最新ニュース映画祭・特別上映

【ジャン・ユスターシュ映画祭】8⽉18⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国順次開催!予告編解禁

© Les Films du Losange

 8月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋⾕ほかにて開催される、伝説的監督ジャン・ユスターシュ監督の特別上映【ジャン・ユスターシュ映画祭】。この度、予告編が解禁になった。

 1938年にフランスに⽣まれ、60年代前後にジャン=リュック・ゴダールやジャック・リヴェット、エリック・ロメールらカイエ・デュ・シネマの作家たちと知り合い映画業界へ。映画史に残る傑作『ママと娼婦』で、⼀躍時代の寵児となったフランスの映画監督、ジャン・ユスターシュ。しかし度重なる奇⾏、⾃⼰破壊的な⾏動が影響してか、その後1本の⻑編とわずかな中・短編を⼿がけただけで、1981年、42歳にして拳銃⾃殺を遂げた。しかし今年、4Kデジタルリマスターで甦った『ママと娼婦』がパリ、ニューヨークをはじめ各地で上映され、その痛ましいまでの美しさに世界は再び驚愕した。
 8/18(⾦)より開催される【ジャン・ユスターシュ映画祭】では、そんな『ママと娼婦』はじめ、彼のたったもう⼀つの⻑編作『ぼくの⼩さな恋⼈たち』、ロメールやゴダールに称賛された初期の代表作『わるい仲間』(中編)、『ママと娼婦』と同じくジャン=ピエール・レオーが主演を務めた『サンタクロースの眼は⻘い』(中編)を上映する。

© Les Films du Losange

 この度、映画祭の予告編が完成。メインビジュアルにもデザインされた『ママと娼婦』の三⼈の登場⼈物(ジャン=ピエール・レオー、フランソワーズ・ルブラン、ベルナデット・ラフォン)が部屋で⾔葉を交わすシーンはじめ、『ぼくの⼩さな恋⼈たち』『わるい仲間』『サンタクロースの眼は⻘い』それぞれの有名なスチール写真が<動いている>瞬間が抜き出され、幻の作品群に期待の膨らむ内容となっている。特に、今回上映される中で唯⼀のカラー作品である『ぼくの⼩さな恋⼈たち』の、柔らかな⾊彩の美しさには息をのむ。最後には『ママと娼婦』の主演、ユスターシュ監督⾃⾝を演じるかのようなジャン=ピエール・レオーがカメラに向かって真っ直ぐ語りかけるシーンも登場。彗星のように現れ、疾⾵のごとく去った作家が綴るたくさんの⾔葉や、愛や死をめぐる問い、⼈⽣の鮮烈な⼀コマ。忘れがたい映画体験となるであろう、ジャン・ユスターシュの作品と対峙する機会をぜひ、楽しみにお待ちいただきたい。

上映作品

『わるい仲間』Les Mauvaises fréquentations

© Les Films du Losange

 監督:ジャン・ユスターシュ
 出演:アリスティド・ドメニコ、ダニエル・バール、ドミニク・ジェール
 (1963年、フランス、上映時間:39分)

 ユスターシュの妻ジャネット・ドゥロにふりかかった災難に基づいて構想された作品。主⼈公はタフガイ気取りで品位を⽋く、どこか不快感を催させる若者⼆⼈組。彼らは街をぶらぶらするうちに知り合った⼥性を⼝説こうとするが、なびいてこないので腹いせに彼⼥の財布を盗む。ヌーヴェル・ヴァーグ映画的な街なかでのゲリラ撮影を活⽤しながらも、ここでのパリは⽣きづらい寒々しく退屈な街へと変貌しており、登場⼈物の「リアルな」描出ともども新世代作家の台頭を印象づける。

© Les Films du Losange

『サンタクロースの眼は⻘い』Le Père Noël a les yeux bleus

© Les Films du Losange

 監督:ジャン・ユスターシュ
 出演:ジャン゠ピエール・レオー、ジェラール・ジメルマン、ルネ・ジルソン
 (1966年、フランス、上映時間:47分)

 『ママと娼婦』『ぼくの⼩さな恋⼈たち』と併せて、ユスターシュの⾃伝的三部作を形成する⼀本。
 ゴダール提供による『男性・⼥性』(66)の未使⽤フィルムを使って撮られた。貧しい⻘年ダニエルは、モテるためのダッフルコート欲しさにサンタクロースの扮装をして街⾓に⽴ち、写真撮影のモデルを務める仕事を引き受ける。やがて彼は、変装した⽅がナンパに好都合であることに気づくが……定職のない若者の冴えない⽇々を描きつつ、やがて彼の滑稽な⽇常が悲哀へと、期待が幻滅へと転調する語り⼝が絶妙。

© Les Films du Losange

『ママと娼婦』La Maman et la putain

© Les Films du Losange

 監督:ジャン・ユスターシュ
 出演:ベルナデット・ラフォン、ジャン゠ピエール・レオー、フランソワーズ・ルブラン
 (1973年、フランス、上映時間:219分)

 ユスターシュにとって最初の⻑編映画である本作は、4時間近い破格の上映時間を通じて、やはり作家の私的経験に基づいた物語を綴っていく。その物語とは、72年のパリを舞台に、五⽉⾰命の記憶を引きずる無職の若者アレクサンドルと彼の年上の恋⼈マリー、前者がカフェで知り合った性に奔放な20代の看護師ヴェロニカの奇妙な三⾓関係を描いたもの。完成作はカンヌ国際映画祭でグランプリを獲得。男⼥の性的関係が台詞も含めて⾚裸々に描かれた本作はスキャンダルをも巻き起こしたが、今や映画史上の傑作の⼀本として不動の地位を築いている。

© Les Films du Losange

『ぼくの⼩さな恋⼈たち』Mes petites amoureuses

© Les Films du Losange

 監督:ジャン・ユスターシュ
 出演:マルタン・ローブ、イングリット・カーフェン、ジャクリーヌ・デュフレンヌ
 (1974年、フランス、上映時間:123分)

 2本⽬にして最後の⻑編監督作。題名はランボーの同名の詩から採られている。ペサックで⼼優しい祖⺟と⼆⼈暮らしをしていた13歳の少年ダニエルが、やがて⺟が継⽗と住むナルボンヌに移住し、経済事情から学業を諦めて原付⾃転⾞修理店で⾒習いとなる物語には、ユスターシュの少年時代の記憶が多分に投影された。作家によれば、「⾃分の映画はどれも最初から社会ののけ者の中に⾝を置く」⼀⽅、本作だけは「ある⼦どもの、普通の⽣活から脱落者の境遇への移⾏」を描いている。

© Les Films du Losange

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『ジャン・ユスターシュ映画祭』公式サイト
謎に包まれた伝説の映画監督 映画史に刻まれた4 つの傑作が4K デジタルリマスター版で甦る 【ジャン・ユスターシュ映画祭】 8⽉18⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ渋⾕ほかにて開催

【ジャン・ユスターシュ映画祭】公開表記

 配給:マーメイドフィルム/コピアポア・フィルム
 8月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋⾕にて開催、ほか全国順次ロードショー

(オフィシャル素材提供)

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました