イベント・舞台挨拶

『スイート・マイホーム』トークイベント

©2023『スイート・マイホーム』製作委員会 ©神津凛子/講談社

 小説現代新人賞受賞の注目作家・神津凛子によるデビュー小説を、俳優の斎藤 工が映画監督・齊藤 工として手掛けた『スイート・マイホーム』が現在、絶賛公開中! 9月17日(日)には、齊藤 工監督が登壇するトークイベントが都内映画館で行われ、齊藤監督とは長い付き合いとなるフリーアナウンサーの笠井信輔が司会進行として参加した。

 3週目に突入してもなお満席の観客を目の当たりにした齊藤監督は冒頭の挨拶で、「この作品を心から応援して寄り添ってくださっている身内だと思っています」と感謝の言葉を述べた。実際、来場者に挙手のアンケートを実施すると、初めて観た観客と2回以上観ている観客が半々の結果に。しかも2回目、3回目よりそれ以上観ているリピーターの方が多く、本作にハマっている観客が多いことが改めて証明された。

 笠井は齊藤監督について「『blank13』も良かったし、俳優さんの作る映画って個性的で、自分はこういう映画が撮りたいんだと表現する監督が多いし、齊藤監督がそこに進んだというのは本格的な監督の道を歩み始めたんだと強く感じました。“クリント・イーストウッドへの道”ですね」と褒め称えると、齊藤監督は「恐れ多いです」と恐縮。

 さらに本作の核心部分に踏み込んだ笠井は「(住宅会社社員で主人公・賢二の新居「まほうの家」の営業担当を演じた)ある秘密を抱える奈緒さんが怖いと思いながらも、霊的なものを感じながら客感的な事実を提示されると、安心するんです。さらにそれで終わらないのがこの映画で、もう一回ひっくり返して(主人公の妻を演じた)蓮佛美沙子さんの異様な展開になっていく。蓮佛さんの役名の“ひとみ”がキーワードで、瞳の表現がとても多い。子どもが瞳を覆ったり、(主人公を演じた)窪田正孝さんや赤ちゃんの瞳のアップがあったり。子どもには見えているという感じ。奈緒さんに何か悪魔的なものが取り憑いて、それが蓮佛さんに最終的に乗り移ってしまい、悪魔が自分を認識されたくないから恐怖のラストにつながっていくという、その描写が記憶に残るからぞわっと怖さも残ります。奈緒さんで終わらないところがこの映画の見事なところかなと思います」と大絶賛。

 齊藤監督もその見事な解説に「ありがとうございます。今の言葉がすべてだったと思います」とこれまた恐縮しきり。「この原作を読んだときに、単なる犯人は誰だっていう物語ではないと思いました。鬼子母神という言葉が僕はすごくこの作品の真髄にあるんじゃないかなと思ったんです。日本人の母性の深さの成れの果て、西洋でいうと悪魔的な何かっていうものが、肉体を媒介して伝承される物語だと思っていました。この物語を見つめる瞳で始まり、この物語を見届けた瞳で終わるということに意味を込めたつもりです。最初に『これがあるから家があったかい』と説明があるんですけど、今回は家自体を人体として描きたかったんです。その血管みたいなものが温度の循環という。そこに宿るものを、子供や赤ちゃんは感じているんじゃないかなと思って」と述懐。

 さらに奈緒について笠井が「こういうミステリーの物語の場合は、どこか匂わせたいと監督や俳優たちが考えるんですけども、奈緒さんにおいて匂わせる芝居はないと感じた」と語ると、齊藤監督は「おっしゃる通りですね。キャスティングのネーム・バリューで、この人は普通の役のわけはないとか、そういういやらしい見方を普段してしまうんですが、奈緒さんが素晴らしかったのが、出ていないシーンでも存在感を薄められるんです。奈緒さんの地肩の強さというか、素晴らしさです。そこにいるんだけど、何かに潜んでいるというか」と振り返った。

 今回のトークイベントは、ネタバレOKのティーチイン付きということで、観客からの質問も飛んだ。中でも映像の中に隠されている十字架について質問が及ぶと、齊藤監督は「過去に罪を背負ったキャラクターには、背後に十字架を背負わせています。(ディズニーランドの隠れミッキーのような)隠れ十字が6ツ、3人のキャラクターにあります」と6つすべてのネタバレを敢行。それに対して観客から「救急箱の十字は?」と問われると、齊藤監督は「あ! 救急箱! それ足しましょう! それもらいましょう! 足して7つにしたいくらいです(笑)。ただ救急箱、どこにありましたっけ?」とタジタジに。

 さらに12回観たという観客から「賢二とひとみの結婚指輪がラストに近づくにつれて主張が強くなって怖く感じました」と聞かれると、齊藤監督は「結婚指輪にはひとつ鎖のような意味合いを持たせています。血縁と地縁のような、人間が選べない鎖もひとつテーマなので、そういう意味合いで撮っていました」と答えつつ、「12回! 1回くらい同じ“家モノ”の『ホーンテッドマンション』とかも(笑)」とお薦めしていた。

 最後に齊藤監督は「今日いらっしゃっている皆さんの数だけ、もっと質問があったと思います。僕は、映画は賞味期限がないと思っていますし、そう思って作りました。例えばSNSを使って、今日皆さんから聞き取り切れなかった質問や、あそこはどうなんだってことに積極的に答えていけたらと心から思っています。これからセカンド・ラン、サード・ランと全国のローカルのミニシアターにも、フィルムの時代のように手渡しで僕が行けたら、全部順番に回りたいくらいです。それは作った者の責任もありますが、これだけ多くの皆さんがこの作品に寄り添ってくれるってことが何より自信になっています」と心からの感謝の言葉でトークイベントを閉じた。

 映画『スイート・マイホーム』は絶賛公開中!

 登壇者:齊藤 工監督、笠井信輔

公開表記

 配給:日活・東京テアトル
 絶賛公開中

(オフィシャル素材提供)

関連作品

スポンサーリンク
シェアする
サイト 管理者をフォローする
CINEMA FACTORY
Translate »
タイトルとURLをコピーしました