最新ニュース

『グランツーリスモ』リアルにこだわったニール・ブロムカンプ監督の撮影の裏側――特別映像を解禁!

 前代未聞のプロジェクトに挑んだ男たちがいた。ゲームのトップ・プレイヤーをプロ・レーサーに育成する前代未聞のプロジェクト「GTアカデミー」。プレイヤーの才能と可能性を信じてアカデミーを立ち上げたひとりの男(オーランド・ブルーム)、ゲーマーなんかが通用する甘い世界ではないと思いながらも指導を引き受ける元レーサー(デヴィッド・ハーバー)、そして幼い頃からレーサーになることを夢見るゲーム・プレイヤー(アーチー・マデクウィ)。この無謀とも思われる夢に向かって突き進んでいった者たちの<実話>として話題のハリウッド映画『グランツーリスモ』《9月15日(金)日本公開》。
 本作が現地時間8月25日(金)に全米3,856館で公開され、興行収入1,740万ドル(約25億円)を稼ぎ全米オープニングNo.1の大ヒットスタートとなった!(プレビュー興行含む)なお、8月27日(日)は全米の多くの劇場で4ドルで映画を鑑賞することができるナショナル・シネマ・デーだった。(※8/29付Box Office Mojo調べ、1ドル=146.4円換算、8/29現在)

★「ロッテン・トマト」驚異の98%!!!批評家からも観客からも大絶賛の嵐!

 米レビューサイト「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」のAudience Score(観客スコア)では98%という高評価! さらには観客の出口調査「CinemaScore(シネマスコア)」でもAという評価を獲得している。(8/29 午前9時時点)
 さらには、映画批評家からも熱のこもったレビューコメントも続々到着! ありえないような<奇跡の実話>の大満足の見ごたえに大絶賛の声が溢れている。

 ★これが実話だという衝撃から立ち直れない!(Anna Cordaiy / TODAY《AUSTRALIA》)
 ★夢を諦めるな。と奮い立たされる!(Robert Littal / BLACK SPORTS ONLINE)
 ★レーサー版『ロッキー』だ!(CINEMABLEND)
 ★ぶっちぎりのレーシング・パフォーマンス!(Katie Doll / CBR)
 ★最も激しく、エキサイティングなレースシーン!(Rory Cashin / JOE.IE《IRELAND》)
 ★素晴らしい。本物だ!(Drew Taylor / THE WRAP)

 さらには、全米大ヒットを記念して、本作の監督であるニール・ブロムカンプが撮影時のこだわりを明かした特別映像が初解禁された!

とことんこだわり抜いたレースシーンの【臨場感】【スピード感】!
全てがリアル!!衝撃映像満載の撮影舞台裏がついに解禁!

 今回解禁された映像では、ニール・ブロムカンプ監督(『第9地区』『チャッピー』)がこだわり抜いた本作の撮影の舞台裏について明かしてくれている。監督は元々車好きで劇中にも登場するNISSAN GT-Rを個人的にも所有していたと明かし、本作を監督できることは喜びだと語る。そして奇跡の実話を基にした本作を、壮大だが現実味のある物語として届けたかったとし、熱量を持って撮影に挑んだ。
 「今作では、全てがリアルです。車を運転している場面でも役者たちが、本来出すべきスピードにかなり近い速度でコースを走っているんです」とブロムカンプ監督は明かす。リアルな映画にするために、撮影には本物のレーシングカーが使用され、スロバキアのスロバキア・リング、ドバイ・オートドローム、ドイツのニュルブルクリンク、オーストリアのレッドブル・リンク、ハンガリーのハンガロリンクという本物のサーキットで、GTアカデミーとル・マン24時間レースのシーンの撮影が行われた。しかし、観客に映画の没入感や最大限の臨場感を味わってもらうには「本物の車とサーキットを揃えただけでは不十分で、雰囲気もリアルにしなければならない」と考えた監督。そこで様々なカメラを使い分けることにより独自撮影の方法を構築し実現していった。
 まずはコックピットの内側と外側から撮影をし、普段観客が見ることのできない窓ガラスを打つ微粒子や光の反射などを逃すことなく撮影した。監督は「高速で追いかける車のフロントの低い位置にあるリモートヘッドのカメラを使い、地面から数センチの所から外側を撮ることで、競り合う車同士のスピード感が非常によく伝わる映像が撮れる」と話す。また緊迫感あふれるパワフルなレースを撮影するため、ドローン・レーシングで使用されるFPVドローンと、カーレースのTV中継などでも使用されるシネマティック・ドローンが導入された。それによりリアルにこだわりながら、観客が今まで見たことのない、猛スピードで走る車を見せることに成功している。

 さらにハイスピードのアクションを見せることを重視する一方で、レーサーたちが経験する極限の精神状態も捉えたいと考えた監督は、俳優たちに焦点を当てる撮影も敢行。「レーサーたちは“レースは自分との闘いだ”と言い、自らの限界を試し、疲労の壁を超えることで車と一体となる」と言う、実際のレーサーの体験を基にその感覚を再現するため、車内のスペースにカメラを置き、過酷な状況下で戦うレーサーたちの表情をよりリアルに捉えた。

 高い撮影技術を駆使し、よりリアルな映像体験を観客に見せるため、とことん実写にこだわった本作。映像の臨場感や没入感ももちろんだが、ゲームのトッププレイヤーからレーサーになるという不可能な戦いに挑んだヤン・マーデンボローの奇跡の<実話>は、どんな映像体験よりもリアルにドラマチックで胸を熱くするだろう。世界一過酷な夢への挑戦を描く映画『グランツーリスモ』は、ついに9月15日(金)より公開。ぜひ全国の映画館でその臨場感と凄まじいほどの奇跡を目撃してほしい。

ゲーム「グランツーリスモ」とは……

 1997年にPlayStation®用ソフトとして誕生し、全世界でシリーズ累計9,000万本(※)を売り上げ大ヒット中のリアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモ」シリーズ。リアルなクルマの挙動をそのまま再現した本シリーズは「オリンピックEスポーツシリーズ」や「国体・文化プログラム」の競技種目にも選ばれている。最新作は、PlayStation®5/PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモ7』(発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント、開発元:ポリフォニー・デジタル)(※)2022年11月16日時点

◆「グランツーリスモ」シリーズ公式サイト

products | gran-turismo.com

「GTアカデミー by 日産×プレイステーション」とは……

“ゲーマーからレーサーへ”
 日産、プレイステーション、ポリフォニー・デジタルによって2008年に始まったバーチャルとリアルを繋ぐ革新的なドライバー発掘・育成プログラム(※2016年まで実施)。世界中から選抜された「グランツーリスモ」のトップ・プレイヤーに、本物のプロフェッショナル・レース・ドライバーになる生涯一度のチャンスが与えられた。選抜試験は過酷を極め、ゲームのドライビング・テクニックだけでなくレーサーとして必要な精神力、体力も試されるものだった。前代未聞のチャレンジに企画当初は異端視されるも、「GTアカデミー」出身の数多くの選手がその後、リアル・レースで表彰台に上がることになる。

◆「グランツーリスモ」シリーズ公式サイト内「GTアカデミー」紹介ページ

GTアカデミー
「GTアカデミー by 日産×プレイステーション®」は日産、プレイステーション、ポリフォニー・デジタルによって2008年に始まったバーチャルとリアルを繋ぐ国際的なコンテスト。「グランツーリスモ」のトッププレイヤーに、本物のプロフェッショナル...

公開表記

 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 9月15日(金) 全国の映画館で公開!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました