イベント・舞台挨拶

『水は海に向かって流れる』公開直前ヒット祈願イベント

©2023映画「水は海に向かって流れる」製作委員会 ©田島列島/講談社

 漫画家・田島列島氏による同名コミックを原作にした映画『水は海に向かって流れる』(6月9日公開)。その公開直前ヒット祈願イベントが6月6日(火)に赤城神社で行われ、主演の広瀬すずと共演の大西利空が浴衣姿で参加した。

 26歳のOL・榊さん(広瀬)と高校1年生の直達(大西)を中心に、クセ者揃いのシェアハウスの賑やかな日常を描いた本作は、「恋愛はしない」と宣言する榊さんと10歳年下の直達が綴る、ときめきと感動の物語。

 劇中では、雨の日に運命を変える出会いを果たす広瀬と大西。雨や傘が象徴的な本作に、相応しく劇中さながらの雨模様のなか傘を差しながらの登場となった広瀬は「夏らしい恰好をしているので夏気分で!」と満面スマイル。大西も「雨が降っているけれど今日は楽しくできたらいいな!」とポジティブマインドで臨んだ。

 夏到来を感じさせる一足早い浴衣姿披露に広瀬は「浴衣を着るともうすぐ夏が来るんだなと季節を感じます。浴衣はお仕事でしか着る機会がないけれど、一人じゃなくて誰かと一緒に浴衣を着られるのは楽しくて嬉しい」と大西との浴衣2ショットに喜び。一方、広瀬の浴衣姿に大西は「明るい色ですごくお綺麗。とても鮮やかで夏の綺麗さもあってすごく良いです」と照れてややしどろもどろになると、すかさず広瀬から「コメントに困るのやめてもらっていいですか……?」と仲良さそうなツッコミを入れられていた。

 ご神殿でのヒット祈願を前に、映画のヒット以外に何をお願いしたいのか尋ねられた広瀬は「いっぱい睡眠の時間がもらえますように」といい「睡眠時間はあるけれど、梅雨時期になると眠くなる。そういう季節なのかなと思いつつも、無駄にたくさん寝たいというわがままです」と照れ笑い。大西は「僕は学校を一週間くらいお休みにしてほしい。睡眠の時間もそうだけれど、家でゆっくりする時間が好きなので」と高校生ならではの願望を口にしていた。

 また影響を受けた人物の話題になると広瀬は、姉で女優の広瀬アリスの名前を挙げて「影響を受けたというか、同じ道に導いてもらっている。このお仕事もそうだしバスケもそうだし、私はずっと姉の歩んだ道をちょこちょこと後ろについて行っているなと思います」と姉妹仲も良さそう。大西はかつて共演した俳優の舘ひろしの名を挙げて「アドリブなど臨機応変に対応することを学びました」と俳優としてリスペクトしていた。

 さらに夏を感じる瞬間を聞かれた広瀬は「撮影中に汗が止まらないときに夏が来たなと思う。寒いのは我慢ができるけれど、暑いのは限度がある。でも外には行きたくなる」とやっぱり夏が好き。大西も「朝起きたときに家の近くにある木からセミの鳴き声が聞こえたりすると夏が来たなと思います」と明かした。

 そして今年の夏に挑戦したいことを「サウナ」という広瀬は「サウナに入った後に水風呂に入ったりすると聞くので、堪えられる自信がない。でも夏ならばギリいけるのかなと思う。サウナに誘われても全お断りをしているので、タイミングがあれば一回くらいは挑戦したい」と初サウナへ抱負。一方、大西が「水泳は苦手だけれどシンプルに海に行きたい。海に行ってバカンスしたい」と今年の夏の願望を口にすると、広瀬は「バカンスって……可愛い」と大西のワード・チョイスにハマっていた。

 さらに広瀬にはサプライズで、劇中に登場する猫のムーちゃんがスペシャル・ゲストとして登場。「監督でしょ?」などと予想していた広瀬だったが、大西に抱っこされたムーちゃんを見て「わー! 大きくなったね!」と喜色満面。約1年ぶりの再会に広瀬は「撮影時は赤ちゃんだったからね~。立派なネコちゃんになられて~」と目を細めてムーちゃんを抱っこして「ウワー! 温かい! 可愛い!すごく重くなっているね~」とムーちゃんの健康的成長ぶりに大喜びだった。

 最後に大西は「すごく爽やかでときめくことの出来る映画になっています。この夏に大切な人と観てほしいです」とアピール。広瀬は最後までムーちゃんを愛おしそうに抱っこしながら「この映画は人とのときめきや出会い、温かい感情が描かれながらも、美味しいご飯とムーちゃんの癒しの映像もあるので思い切り楽しんでもらえるはずです。世代関係なくいろいろな人に届いて欲しいなと思っています」と大ヒットを祈願していた。

 登壇者:広瀬すず、大西利空

公開表記

配給:ハピネットファントム・スタジオ
6月9日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました