で繰り返すため)ほかの映画よりもカット数が倍だった」と、撮影も特殊な方法で行われたことを振り返る。A面=ハジメの視点には、実はハジメを追いかけるレイカの姿が映りこんでいるという仕掛けが隠されているが、こっそりとハジメを追いかける健気なレイカの様子には、岡田は思わず「レイカちゃんがんばれ!」と応援していたと語り、清原は「この現場で初めて“見切れる”を頑張った」と一風変わった努力があったことを明かしている。メイキング映像には、郵便局の窓口でのシーンでハジメとレイカのやり取りのズレを監督と話しながら細かく調整している様子や、ハジメと桜子のデートのこっそりついていくレイカの“見切れ演技”の様子が収められている。

公開表記

 製作幹事・配給:ビターズ・エンド
 全国公開中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました