イベント・舞台挨拶

『THE FIRST SLAM DUNK』トークイベント付き上映会<COURT SIDE in THEATER FINAL>

©I.T.PLANNING,INC.
©2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

 2022年12月3日(土)より公開した映画『THE FIRST SLAM DUNK』。国内の観客動員は1057万人、興行収入は152億4300万円を突破(8月13日時点)。
 この度、長い上映期間を駆け抜けてきた本作が8月31日で幕を下ろすことが決定し、その最後のイベント、トークイベント付き上映会<COURT SIDE in THEATER FINAL>が8/15(火)に実施された。登壇したのは、宮城リョータ役の仲村宗悟、三井 寿役の笠間 淳、流川 楓役の神尾晋一郎、桜木花道役の木村 昴、赤木剛憲役の三宅健太の湘北メンバーを演じたキャスト5名、そして原作・脚本・監督の井上雄彦。本イベントは、全国のスクリーンで生中継された。(※台風の影響により、一部劇場では生中継を中止)

 最初に舞台上に登壇したキャスト5名は、「公開256日間の異例のロングランを迎えた今の心境」を聞かれると、まずは三宅が「こんなに長く上映しているのは初めてですし、応援してくださってる皆さんの熱意がこんなにも消えないというのは初めての経験で、『感動しました』というような声を聞くたびに、緒を締め直さなきゃいけないなという気持ちです」と答えると、仲村は「ここまで来ると、もう終わってほしくないですよね」と呼びかけ、笠間と神尾が「本当にそうだよね!」と話しを続ける中、木村は「あの……終わらせません!」と宣言し、笑いと共に大きな拍手が鳴り響き、湘北キャスト5人の抜群のチームワークを見せた。
 締めの挨拶では、三宅からは「8/31で一度区切りですが、『THE FIRST SLAM DUNK』の試合はまだまだ続いてますんで、皆さん引き続き31日まで応援の程、よろしくお願いします!」と伝え、続く木村は「このまま皆様と駆け抜けていきたいなと思います。8/31、『野菜の日』ですね。頑張っていきたいと思いますので、最後の最後までお楽しみいただけますと幸いです」と笑いに溢れたメッセージを送った。神尾は「野菜の日に終わるというふうな形になってますけども、やっぱり思うのは、バスケの試合なんで、大勢の人で一緒に観るという体験が、今月末までなんだなと思うと寂しい気もする。一緒に観戦する、共通の感覚を楽しむということを、残りの日数もたくさんの方と存分に楽しんでいただければと思います」と締めると、笠間は「僕は『スラムダンク』に出合ってバスケを始めて、そして三井 寿に憧れて、そして何の運命か、こういった形で三井を演じさせていただくことになりましたけども、同じように映画を観て、バスケしてみたいと思う小さな子たちであったり、昔やってたけどもう一度バスケしてみるかというような人がたくさんいてくれるといいなと思います」と自身の経験に重ねた言葉を紡いだ。そして最後の仲村は、「観て下さった皆様、本当にありがとうございます。そして、キャストの皆、皆で命を懸けて、この作品取り組みました。そしてスタッフの皆様、寝られない日もあったでしょう。本当に心から感謝しております。監督も企画から構想、脚本も書いてくださって、本当にありがとうございます。僕のスラムダンクはまだまだ続いていきます。だからこの言葉で締めさせてください。『行ってくる』」と、各方面への感謝を述べつつ、最後は自身のキャラクターである宮城リョータのセリフで締めくくった。

 声優キャストが降壇すると、続いて井上雄彦監督が登壇、トークイベントの第二幕が始まった。「公開してから心境の変化はありましたか」と質問されると、「公開前はすこしでも良くしたいという気持ちで、ベストを尽くすことだけ考えていた。完成までは、スタッフの皆さんも頑張ってくれる人たちだったので、自分も少しでもいいものにしようとしていた。公開後っていうのは、映画は完成したとはいえ、観てもらわないと存在価値もない。お客さんに観てもらって、その人の中に届く、伝わった時にやっと完成するという気持ちなので、伝わってくれるといいなと思いながら過ごしてました」と語った。「円盤(DVDやBlu-ray)は出ますか?」という質問に対しては、「出した方がいいですか?」といたずらっぽく問いかけると、場内には今日一番の拍手が鳴り響いた。さらに「出さない人だと思ってるでしょ?」と観客に語りかけ「そんなことないですよ」と続け、拍手はより一層の盛り上がりを見せた。

 時間が迫り、最後に井上雄彦監督から、会場の観客と配信先で観賞している観客へ、「この映画は、スラムダンクという名前のもう一本の樹です。物を作るときに、“予定調和”ってことはしたくない。ただなぞるとか、移し替えるとかはあまりそそられない。それで、この映画もちょっと違う感じになったかなと思います。マンガを描くときに何を大事にしてたかというと、マンガでページをめくった先で驚いてほしい、ワクワクしてほしい、喜んでほしいという気持ちが根っこにあるんですね。同じ気持ちでずっと作ってきました。伝わって完成すると言いましたけど、段々完成しつつあるのかなという感じがしてます。本当にありがとうございます」という感謝のメッセージが伝えられ、<COURT SIDE in THEATER FINAL>はフィナーレを迎えた。

 本イベントに参加できなかった人にも、イベントの模様を全国映画館で楽しめるように「ラストゲーム」と称した8/25(金)~8/31(木)の7日間限定で、今回の<COURT SIDE in THEATER FINAL>の模様を収録・編集した映像(20~30分予定)付きの特別上映を、全国の劇場で実施予定!
  ※ 一部劇場・上映回を除く。詳細は各劇場HPをご確認ください。

 登壇者:仲村宗悟、笠間 淳、神尾晋一郎、木村 昴、三宅健太、井上雄彦(原作・脚本・監督)

公開表記

配給:東映
12月3日(土)より全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました