インタビュー

『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット×娘役エマ・ネルソン“親子”対談インタビュー映像解禁

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

 リチャード・リンクレイター監督×ケイト・ブランシェット主演の話題作『where’d you go Bernadette(原題)』の邦題を『バーナデット ママは行方不明』として、9月22日(金)新宿ピカデリーほか全国公開する。

オスカー俳優ケイトと4人の子供たちの㊙︎私生活から、期待の新星エマ・ネルソンとの貴重な撮影エピソードまでを大公開!

 この度、本作の主演・バーナデットを演じたケイト・ブランシェットと、娘のビーを演じたエマ・ネルソンの貴重な“親子”対談インタビュー映像が解禁! 劇中では、お互いを誰よりも理解し、思いやる、まるで親友のような関係のバーナデットとビーだが、その撮影の舞台裏とは……? リンクレイター監督との撮影秘話から、ケイトと子どもたちの私生活まで、貴重なエピソードの数々を明かしてくれた。

 まず話題は2人のキャラクター作りについて。エマは本作が映画デビューとなるが、彼女の演技をオスカー俳優であるケイトが大絶賛。「エマは素晴らしくて、ただ見ていれば良いからリック(リンクレイター監督)は撮影をしやすかったはず。頭がよく個性がある」と話し、「私の歳になっても、何が正しいのか学んでいる途中なのに!」と笑いながら語る。ケイトが演じるバーナデットについては、その憑依具合に思わずリンクレイター監督も驚いたという。「リハーサルに歩いて来た姿が窓から見えて、リックが“彼女こそがバーナデットだ!”って」と、エマが撮影時のエピソードを打ち明け、ケイトが本当にバーナデットだったからキャラクターにうまく入り込めたと話す。さらにエマはケイトと、今までにない台本読みの手法を使ったことによって「娘を演じる前にケイトと関係性を築くことができた」と、2人は映画の親子さながらの関係だったことが明かされた。

 ケイトは、子育てに奔走するバーナデット役にちなみ、自身の子育てについてもコメント。劇中にも登場する、車中での親子のコミュニケーションについて、ケイトと子供たちの経験を明かし、「車の中で空気が悪くなるようなメールが届くことも。子どもに“そんなこと言ったらだめ”と言われたり、“心配しないで何をそんなに心配しているの”と言われたり、そんなこと言われたら涙が溢れてくる。バーナデットとビーの関係は、まさにそういったものね」と、バーナデットとビーの関係を自信の親子関係に重ね合わせた。

 そして映画での女性の描かれ方について、エマは、かつて男性中心だった描き方は確実に変わり、本作『バーナデット ママは行方不明』はその完璧な例だと話し、ケイトも本作のような物語がニッチな経験ではなく主要社会で語られるようになったことは素晴らしいことだと思う、と語った。

 『TAR/ター』での圧巻の演技が記憶に新しいケイトが魅せる、破天荒だが憎めない愛すべきキャラクター・バーナデットと、そんな母を心から信じ、尊敬する娘のビーとの、愛情に満ちた関係に心が温まる本作。ぜひ、劇場のスクリーンでご鑑賞いただきたい。

オフィシャル・サイト(外部サイト)

映画『バーナデット ママは行方不明』オフィシャルサイト
9月22日(金)新宿ピカデリー他全国公開|『TAR/ター』『オーシャンズ8』ケイト・ブランシェット主演×『6才のボクが、大人になるまで』リチャード・リンクレイター監督

公開表記

 配給:ロングライド
 9月22日(金)新宿ピカデリーほかにて全国公開

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました