イベント・舞台挨拶

『夜明けのすべて』公開記念舞台挨拶

©瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

 2月10日(土)に『夜明けのすべて』公開記念舞台挨拶が実施され、松村北斗、上白石萌音、りょう、光石 研、三宅 唱監督が登壇した。

 この日の様子は全国124館に同時生中継。キャスト&監督は全国に向けて手を振りながら、昨日からの念願の公開を喜んだ。パニック障害を抱えたことで人生が一変する山添くんを演じた松村は「たくさん笑えたり、救われたりする映画になってると思います。昨日を皮切りにどんどん救われていく人が増えていったらいいなと思います。この輪を皆さんで広げていけたら嬉しいです」と感慨無量で挨拶。

 PMSによって月に一度イライラが抑えられず、怒りを爆発させてしまう藤沢さんを演じた上白石も「映画に携わった一員としても、皆さんよりもいち早く映画を観た一人としても、早く公開されないかなと思っていました。今とても嬉しい気持ちです」と喜びを口にしていた。

 撮影中の裏話を聞かれた松村は、山添くんが洗車するシーンを挙げて「リハーサルで車を拭いているときに、本番以上に擦れてキュ~!と鳴って藤沢さんからギロッと睨まれた」と思い出し笑い。これに上白石は「藤沢さん的にもかなり嫌な音だったので睨ませていただきました。でも懐かしい」と微笑。その上白石は、藤沢さんの母親・倫子を演じたりょうが「コートを傘みたいにして雨の中に入っていくところ。雨降らしのシーンは寒かったりするけれど、あのシーンはなんとも言えない幸せな雨降らしでした」と回想すると、「今までで一番温かい雨降らしでしたね。あの瞬間に二人で姉妹のようにキャッキャしていました。面白い関係性の親子でした」と気に入っていた。

 一方、山添くんと藤沢さんが勤める栗田科学の社長・栗田和夫役の光石は「(松村と上白石)お二人の醸し出す空気感を邪魔したらいけないと思って、撮影中は目立たないようにしていました」と存在感を消していたというが、松村からは「光石さんがお昼の時間にみんなの会話を回していた」との証言が。さらに上白石からも「光石さんはイタズラ好き。私の本番の瞬間に、休憩中の光石さんがペンライトで私の顔に光を当ててケラケラと笑って『可笑しい! 可笑しい!』と……。あれは一体……」とのエピソードが上がり、当の光石は赤面させて無言で謝罪。光石の無邪気すぎるイタズラに松村が「今のは2歳児とのエピソードですよね!?」と驚くと、光石は「62歳児です!」と苦笑いだった。

 また本作の内容にちなんで「日ごろ心がけている思いやり」をお題にトーク。松村は大勢で移動する際に足元に段差があった際、「後ろの人が会話に熱中している場合は気づかないのではないかと思い、『段差だから気をつけて』とは言わず、自分でその段差を降りる際に躓いたのを装って『おお……』と言って気づかせる」と明かし「普段グループで活動していて、僕以外に5人もいますから。誰にもケガしてほしくないから」とその理由を説明していた。

 PR活動を通して共に移動していた上白石だが、この松村の気遣いに「ごめんなさい。私は察知できていませんでした」と反省。これに松村は「僕の気遣いはシームレスですから。気づかない間に潜在の中に入っていきますから」と謎の解説をすると、上白石は「それって思いやりとして成功しているんですか……?」と素朴な疑問を口にしていた。

 そんな上白石は、劇中でティッシュ配りを経験したことから「人に受け取ってもらえると嬉しくて、その一瞬でも優しさってもらえると思った」と実感し「誰かにとってのいいお客さんでいたいと思っています。コンビニのレジとかでも、ちょっとでもほっこりしてもらえるように飴ちゃんを配るさまに、優しさを置いていける人になりたい」と話した。

 舞台挨拶後半にはサプライズで主演の二人に三宅監督からの感謝の手紙が読み上げられた。「上白石さんと松村さんがどういう人かを一言で言うなら、お二人とも『本気な人』。お二人のコンビネーションは最高でした。この映画の上白石萌音が素晴らしいのは相手が松村北斗だったからであり、この映画の松村北斗が素晴らしいのは相手が上白石萌音だったからです」などと評された二人。

 これに松村は「三宅監督こそ本気な人。一番本気であって努力をされる方なのに、自分の努力を人の賞賛のためにあげてしまえる優しさがある。それは人として惚れている部分であり、人としてもらっていかなければいけない」と感動。上白石は「ずっとズルイ!」と照れながら「監督とお会いする前に実は卒論くらいの量の手紙をいただいて、その時から監督に心を掴まれっぱなし。私は監督がくださる言葉が好きで、素敵な言葉をお持ちということは心と器が素敵ということ。私たちはこの監督が大好きで、この監督のもと本気で映画を作ってきたんだと思います。三宅監督は、私たちが本気になりたいと思わせくれる監督です」と感謝していた。

 最後に主演の松村は「この映画を観て感じたこと、その思いと向き合ってみてほしいです。今後もこの映画とあなたの御縁を続けさせてもらえたら嬉しいです」とアピール。上白石は「どんなに苦しい時も何かに心を支えてもらえる瞬間というものがあって、この映画が誰かのそんな瞬間を担えたら嬉しいです。この映画に出合っていただき、ありがとうございます」と胸いっぱいの様子で感謝の気持ちを伝え、イベントの幕が閉じた。

 登壇者:松村北斗、上白石萌音、りょう、光石 研、三宅 唱監督

公開表記

 配給:バンダイナムコフィルムワークス=アスミック・エース
 大ヒット上映中!

(オフィシャル素材提供)

関連作品

呪怨:呪いの家 DVD BOX
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました